今週の注目レース

マイルチャンピオンシップ(GⅠ)

京都競馬場 1600メートル(芝・外)定量 3歳以上オープン

出走馬情報

注記:1勝クラス・2勝クラス・3勝クラスは、従来の500万円以下・1000万円以下・1600万円以下。

ダノンプレミアム

牡4歳

調教師:中内田充正(栗東)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:インディアナギャル
  • 母の父:Intikhab
ここに注目!

デビュー以来、レース間隔を空けながら使われており、最も詰まった時でも中5週。今回は中2週となるだけに、テンションが上がっていないか、あるいは歩様が硬くなっていないか、しっかりとチェックしたい。

無傷の3連勝で朝日杯フューチュリティSを勝つと、3歳初戦の弥生賞も快勝してクラシックの最有力候補と目されたが、挫石のため皐月賞への出走を見送り。ぶっつけで挑んだ日本ダービーは好位から伸びを欠いて6着と敗れ、デビューからの連勝は4で止まった。その後は体調が整わなかったため、長期の休養へ。復帰戦となった今年3月の金鯱賞、続く読売マイラーズCと連勝したものの、安田記念はスタート直後に進路が狭くなるシーンがあって、最下位の16着に敗れた。秋初戦となった前走の天皇賞(秋)は、勝ったアーモンドアイには完敗だったものの、あらためて力を証明する2着。現状ではベストと思える芝1600メートルの今回、2つ目のGⅠタイトル獲得を狙う。

ダノンキングリー

牡3歳

調教師:萩原清(美浦)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:マイグッドネス
  • 母の父:Storm Cat
ここに注目!

過去6戦、あらゆるペースに対応し、距離も1600メートルから2400メートルまでこなしてきた。ただ、体型的には胴の伸びがあるタイプではなく、1600メートルから2000メートルまでが理想だろう。ここは力の入る一戦だ。

無傷の3連勝で共同通信杯を勝ち、クラシックに参戦。皐月賞はサートゥルナーリアからタイム差なしの3着、日本ダービーもロジャーバローズから同じくタイム差なしの2着と、勝ちに等しい競馬を続けた。夏はリフレッシュに充て、他世代との初対戦になった前走の毎日王冠では、アエロリット(2着)やインディチャンプ(3着)といったGⅠ馬をあっさりとかわし、2つ目の重賞タイトルをゲット。前が残る流れだっただけに、なおさらその強さが印象に残った。距離適性や相手関係を考慮して、菊花賞や天皇賞(秋)を見送り、ここに参戦。昨年12月に500万下・ひいらぎ賞(中山)を勝って以来の芝1600メートル戦、そして関西圏では初のレースで、念願のGⅠ初制覇を目指す。

インディチャンプ

牡4歳

調教師:音無秀孝(栗東)

  • 父:ステイゴールド
  • 母:ウィルパワー
  • 母の父:キングカメハメハ
ここに注目!

左回り巧者のイメージが強いが、右回りでも大きく崩れていない。前走の毎日王冠(3着)は、約4か月ぶりに加えて200メートルの距離延長もあってか折り合いに苦労したが、マイルに戻る今回はレースがしやすくなるだろう。

条件クラスから3連勝で今年2月の東京新聞杯を制し、重賞ウイナーの仲間入り。続く読売マイラーズCこそプラス10キログラムの馬体重で、太め残りがこたえたのか4着に敗れたが、上半期の大目標だった安田記念は会心の一戦。先団からスムーズにさばき、逃げるアエロリット(2着)をかわすと、追ってくるアーモンドアイ(3着)も振り切って、GⅠ初出走・初制覇を成し遂げた。確かにアーモンドアイやダノンプレミアム(16着)にスタートでの不利はあったが、この馬自身の走りはGⅠ馬にふさわしいものだった。約4か月ぶりで臨んだ前走の毎日王冠はやや行きたがる面を見せて3着だったが、内容自体は上々。ここを勝って、2015年のモーリス以来となる同一年の芝マイルGⅠ両制覇に挑む。

モズアスコット

牡5歳

調教師:矢作芳人(栗東)

  • 父:Frankel
  • 母:India
  • 母の父:Hennessy
ここに注目!

パドックではトモが緩く映るが、デビュー当時に比べれば改善されている。実際に結果も出ているので、そう気にすることはないだろう。レースを使いながら調子を上げるタイプだけに、秋3戦目で状態も上がっているはずだ。

昨年の安田記念を9番人気で制し、重賞初制覇をGⅠで成し遂げたが、その後は満足のいく結果が得られていない。同年10月のスワンSこそ2着だったが、マイルチャンピオンシップ以降は5戦連続で6着以下。ようやく復活の兆しを見せたのが、休み明け2戦目だった今年のスワンSで、中団から鋭く伸びてダイアトニックとハナ差の2着。大外一気を決めた勝ち馬にかわされたが、本馬のほうが1キログラム重い斤量を背負っていたことも考慮すれば、勝ちに等しい内容だった。安田記念を勝った時が連闘だったように、使いつつ良くなるタイプ。今回は毎日王冠(6着)、スワンSに続く秋3戦目となるが、中2週が続くこのローテーションだからこそ、期待も膨らむはずだ。

ダイアトニック

牡4歳

調教師:安田隆行(栗東)

  • 父:ロードカナロア
  • 母:トゥハーモニー
  • 母の父:サンデーサイレンス
ここに注目!

芝1400メートルでは6戦5勝、2着1回とほぼパーフェクト。対照的に、芝1600メートルでは〔1・1・1・2〕と、少し安定感に欠ける印象がある。前走のスワンS(1着)は強い競馬だったが、今回は200メートルの距離延長が鍵になる。

父ロードカナロア、母の父サンデーサイレンスの血統。そして馬主がシルクレーシングの4歳馬というプロフィールは、現役最強と目されるアーモンドアイと同じ。本馬はデビューから一貫して芝1600メートル以下を使われて11戦6勝。5着以下は1度もないという成績を残している。とりわけここにきての上昇度は目覚ましく、5か月ぶりだった前走のスワンSで重賞初制覇。メンバー中最速となる上がり3ハロン33秒6(推定)の末脚を繰り出し、直線一気を決めた。スタートに多少の課題を残すものの、後方から運ぶタイプだけに、大きなマイナス材料にはならないはず。GⅠには初参戦となるが、スワンSと同じような決め手比べになれば、十分に勝機はあるだろう。

アルアイン

牡5歳

調教師:池江泰寿(栗東)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:ドバイマジェスティ
  • 母の父:Essence of Dubai
ここに注目!

ディープインパクト産駒とは思えないほどに筋肉量が豊富で、重厚感のあるタイプ。一見するとパドックでは余裕残しに映るが、これはいつものこと。体つきに張りがあれば、しっかりと力を出せるはずだ。

3歳時に皐月賞、5歳を迎えた今年3月には大阪杯を制した、ディープインパクト産駒のGⅠ2勝馬。今回の強力メンバーに入っても、間違いなく実績はトップクラスだ。前々走の宝塚記念は勝ち馬から1秒1差の4着、前走の天皇賞(秋)は同2秒5差の14着と近2走は物足りないが、宝塚記念はベストよりも微妙に長い芝2200メートルだったので、そう悲観する内容ではないだろう。また、天皇賞(秋)は道中で内を回らないと厳しい速い時計での決着となり、大外枠(8枠16番)がこたえた印象で、情状酌量の余地はあるはずだ。昨年の本レースは、好位からしぶとく踏ん張って勝ち馬から0秒2差の3着。あの走りを再現できれば、3度目のGⅠ制覇が期待できる。

ペルシアンナイト

牡5歳

調教師:池江泰寿(栗東)

  • 父:ハービンジャー
  • 母:オリエントチャーム
  • 母の父:サンデーサイレンス
ここに注目!

2年前の本レースを勝った後は勝ち星を挙げられていないが、レースぶりから極端な能力の衰えは感じられない。実戦を使いながら良くなるタイプで、休み明け3戦目の今回あたりが走り頃だろう。

最後の勝利は2年前のマイルチャンピオンシップで、その後の11戦では未勝利。昨年の本レースで2着に入ったのを最後に、6戦連続で4着以下となっている。5歳秋という年齢も考慮すれば、そろそろ衰えがあっても不思議のないところかもしれない。ただ、ここ2走の走りからは復活の雰囲気も感じ取れる。前々走の札幌記念は勝負どころで外から押し上げると、ゴール前でやや甘くなったものの、強敵相手に0秒3差の5着。前走の毎日王冠でも最後のひと押しこそ欠いたが、勝ったダノンキングリーから0秒5差の4着に食い下がってみせた。過去に1着、2着と好相性の本レースで今年も上位争いに加わって、地力健在を証明したい。

マイスタイル

牡5歳

調教師:昆貢(栗東)

  • 父:ハーツクライ
  • 母:ファーストナイナー
  • 母の父:フォーティナイナー
ここに注目!

前走のスワンSでは初の芝1400メートルに対応し、勝ったダイアトニックからタイム差なしの3着に入ったが、本質的には1600メートル以上がよさそう。今回、200メートルの距離延長を生かして、上位進出を狙う。

3歳時にはクラシック三冠にフル参戦。その後も中距離を中心に使われてきたが、5歳になった今年は芝1600メートル路線にも顔を出して、京都金杯2着、ダービー卿チャレンジT3着と適性を示した。芝2000メートルに戻った前々走の函館記念で重賞初制覇を果たすと、一転、秋初戦となった前走のスワンSでは初の芝1400メートルにチャレンジ。道中で引っ掛かるぐらいの行きっぷりを見せつつ、勝ったダイアトニック、2着のモズアスコットに食い下がり、タイム差なしの3着に健闘した。むしろ、今なら1400メートルから1600メートルのほうが良さそうな印象も受けた。切れる脚は欠けるものの、簡単にバテないのが強み。締まった流れの我慢比べになれば、出番がありそうだ。

(岡崎 淳)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: