今週の注目レース

武蔵野ステークス(GⅢ)

東京競馬場 1600メートル(ダート)別定 3歳以上オープン

出走馬情報

注記:1勝クラス・2勝クラス・3勝クラスは、従来の500万円以下・1000万円以下・1600万円以下。

サンライズノヴァ

牡5歳

調教師:音無秀孝(栗東)

  • 父:ゴールドアリュール
  • 母:ブライトサファイヤ
  • 母の父:サンダーガルチ
ここに注目!

昨年の武蔵野S優勝後は勝利から遠ざかっていたが、前走のマイルチャンピオンシップ南部杯(JpnⅠ。盛岡・ダート1600メートル)を制して初のビッグタイトルを獲得した。再び上昇モードに入った実力派が、堂々の主役候補として本レース連覇に挑む。

初のビッグタイトルを獲得した前走のマイルチャンピオンシップ南部杯(JpnⅠ)だが、レース前の評価は単勝オッズ16.5倍の4番人気だった。スタートで後手を踏んだものの、初めてコンビを組んだ吉原寛人騎手が手綱を押して中団をキープ。3コーナーから外を回ってぐいぐいと進出を開始し、最後の直線に入ると早めに先頭へ。ゴール前で内から迫ってきたアルクトス(2着)に1馬身1/2のセーフティーリードを保って先頭でゴールインした。今回の東京・ダート1600メートルは、昨年の本レース優勝を含め4勝、2着1回と最も好成績を残している舞台。連覇への課題を挙げるとすれば、昨年より3キログラム増となる59キログラムの斤量だろう。

エアアルマス

牡4歳

調教師:池添学(栗東)

  • 父:Majestic Warrior
  • 母:Nokaze
  • 母の父:Empire Maker
ここに注目!

デビューから11戦連続で芝のレースに出走してきたが、今夏にダート路線へシフトすると、強い内容で3連勝。ダート界に現れた期待の新星と言えよう。この武蔵野Sで4連勝を飾ることができれば、さらに大きなタイトル獲得が視界に入ってくる。

ダート路線に転向してから2戦2勝と全く底を見せていなかったため、前走のオープン特別・太秦S(京都)は初めて出走するダート1800メートルの距離でも1番人気に支持されていた。レースは6枠12番から好ダッシュで前に出ると、内枠の先行勢を行かせて好位の外を追走。最後の直線で早めに抜け出し、後続に2馬身1/2差をつけて楽々と押し切った。距離が延びたことで、むしろパフォーマンスは上がった印象。全く寄せつけなかった2着馬ヴェンジェンスが先週のみやこSを快勝したことで、本馬の評価も一段と高まった感がある。東京・ダートコースは未経験だが、芝では500万下(1600メートル)に出走経験があり、3着とまずまずの走りを披露。問題なく対応できる公算が大きい。

アディラート

牡5歳

調教師:須貝尚介(栗東)

  • 父:ルーラーシップ
  • 母:ナリタブルースター
  • 母の父:マンハッタンカフェ
ここに注目!

3歳春にUAE遠征を行うなど、早い段階から活躍していた素質馬。条件クラスで低迷した時期もあったが、前走のグリーンチャンネルC(リステッド。東京・ダート1400メートル)でオープンクラスでの初勝利をマーク。勢いに乗って重賞タイトル奪取に挑む。

オープンクラスで初めて勝利を飾った前走のグリーンチャンネルC(リステッド)は、A.シュタルケ騎手との初コンビを組み、4番人気での出走だった。大外8枠16番からスタートし、道中は中団の外を追走。最後の直線では外から素晴らしい末脚を繰り出して差し切った。後方から追い込んできた2着ショームに3/4馬身差まで迫られたが、余力を残してのゴールイン。砂をかぶると良くないタイプなので、大外枠も奏功したようだが、着差以上の完勝と言っていいだろう。全6勝をダート1400メートルで挙げており、今回は200メートルの距離延長が課題となるが、3歳2月に今回と同舞台のオープン特別・ヒヤシンスSで勝ち馬から0秒1差の2着に入っており、克服可能と見てよさそうだ。

ワンダーリーデル

牡6歳

調教師:安田翔伍(栗東)

  • 父:スタチューオブリバティ
  • 母:アストレアピース
  • 母の父:マヤノトップガン
ここに注目!

4から5歳時にかけて約9か月の長期休養があったが、昨春に戦列へ復帰すると2戦目にオープンクラス入り。その後は同クラスで何度も上位争いを演じている。6歳秋を迎えた今こそが充実期というムード。重賞でも好勝負の期待が高まる。

3か月半の休養明けだった前走のグリーンチャンネルC(リステッド。東京・ダート1400メートル)だが、地力と調教内容を評価されて2番人気に支持されていた。8枠15番枠からスタートは互角に出たが、内枠勢が速かったため道中は中団後方を追走。勝負どころで少しもたついたものの、最後の直線ではじわじわと脚を伸ばして3着まで追い上げた。上位2頭には完敗も、休み明けを考慮すれば及第点の内容と言えよう。全6勝中5勝がダート1400メートルだが、最新の勝利は、今回と同じ東京・ダート1600メートルで行われた前々走のオープン特別・アハルテケS。それも後続に2馬身1/2差の完勝だった。年齢を重ねて少しズブさが出てきた今なら、マイルの距離が最も力を出せる可能性もある。

デュープロセス

牡3歳

調教師:安田隆行(栗東)

  • 父:Daiwa Major
  • 母:Rose Law
  • 母の父:New Approach
ここに注目!

オープン特別2勝を含む〔4・2・0・1〕と、ほぼパーフェクトな戦績を誇る現3歳世代屈指のダート巧者。秋初戦のグリーンチャンネルC(リステッド。東京・ダート1400メートル)では5着と初めて連対を外したが、1度使われた今回は、素質を見直す必要がある。

初めて他世代との対戦となった前走のグリーンチャンネルC(リステッド)だが、6戦4勝、2着2回の戦績を評価されて単勝オッズ1.7倍の1番人気に支持されていた。ユニコーンS(2着)以来約3か月半ぶりの実戦で、馬体重16キログラム増も、見た目に太め感は全くなし。レースでも中団をスムーズに追走したが、最後の直線で追い出されても反応が鈍く、優勝したアディラートに0秒7離された5着に敗れた。久々の実戦でレース勘が戻っていなかったとの見方もできるが、速い流れで脚がたまらなかった印象。現状、1400メートルの距離は少し忙しいと考えるのが妥当だろう。春からの馬体増は成長の証明。200メートル距離が延びて流れに乗りやすくなる今回は、前進必至だ。

スウィングビート

牡4歳

調教師:加藤征弘(美浦)

  • 父:Tapit
  • 母:Backseat Rhythm
  • 母の父:El Corredor
ここに注目!

キャリアを積みながら力をつけ、前々走の3勝クラス・夏至S(東京・ダート1600メートル)を制してオープンクラス入りを果たした。東京・ダート1600メートルで全4勝を挙げているコース巧者。昇級2戦目でクラス慣れも見込める今回、優勝争いの期待がかかる。

昇級初戦ながら1番人気に支持された前走のオープン特別・ラジオ日本賞(中山・ダート1800メートル)だったが、結果は3着で連勝はならなかった。道中は控えて中団後方の外を追走。3コーナー手前で追い出されるも反応は鈍く、ポジションを上げられずに4コーナーへ。最後の直線では脚を使ったものの、逃げ切ったローズプリンスダムに0秒3差の完敗だった。やはり、全4勝を挙げている東京のほうが中山より合うのは間違いなさそうだ。楽勝だった前々走の3勝クラス・夏至Sは、3着バレッティ、4着ビックリシタナモー、9着マルカソレイユが既にオープンクラス入りしているように、レースレベルも高かった。この舞台なら、重賞でも引けは取らないはずだ。

グルーヴィット

牡3歳

調教師:松永幹夫(栗東)

  • 父:ロードカナロア
  • 母:スペシャルグルーヴ
  • 母の父:スペシャルウィーク
ここに注目!

今年7月の中京記念で重賞初制覇を飾った3歳馬が、ダート重賞に矛先を向けてきた。デビュー2連勝はダートで、適性の高さは証明しており、まだ能力の底を見せていないのも事実。ダート界の猛者を相手に、どんな走りを見せるのか楽しみだ。

中京記念の覇者としてサマーマイルシリーズ制覇を狙った前走の京成杯オータムHだったが、11着と大敗を喫した。レースは抜群のスタートを決めたが、レースの前半1000メートル通過タイム55秒4という極めて速い流れで追走に苦労。中団のまま、見せ場をつくることができなかった。中京記念を1分33秒6(稍重)のタイムで優勝したことからも、逃げ切ったトロワゼトワルが1分30秒3のJRAレコードをマークした馬場コンディションでは、スピードに対応できなかった感が強い。重賞とは出走馬のレベルが違うとはいえ、ダートでは過去2戦2勝。いずれも楽勝で適性の高さは疑いようがない。芝でのパフォーマンスから絶対能力は上位で、あっさり勝っても驚けない。

タイムフライヤー

牡4歳

調教師:松田国英(栗東)

  • 父:ハーツクライ
  • 母:タイムトラベリング
  • 母の父:ブライアンズタイム
ここに注目!

2歳時にホープフルSでGⅠ制覇を飾ったものの、3歳時は伸び悩み、4歳を迎えた今夏からダート路線に転向した。エルムS、シリウスSと連続6着止まりだが、いずれも先行して見せ場はたっぷり。底力は上位なだけに、ここでも軽視は禁物だろう。

初めてダートを使われた前々走のエルムSは6着だったが、前走のシリウスSでは、2戦目の上積みが期待されたうえに、C.ルメール騎手が手綱を取ったこともあってか1番人気に支持された。スタート直後は少し力む感じだったが、鞍上がなだめて4番手を追走。直線入り口では先行集団に並んだが、追い比べで伸び負けて6着でゴールインした。残り200メートルまでは懸命に食い下がっていたが、ラストは失速。2歳時にホープフルSを制しているが、現状では2000メートルの距離は長いのかもしれない。ダートの走り自体は悪くないだけに、東京・ダート1600メートルに距離が短縮される今回、大幅にパフォーマンスを上げてくる可能性も十分に秘めている。

(鳥谷越 明)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: