今週の注目レース

3歳重賞馬連 フェアリーステークス(GⅢ)

中山競馬場 1600メートル(芝・外)別定 (牝) 3歳オープン

データ分析関連動画

注記:1勝クラス・2勝クラス・3勝クラスは、従来の500万円以下・1000万円以下・1600万円以下。

下位人気馬の台頭が多い重賞

過去10年のフェアリーSでは、昨年こそ3番人気→4番人気→5番人気の順で決着したが、それ以前は毎年6番人気以下の馬が連対していた。今年もそれほど人気がない馬が台頭してくる可能性は十分。その点を踏まえつつ、過去10年の結果を見ていくことにしよう。

単勝人気別の成績をチェック

冒頭で記したとおり、フェアリーSは人気薄の馬が上位に食い込むことが多く、その中でも目立っているのが10、11番人気の馬で、過去10年で4勝、2着2回となっている。また、6から9番人気馬は優勝こそないが、2着と3着が3回ずつある。〔表1〕

〔表1〕単勝人気別成績(過去10年)
単勝人気 成績 勝率 連対率 3着内率
1番人気 2-1-1-6 20.0% 30.0% 40.0%
2番人気 1-1-2-6 10.0% 20.0% 40.0%
3番人気 3-0-1-6 30.0% 30.0% 40.0%
4、5番人気 0-2-3-15 0% 10.0% 25.0%
6〜9番人気 0-3-3-34 0% 7.5% 15.0%
10、11番人気 4-2-0-14 20.0% 30.0% 30.0%
12番人気以下 0-1-0-49 0% 2.0% 2.0%

単勝オッズ別成績では、優勝馬の単勝オッズは9.9倍以下もしくは30.0倍から99.9倍となっている。また、3着馬は全て19.9倍以下だった。この辺りの偏りも参考になるかもしれない。〔表2〕

〔表2〕単勝オッズ別成績(過去10年)
単勝オッズ 成績 勝率 連対率 3着内率
3.9倍以下 1-2-2-3 12.5% 37.5% 62.5%
4.0〜6.9倍 3-0-2-16 14.3% 14.3% 23.8%
7.0〜9.9倍 2-1-3-10 12.5% 18.8% 37.5%
10.0〜19.9倍 0-3-3-23 0% 10.3% 20.7%
20.0〜29.9倍 0-3-0-13 0% 18.8% 18.8%
30.0〜49.9倍 2-0-0-21 8.7% 8.7% 8.7%
50.0〜99.9倍 2-1-0-15 11.1% 16.7% 16.7%
100倍以上 0-0-0-29 0% 0% 0%

前走の着順別成績にも特徴あり

過去10年の前走の着順別成績を調べると、前走で1着だった馬が5勝を挙げているが、それらは全て新馬もしくは未勝利を勝ち上がってきた馬だった。〔表3〕

〔表3〕前走の着順別成績(過去10年)
前走の着順 成績 勝率 連対率 3着内率
1着 5-5-6-50 7.6% 15.2% 24.2%
2着 0-2-2-5 0% 22.2% 44.4%
3着 1-1-0-7 11.1% 22.2% 22.2%
4、5着 0-0-0-16 0% 0% 0%
6着以下 4-2-2-52 6.7% 10.0% 13.3%

次に、前走が1着だった馬を対象にして、前走での単勝人気別成績を調べると、そのレースで1番人気に支持されていた馬の成績が良好となっている。〔表4〕

〔表4〕前走1着馬の、そのレースでの単勝人気別成績(過去10年)
前走の単勝人気 成績 勝率 連対率 3着内率
1番人気 4-2-3-21 13.3% 20.0% 30.0%
2番人気 0-0-1-11 0% 0% 8.3%
3番人気 0-0-2-6 0% 0% 25.0%
4、5番人気 0-1-0-8 0% 11.1% 11.1%
6〜9番人気 0-1-0-4 0% 20.0% 20.0%
10番人気以下 1-1-0-0 50.0% 100% 100%

左回りでの好走歴に注目

過去10年のフェアリーSでは、「4走前までに左回りのレースで2から5着」に入っていたという馬が2013年と2017年を除いて連対している。人気薄の馬が台頭することが多い重賞だけに、下位人気馬であっても、これに該当した場合は注目したい。〔表5〕

〔表5〕4走前までに左回りのレースで2着から5着に入っていたフェアリーS連対馬一覧(過去10年)
年度 着順 馬名 該当レース
2010年 1着 コスモネモシン 2走前 東京 未勝利 4着
2011年 2着 スピードリッパー 前走 東京 サフラン賞 3着
2012年 2着 マイネエポナ 3走前 東京 未勝利 5着
2014年 2着 ニシノアカツキ 4走前 新潟 新馬 3着
2015年 1着 ノットフォーマル 4走前 新潟 アスター賞 4着
2016年 1着 ビービーバーレル 前走 東京 赤松賞 3着
2018年 2着 スカーレットカラー 2走前 東京 アルテミスS 5着
2019年 1着 フィリアプーラ 2走前 東京 新馬 3着
2着 ホウオウカトリーヌ 2走前 東京 2歳500万下 2着
  • 注記:該当レースが複数ある場合は、直近のものを掲載
ウインファイブ対象レース
勝ち馬を探せ! FOR THE WIN

前2走が東京と中山のレースだった馬が3連勝中

ここ3年のフェアリーSでは、過去2走で東京競馬場と中山競馬場の両方で走っていた馬が優勝している。また、それら3頭は、いずれかのレースで勝利を挙げていた。〔表6〕

(浅野 靖典)

〔表6〕優勝馬の前2走の競馬場(過去3年)
年度 優勝馬 前走 2走前
2017年 ライジングリーズン 東京 13着 中山 1着
2018年 プリモシーン 東京 1着 中山 2着
2019年 フィリアプーラ 中山 1着 東京 3着

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: