今週の注目レース

アメリカジョッキークラブカップ(GⅡ)

中山競馬場 2200メートル(芝・外)別定 4歳以上オープン

出走馬情報

注記:1勝クラス・2勝クラス・3勝クラスは、従来の500万円以下・1000万円以下・1600万円以下。

ブラストワンピース

牡5歳

調教師:大竹正博(美浦)

  • 父:ハービンジャー
  • 母:ツルマルワンピース
  • 母の父:キングカメハメハ
ここに注目!

今回は凱旋門賞(G1・フランス。芝2400メートル、11着)以来の帰国初戦で、約3か月半の休み明け。ひと追いごとに調教の動きは良くなっているが、帰厩当初は馬体に余裕が感じられただけに、最終追い切り後の気配がポイントになりそうだ。

3歳時の有馬記念優勝後、3か月余りの休み明けとなった昨年の大阪杯は6着。続く目黒記念では、好位追走から外を回る正攻法のレース運びをしたが、59キログラムのトップハンデを背負ったこともあってか、直線の追い比べに後れを取って8着に敗れた。約3か月の休養で立て直した前々走の札幌記念は、脚をためて後方のインを進み、3コーナー過ぎから進出を開始。直線は狭いスペースを突いて抜け出して重賞4勝目をマークした。前走の凱旋門賞(G1・フランス)は11着に敗れたが、初めての海外遠征に加え、重馬場のタフなコンディションだっただけに、度外視できる結果だろう。有馬記念への出走は見送って本レースからの始動になるが、メンバー中唯一のGⅠウイナーで、恥ずかしい競馬はできない。

ミッキースワロー

牡6歳

調教師:菊沢隆徳(美浦)

  • 父:トーセンホマレボシ
  • 母:マドレボニータ
  • 母の父:ジャングルポケット
ここに注目!

3歳時には、皐月賞馬アルアインを撃破してセントライト記念を優勝。昨年の七夕賞では57.5キログラムのトップハンデを背負って重賞2勝目をマークした。中山・芝2200メートルでは2勝、2着2回と抜群の安定感を誇り、今回も目が離せない存在だ。

5歳時の昨年は新潟大賞典で始動し、2着に好走。続くエプソムCはスローペースで末脚不発の10着に敗れたが、7月の七夕賞では、後方10番手を進み、3コーナー過ぎから一気にポジションを押し上げると、直線は力強く抜け出し快勝した。前々走のオールカマーはスティッフェリオの逃げ切りを許したが、メンバー中最速となる上がり3ハロン33秒4(推定)の末脚で2着に入り、“負けてなお強し”を印象づけている。前走の福島記念は3着に敗れたものの、58.5キログラムのトップハンデを背負っていたことを踏まえれば、悲観する内容ではないはずだ。今回は2か月半の休み明けになるが、本レースに照準を合わせて入念な乗り込みを消化。これまでの実績から地力は上位で、有力候補に挙げられる。

スティッフェリオ

牡6歳

調教師:音無秀孝(栗東)

  • 父:ステイゴールド
  • 母:シリアスアティテュード
  • 母の父:Mtoto
ここに注目!

昨年のオールカマーでは、ミッキースワロー(2着)以下の追い上げを退け、鮮やかに逃げ切って重賞3勝目をマーク。その後は天皇賞(秋)12着、有馬記念13着と共に2桁着順に敗れているが、強敵にもまれた経験を糧に、さらなる飛躍が期待される。

4歳時の2018年福島記念で重賞初制覇。5歳初戦となった昨年の小倉大賞典では、正攻法のレース運びから鮮やかに抜け出して重賞連勝を飾った。続く大阪杯は、先行集団を追走し、直線はしぶとく食い下がって勝ち馬から0秒5差の7着。3か月弱の休み明けだった宝塚記念で離された7着に敗れた後は、再び3か月の休養を挟み、秋初戦のオールカマーでは、スローペースの逃げに持ち込むと、直線は後続の追い上げを振り切って快勝した。前々走の天皇賞(秋)は瞬発力勝負で後れを取って12着、前走の有馬記念も直線で失速して13着に敗れたが、共にハイレベルの一戦だっただけに悲観する内容ではないだろう。今回、オールカマーと同じ中山・芝2200メートルの舞台で、当時の再現を狙う。

ラストドラフト

牡4歳

調教師:戸田博文(美浦)

  • 父:ノヴェリスト
  • 母:マルセリーナ
  • 母の父:ディープインパクト
ここに注目!

キャリア2戦目の京成杯で重賞タイトルを獲得。クラシック路線は弥生賞7着、皐月賞7着と結果を残せなかったが、前走の中日新聞杯で僅差の2着に入り、再び上昇ムード。母マルセリーナは桜花賞馬で、本馬もまだまだ出世が見込めそうだ。

昨年初戦の京成杯を2番手追走から早め先頭で力強く押し切って快勝したが、続く弥生賞はスピードのそがれる重馬場がこたえたのか10頭立ての7着。クラシック一冠目の皐月賞は、中団追走から直線でじわじわと脚を伸ばして7着に入った。脚部不安による休養を経て、約6か月の休み明けとなった前々走のオクトーバーS(リステッド。東京・芝2000メートル)は8着に敗れたが、前走の中日新聞杯では、脚をためて中団馬群を追走し、直線は狭いスペースを突いて抜け出して1度先頭に立つシーン。最後は勝ち馬の決め手に屈したものの、アタマ差の2着に好走し、あらためて能力の高さを示した。前走後は本レースを目標に熱心な乗り込みを消化。状態はさらに上向いており、上位争いが濃厚だ。

ニシノデイジー

牡4歳

調教師:高木登(美浦)

  • 父:ハービンジャー
  • 母:ニシノヒナギク
  • 母の父:アグネスタキオン
ここに注目!

一昨年に札幌2歳S、東京スポーツ杯2歳Sと連勝を飾り、昨年の日本ダービーでは5着まで追い上げて、世代トップクラスの実力は証明済み。前走の菊花賞(9着)は芝3000メートルの距離も影響した印象で、適条件に戻る今回は、巻き返しが期待できる。

3歳初戦となった昨年の弥生賞は、重馬場が影響したのか4着、続く皐月賞は折り合いを欠いて17着と敗れたが、日本ダービーでは、4コーナー9番手からじわじわと差を詰めて5着に健闘した。夏場を休養に充て、約3か月半の休み明けとなったセントライト記念は、4コーナーで外を回るロスがありながらも、メンバー中最速の上がり3ハロン35秒0(推定)の末脚で5着に追い上げた。前走の菊花賞は、後方馬群のインで折り合いに専念するが、直線で伸びを欠いて9着。距離延長がこたえた印象で、力負けではないだろう。今回は約3か月の休み明けだが、12月中旬から時計を出し始めて、乗り込み量は十分。他世代との初対戦で試金石の一戦になるが、ポテンシャルの高さは互角以上だ。

ウラヌスチャーム

牝5歳

調教師:斎藤誠(美浦)

  • 父:ルーラーシップ
  • 母:アメジストリング
  • 母の父:フジキセキ
ここに注目!

今回は、エリザベス女王杯(11着)以来2か月半の休み明けになるが、1週前追い切りでは美浦南Wコースで5ハロン64秒2の自己ベストをマークして、仕上がりの良さをアピール。5歳を迎え、一段とパワーアップしている印象で、牡馬相手でも瞬発力は引けを取らない。

昨年初戦の1600万下・迎春S(中山・芝2200メートル)を勝ち上がってオープンクラス入りを果たすと、愛知杯では勝ち馬から0秒2差の4着に入った。続く中山牝馬Sは、スタート後に窮屈になるシーンがありながらも、メンバー中最速タイとなる上がり3ハロン34秒6(推定)の末脚で猛然と追い込んでハナ差の2着に惜敗。約4か月半の休み明けとなったクイーンSはスローペースで不向きな展開だったが、4コーナー10番手から勝ち馬に0秒2差の4着まで追い上げて、あらためて能力の高さを示した。昨秋の2戦は好結果を残せなかったが、着順ほど大きくは負けておらず、レース内容は悪くない。本来のパフォーマンスを発揮できれば、牡馬相手でも上位争いに食い込むシーンがありそうだ。

ステイフーリッシュ

牡5歳

調教師:矢作芳人(栗東)

  • 父:ステイゴールド
  • 母:カウアイレーン
  • 母の父:キングカメハメハ
ここに注目!

デビュー2戦目のホープフルSで勝ち馬から0秒2差の3着に入り、3歳時の京都新聞杯では、速い流れを2番手追走から力強く抜け出して重賞タイトルを獲得。直線で他馬と接触した前走のチャレンジC(10着)は度外視できる結果で、あらためて注目したい。

好メンバーが顔をそろえた昨夏の札幌記念は9着に敗れたが、3か月弱の休養で立て直された前々走の福島記念は、互角のスタートを切って中団馬群を追走。3コーナーから早めにポジションを押し上げると、直線もしぶとく脚を伸ばして2着に好走した。57.5キログラムのハンデを背負い、勝ち馬のクレッシェンドラヴとは2.5キログラムの斤量差があったことを踏まえれば、“負けてなお強し”と言えるだろう。前走のチャレンジCは、スローペースの瞬発力勝負が不向きで10着だったが、勝ち馬から0秒6差なら、悲観する内容ではない。3歳5月の京都新聞杯以来勝ち星から遠ざかっているが、その後も重賞で再三の好走歴があるように地力は引けを取らず、ここも立ち回りひとつでチャンスがありそうだ。

(京増 真臣)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: