今週の注目レース

カペラステークス(GⅢ)

中山競馬場 1200メートル(ダート)別定 3歳以上オープン

出走馬情報

注記:1勝クラス・2勝クラス・3勝クラスは、従来の500万円以下・1000万円以下・1600万円以下。

コパノキッキング

せん4歳

調教師:村山明(栗東)

  • 父:Spring At Last
  • 母:Celadon
  • 母の父:Gold Halo
ここに注目!

昨年のカペラSを鮮やかな直線一気で優勝すると、今年は根岸S、東京盃(JpnⅡ。大井・ダート1200メートル)をV。前走のJBCスプリント(JpnⅠ。浦和・ダート1400メートル)は惜しい2着と、ダートの短距離界で屈指の実力を備えている一頭だ。

「前走のJBCスプリント(JpnⅠ)はゴール前でかわされて2着でしたが、自分で勝ちに行っての惜敗ですから、内容は濃かったと思います。その後はリフレッシュしてから調教を再開しました。好調時と変わらない軽快なフットワークを見せているので、前走の好状態を維持して臨めるでしょう。中山・ダート1200メートルはこの馬に合った条件ですから、何とか連覇を飾りたいです」と、陣営は看板ホースに成長した本馬に信頼と期待を寄せている。昨年のカペラSでは豪快な大外強襲劇を演じているが、前々走の東京盃(JpnⅡ)は逃げ切って優勝。変幻自在のレースぶりも魅力の一つになっている。ここで勝利を飾って、再びビッグタイトル獲得に挑みたい。

ゴールドクイーン

牝4歳

調教師:坂口智康(栗東)

  • 父:シニスターミニスター
  • 母:サザンギフト
  • 母の父:タイキシャトル
ここに注目!

前々走のオープン特別・ながつきS(中山・ダート1200メートル)を5馬身差で圧勝。前走のJBCレディスクラシック(JpnⅠ。浦和・ダート1400メートル)では、持ち味の軽快なスピードを生かして2着に好走した。ながつきSと同舞台の今回は、重賞3勝目のチャンスだ。

「前走のJBCレディスクラシック(JpnⅠ)は、それまで実績のなかった左回りコースでの2着でしたから、収穫の大きな一戦だったと思います。3着馬には6馬身という差をつけていたので、内容も上々でした。その後はカペラSを視野に入れて調整を進めています。疲れも見せずに調教では軽快に動いていますから、好調をキープしたまま出走できるでしょう。中山・ダート1200メートルなら、この馬の持ち味が存分に生きるはずです」と、陣営はJRAのダート重賞制覇に向けて確かな手応えを感じている様子だ。デビューしてからしばらくは芝で活躍していたが、最近はダートに矛先を向けて好成績をマーク。近走の内容からも、勝機は十分にあるだろう。

タテヤマ

牡5歳

調教師:渡辺薫彦(栗東)

  • 父:パイロ
  • 母:サンフィールド
  • 母の父:フジキセキ
ここに注目!

休養明け2戦目となった前走のオープン特別・室町S(京都・ダート1200メートル)では、好位を追走して最後の直線でも力強い末脚を発揮。勝ち馬が強過ぎて2着に敗れたが、本馬も1分9秒台で走破しており、中身は濃かった。昨年のカペラSは4着で、今年はそれより上の着順を狙う。

「前走のオープン特別・室町Sは勝った馬が強過ぎた感じですが、この馬の走破タイムも優秀でしたし、次につながるレースができたと思います。ベストはスタート地点がダートの京都・ダート1200メートルかもしれませんが、芝スタートの中山・ダート1200メートルでも無難に対応していますから、ここも好勝負を期待しています」と、厩舎スタッフは本馬の充実ぶりをアピールした。休養明け2戦目の前走を正攻法の形で好走したように、着実に良化を示している一頭。昨年の本レースでは勝ったコパノキッキングから0秒2差の4着に健闘しており、舞台設定に不足はないはずだ。まだ重賞では目立つ実績は残していないが、ここへきての地力強化は明白だけに、目が離せない。

ヒロシゲゴールド

牡4歳

調教師:北出成人(栗東)

  • 父:サウスヴィグラス
  • 母:エフテーストライク
  • 母の父:ブラックタキシード
ここに注目!

今年の1月から3月にかけて3連勝を記録。短期間でオープンクラスまで駆け上がった快速馬だ。前走のオープン特別・室町S(京都・ダート1200メートル)は12着に敗れたが、これはもまれ弱さが出たため。すんなり先行できれば、ここでも侮れない。

「前走のオープン特別・室町S(12着)は、スタートで出遅れて砂を被る形になり、この馬のウィークポイントであるもまれ弱さが出た印象です。ただ、その後の調教では力強い動きを見せているので、調子落ちの心配はしていません。うまく先手を奪うか、もまれない形なら巻き返しのチャンスはあると思います」と、厩舎サイドは捲土重来を期している。まだオープンクラスでの勝利は挙げていないが、東京スプリント(JpnⅢ。大井・ダート1200メートル)3着、クラスターC(JpnⅢ。盛岡・ダート1200メートル)2着などの実績を残しており、地力は確か。前走の敗戦だけで評価を下げるのは早計だろう。

テーオージーニアス

牡4歳

調教師:梅田智之(栗東)

  • 父:ゴールドアリュール
  • 母:リーグルメアリー
  • 母の父:Afternoon Deelites
ここに注目!

オープンクラスへの昇級初戦だった前走のオープン特別・オータムリーフS(京都・ダート1200メートル)では2着に入り、同クラス通用のめどを立てた。今回は中1週での重賞初挑戦となるが、充実著しい本馬の走りから目が離せない。

「前走のオープン特別・オータムリーフS(2着)は、最後の直線で馬群の中から伸びてきましたし、収穫の大きな一戦になりました。これでオープンクラスでの通用の見通しも立ちましたから、今後の活躍が楽しみです。今回は重賞への参戦で相手はさらに強くなりますが、この馬も充実期に入っているので、チャンスはあるでしょう」と、陣営は本格化を感じ取っている様子だ。夏場の放牧休養が功を奏したようで馬体がひと回り成長し、精神面でも強くなった印象。今回、うまく末脚が生きる展開になれば、重賞初挑戦・初制覇のシーンも決して夢ではないだろう。上昇気流に乗った本馬に注目だ。

ヒザクリゲ

牝4歳

調教師:牧浦充徳(栗東)

  • 父:ケイムホーム
  • 母:イフリータ
  • 母の父:フレンチデピュティ
ここに注目!

前走の東京盃(JpnⅡ。大井・ダート1200メートル)こそスタートで後手を踏んで8着に敗れたが、それを除けば今年はオール3着以内に入っている。前走後は本レースを目標に乗り込み量は十分。ダート短距離への高い適性を示しているだけに、優勝候補に挙げられるはずだ。

「前走の東京盃(JpnⅡ、8着)は、スタートで後手を踏んで流れに乗れませんでした。不完全燃焼に終わりましたので、参考外の一戦でしょう。その後は放牧で英気を養ってから、栗東トレーニング・センターの坂路とCWコースを併用して乗り込みを積んでいます。以前と比べて馬体もひと回り大きくなっており、心身共に成長を感じます。ダートの短距離なら重賞でもチャンスのある馬ですから、ここを飛躍の舞台としたいです」と、スタッフは巻き返しを期している。今年に入って力をつけた一頭で、前々走のサマーチャンピオン(JpnⅢ。佐賀・ダート1400メートル)では2着に好走。また、自在の脚質の持ち主で、展開に大きく左右されない点も心強い。

レッドアネラ

牝4歳

調教師:加藤征弘(美浦)

  • 父:カジノドライヴ
  • 母:ウォンビーロング
  • 母の父:ストラヴィンスキー
ここに注目!

6月の福島開催で2勝クラス・郡山特別(ダート1150メートル)を鮮やかに逃げ切ると、休養を挟んで前走の3勝クラス・外房S(中山・ダート1200メートル)も2番手追走から抜け出してV。今回は初の重賞挑戦で相手は強化されるが、勢いに乗った上がり馬に注目だ。

「前走の3勝クラス・外房Sを勝った後はひと息入れていましたが、このカペラSを目標に美浦トレーニング・センターに帰厩して調整を進めています。少し余裕があった馬体も徐々に絞れて、動きも良くなっているので、上々の仕上がりで出走できるでしょう。重賞でも通用するスピードを備えていますから、楽しみな一戦です」と、陣営は本馬の成長を感じている。まだレースキャリア11戦で、成長の余地を残している点は魅力の一つ。中山・ダート1200メートルでは4戦して2勝、2着1回を記録しており、コース相性の良さもセールスポイントになるだろう。連勝の勢いに乗って登場する本馬に、注目が集まる。

シュウジ

牡6歳

調教師:須貝尚介(栗東)

  • 父:キンシャサノキセキ
  • 母:カストリア
  • 母の父:Kingmambo
ここに注目!

芝の小倉2歳Sと阪神Cを優勝。すでに重賞を2度制覇している馬で、今回のメンバーに入ると実績では格上的な存在である。中山・ダート1200メートルでは3戦して1勝、3着1回と相性も良く、前走大敗後でも侮れない。

「前走のオープン特別・室町S(京都・ダート1200メートル、15着)が案外の結果でしたので、この中間はひと息入れて立て直しました。中山・ダート1200メートルはこの馬に合った舞台だと思いますから、ここはあらためて期待しています」と、厩舎スタッフは本馬のケアに懸命だ。やや安定感には欠ける印象だが、3走前のエニフS(リステッド。阪神・ダート1400メートル)では59キログラムの斤量を背負って5着。また同じく59キログラムを背負った前々走のオープン特別・ながつきS(中山・ダート1200メートル)でも4着に入っており、地力の高さは目を引く存在だ。レース間隔を空けてリフレッシュした今回は、変わり身に警戒したい。

(片野 昌一)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: