今週の注目レース

福島記念(GⅢ)

福島競馬場 2000メートル(芝)ハンデ 3歳以上オープン

出走馬情報

注記:1勝クラス・2勝クラス・3勝クラスは、従来の500万円以下・1000万円以下・1600万円以下。

ミッキースワロー

牡5歳

調教師:菊沢隆徳(美浦)

  • 父:トーセンホマレボシ
  • 母:マドレボニータ
  • 母の父:ジャングルポケット
ここに注目!

このメンバーなら地力は一枚上だが、不安材料を挙げるなら後方一気の脚質だろう。実際に3走前のエプソムCでは、前が残る展開で追い込み切れず10着と敗れている。ここも、ある程度ペースが流れて欲しいところだ。

3歳時にセントライト記念を制し、菊花賞では3番人気(6着)に支持された実力馬。その後は陣営の期待ほどは走れないレースが続いたが、5歳を迎えて完全に復調した。今年初戦の新潟大賞典は後方から鋭く伸びて2着に入り、続くエプソムCこそ10着に敗れたが、七夕賞を豪快に差し切って約1年9か月ぶりの重賞制覇。デビュー4年目の菊沢一樹騎手に重賞初制覇をもたらした。秋初戦のオールカマーも逃げ馬が勝った流れのなか、直線一気でレイデオロ(4着)に先着の2着だから、“負けてなお強し”と言えるだろう。福島・芝2000メートルは前々走の七夕賞を快勝しているコース。今回はトップハンデの58.5キログラムを背負うが、3度目の重賞制覇へ期待が高まる。

ステイフーリッシュ

牡4歳

調教師:矢作芳人(栗東)

  • 父:ステイゴールド
  • 母:カウアイレーン
  • 母の父:キングカメハメハ
ここに注目!

ステイゴールド産駒らしく、牡馬にしては腹回りをすっきりと見せるタイプ。馬体重は少々増えていても問題ないだろう。持ち味の持久力が生きる展開になれば、2つ目の重賞タイトルに手が届いていい。

そろそろ2つ目の重賞タイトルが欲しい。昨年の京都新聞杯で重賞初制覇を果たすも、その後は勝利から遠ざかっており、今年の6戦を振り返ると、2着2回、3着2回と惜敗が目立つ。前走の札幌記念は勝ち馬ブラストワンピースから0秒9差の9着だが、ここはさすがに相手が強かったので、GⅢの今回で巻き返したいところだろう。デビュー2戦目以降、メンバー中最速の推定上がり3ハロンタイムをマークしたことは1度もなく、同2位も2回だけ。決め手勝負では厳しいタイプなので、早め早めの競馬を試みたい。そういった意味でも、持久力が問われる競馬になりやすい小回りコースの芝2000メートルはプラス材料。初めての福島コースにも対応できるだろう。

マイネルファンロン

牡4歳

調教師:手塚貴久(美浦)

  • 父:ステイゴールド
  • 母:マイネテレジア
  • 母の父:ロージズインメイ
ここに注目!

過去に4勝を挙げているが、その直前のレースの着順は2着、13着、6着、5着だから、ガラリ一変が多いタイプと言える。前走の毎日王冠では10着だったが、この一戦だけで評価を落とすのは早計だ。

しぶとい走りが身上だ。これまで18戦を戦ってきたが、メンバー中最速の推定上がり3ハロンタイムをマークしたのは、昨年8月の500万下(札幌・芝2000メートル)を勝った時の1回だけ。ただ、先行しての粘り強さは特筆もので、前々走の函館記念ではレースの前後半の1000メートルが共に59秒8という一貫した流れを2番手で追走し、逃げ切ったマイスタイルからクビ差の2着。あらためて力があることを証明した。前走の毎日王冠は相手が強く10着に敗れたが、見限るのは早計。芝2000メートルでは11戦して3勝、2着2回、3着2回。6着以下に敗れたのは昨年の皐月賞(13着)の1回だけと抜群の安定感を見せており、ここも好勝負が期待される。

アドマイヤジャスタ

牡3歳

調教師:須貝尚介(栗東)

  • 父:ジャスタウェイ
  • 母:アドマイヤテレサ
  • 母の父:エリシオ
ここに注目!

昨年のホープフルS2着時の勝ち馬が、のちに皐月賞を勝つサートゥルナーリア。今年のすみれS(リステッド。阪神・芝2200メートル)2着時の勝ち馬が、先日の菊花賞で2着だったサトノルークス。戦ってきた相手を考えれば、GⅢなら十分に通用していい。

8歳上の半兄が2014年にオーストラリアのG1コーフィールドCを制したアドマイヤラクティ(父ハーツクライ)という良血馬。本馬は2歳時に未勝利(中京・芝1600メートル)、500万下・紫菊賞(京都・芝2000メートル)と2連勝。続くホープフルSでも2着に食い込み、クラシックでの活躍が期待された。ただ、3歳初戦のすみれS(リステッド)こそ2着だったが、春のクラシック2戦は皐月賞が8着、日本ダービーが18着。秋の始動戦の京都大賞典も15着と、低迷が続いている。ただ、厩舎関係者は「京都大賞典の敗因はよく分からないけれど、使って状態は上向きです。今度は違うと思います」と復活の手応えをつかんでいる様子。菊花賞を見送って挑む一戦で、2歳時の輝きを取り戻したい。

クレッシェンドラヴ

牡5歳

調教師:林徹(美浦)

  • 父:ステイゴールド
  • 母:ハイアーラヴ
  • 母の父:Sadler's Wells
ここに注目!

一見すると安定した成績を残しているが、レースの上がり3ハロンタイムが35秒2より速くなると、7戦して2回ある3着が最高着順。極端に上がりの速い決着になった時に、この馬なりの脚を使っても差し届かない可能性がある。

初勝利はデビュー5戦目。500万下クラスの勝ち上がりにも4戦を要したが、父ステイゴールド、母の父サドラーズウェルズという重厚な配合のイメージ通り、年齢を重ねて力をつけてきた。今年3月の1600万下・美浦S(中山・芝2000メートル)を制してオープンクラス入りを決めると、続く福島民報杯(リステッド。福島・芝2000メートル)が2着。久々の重賞挑戦となった七夕賞でも2着に食い込み、充実ぶりをアピールした。秋初戦のオールカマーは5着だったが、2着のミッキースワローからは0秒2差。直線でスムーズさを欠き、脚を余したことを考慮すれば、決して悲観する内容ではなかった。今回、3戦して全て2着と相性のいい福島で待望の重賞初制覇を狙う。

メートルダール

牡6歳

調教師:戸田博文(美浦)

  • 父:ゼンノロブロイ
  • 母:イグジビットワン
  • 母の父:Silver Hawk
ここに注目!

近走は物足りないレースが続いているが、秋から冬にかけて強いタイプ。2017年12月には中日新聞杯を勝ち、今年1月にはアメリカジョッキークラブCで3着に好走している。得意のシーズン到来と言えるだけに、期待は大きい。

3歳時から重賞戦線で活躍し、4歳時の中日新聞杯で重賞初制覇。この勢いならさらに上の舞台でもと思わせたが、その後は1年11か月に渡って白星に手が届いていない。そんな中でも昨年の後半から今年初めにかけては、新潟記念2着、中日新聞杯5着、アメリカジョッキークラブC3着と堅実な走りを見せていたが、近4戦は全て7着以下に敗れている。強調材料を挙げるなら、秋初戦となった前走の京都大賞典のレース内容。久しぶりの芝2400メートルで、かつ早めの競馬を試みながら、まずまず踏ん張って1秒0差の8着。上位争いには加われなかったが、大きな衰えがないことは伝わってきた。得意の芝2000メートルに戻る今回、実力健在を示したい。

ウインイクシード

牡5歳

調教師:鈴木伸尋(美浦)

  • 父:マンハッタンカフェ
  • 母:イクスキューズ
  • 母の父:ボストンハーバー
ここに注目!

相手なりに走れるタイプで、過去19戦で6着以下は4回だけ。2桁着順に敗れたことは1度もない。ここはオープンクラスへの昇級初戦、しかも重賞初挑戦となるが、しぶとく上位争いに食い込んできそうだ。

母は2007年のクイーンCを制するなど早い時期から重賞で活躍したイクスキューズだが、マンハッタンカフェが配合された本馬は、どちらかというと晩成型に出た。初勝利に3戦、2勝目にはさらに7戦を要したものの、一歩ずつ着実にステップアップ。今年3月の1000万下・両国特別(中山・芝1800メートル)を快勝して3勝目を挙げると、前走の3勝クラス・2019ワールドオールスタージョッキーズ第2戦(札幌・芝2000メートル)を2番手追走から押し切り、5歳夏にしてオープンクラス入りを決めた。切れ味には欠けるものの、前々から長くいい脚を使えるのが大きな強み。ベストと思える小回りコースの芝2000メートルが舞台なら、重賞でも差のない競馬ができそうだ。

カンタービレ

牝4歳

調教師:角居勝彦(栗東)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:シャンロッサ
  • 母の父:Galileo
ここに注目!

パドックではうるさいぐらいのほうが、レースで好結果が出ているイメージ。そう考えると、前走の府中牝馬S(10着)は少し大人しすぎたのかもしれない。腹回りはすっきりと見せるが、牝馬だけに気にする必要はないだろう。

3歳時にフラワーCとローズSを制した重賞2勝馬。秋華賞でも勝ったアーモンドアイから0秒4差の3着に入るなど、同世代の牝馬トップクラスの能力を示していた。しかし、秋華賞後は少し精彩を欠いている。エリザベス女王杯と阪神牝馬Sは共に6着とまとめたものの、今春の最大目標だったヴィクトリアマイルは最下位の18着。秋初戦となった府中牝馬Sも勝ち馬から1秒0差の10着と、見せ場すら作れなかった。なかなか復活の糸口をつかめない現状だが、体つきを見る限り、決して衰えたイメージはない。近走の走りを見ると、1600メートル前後ではスピードが足りなくなっている感じもするだけに、芝2000メートルに延びる今回で巻き返したい。

(岡崎 淳)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: