今週の注目レース

天皇陛下御即位慶祝 天皇賞(秋)(GⅠ)

東京競馬場 2000メートル(芝)定量 3歳以上オープン

出走馬情報

注記:1勝クラス・2勝クラス・3勝クラスは、従来の500万円以下・1000万円以下・1600万円以下。

アーモンドアイ

牝4歳

調教師:国枝栄(美浦)

  • 父:ロードカナロア
  • 母:フサイチパンドラ
  • 母の父:サンデーサイレンス
ここに注目!

前走の安田記念はスタート後に他の馬に寄られるシーンがあり、初めて連対を外す結果(3着)になったが、ゴール前の伸び脚は際立っていた。牝馬三冠に加え、ジャパンカップ、ドバイターフ(G1・UAE。芝1800メートル)を優勝している歴史的名牝が、いよいよ秋の初戦を迎える。

「夏場は予定通りに放牧へ出して休養させ、英気を養って秋に備えていました。早い段階から秋の初戦は天皇賞(秋)と決めていましたし、美浦トレーニング・センターに戻ってからの調整もすこぶる順調です。これなら不安のない出走態勢が整うでしょう。前走の安田記念(3着)はスタートで他の馬に寄られるシーンがありましたが、最後の直線ではこの馬らしい末脚を発揮してくれました。今回は距離もコースも合っていますから、期待を持って送り出せます」と、陣営は日本を代表するスターホースの仕上げに全力を注いでいる。前走でGⅠ連勝は「5」でストップしたが、歴史的名牝であることに変わりはない。ここから再び快進撃開始といきたいところだ。

サートゥルナーリア

牡3歳

調教師:角居勝彦(栗東)

  • 父:ロードカナロア
  • 母:シーザリオ
  • 母の父:スペシャルウィーク
ここに注目!

秋初戦となった神戸新聞杯を圧倒的内容で優勝。ゲート入り前にテンションが上がっていた日本ダービー(4着)こそ敗北を喫したが、皐月賞では抜群の末脚を披露して優勝した3歳馬だ。今回は他世代の馬との初対戦だが、斤量差を生かせば優勝も可能だろう。

「夏の放牧休養を経て、精神面で成長を遂げてくれました。秋初戦となった前走の神戸新聞杯にはリラックスした状態で臨めましたし、レースも強い内容で勝利を飾ってくれたので、今後の活躍が楽しみです。その後は距離適性を考慮して、菊花賞ではなく天皇賞(秋)への出走を選択しました。初めての他世代相手、それもトップクラスとの戦いですから、楽な競馬にはならないと思いますが、ここでどんなレースができるか、不安よりも期待の方が大きいです」と、厩舎スタッフは本馬の成長を実感している様子だ。スタートで出遅れた日本ダービーこそ4着だったが、それ以外のレースは全勝。現3歳世代を代表するスターホースが挑む頂上決戦。期待は大きい。

ダノンプレミアム

牡4歳

調教師:中内田充正(栗東)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:インディアナギャル
  • 母の父:Intikhab
ここに注目!

ここまで8戦のキャリアで6勝マーク。そのうちの5勝が重賞だから、非常に優秀な戦績と言える。前走の安田記念は、スタート直後に他の馬に寄られるシーンがあって16着と敗れており、ここは巻き返しが期待される。

「安田記念(16着)の後はしばらく厩舎で少し様子を見てから、7月中旬に放牧へ出しました。しっかり休養をとった効果で、春の疲れも解消しています。気性的に休み明けでも力を出せるタイプですから、この馬本来のパフォーマンスを見せて、再び軌道に乗りたいです」と、厩舎スタッフは看板ホースの仕上げに力を注いでいる。スタートで他の馬に寄られた前走の安田記念は不完全燃焼に終わり、ゴール後は騎手が下馬するシーンもあったが、幸いにも馬体に異常はなく、元気な姿で戦線復帰できそう。2歳時には無敗のまま朝日杯フューチュリティSを制覇した素質馬。2戦2勝の芝2000メートルで、2度目のGⅠ制覇を狙う。

アエロリット

牝5歳

調教師:菊沢隆徳(美浦)

  • 父:クロフネ
  • 母:アステリックス
  • 母の父:ネオユニヴァース
ここに注目!

前走の毎日王冠は2着で、同レース連覇こそ逃したが、東京・芝コースでは抜群の安定感を誇る一頭だ。今回は芝2000メートルの対応がポイントだが、卓越したスピードは文句なく一級品。自分のペースで行ければ、逃げ切るシーンがあるかもしれない。

「前走の毎日王冠は、うまく自分のペースに持ち込めましたが、最後は勝ち馬の決め手が上でした。それでも、2着争いでは差し返す脚を見せて好走できたので、収穫も得た一戦でした。この馬は右回りよりも左回りの方がスムーズに走れますから、中間は天皇賞(秋)を目標に調整してきました。芝2000メートルの経験は1度(秋華賞7着)だけなので、未知の部分はありますが、先手を奪いやすいというプラス材料もあるはずです。休養明けを1度使うと確実に状態が上向くタイプということからも、楽しみは大きいです」と、陣営は意気込みを語った。東京・芝コースでは、重賞2勝に加え、安田記念で2年連続2着の好成績。コース適性の高さには自信を持っている。

ワグネリアン

牡4歳

調教師:友道康夫(栗東)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:ミスアンコール
  • 母の父:キングカメハメハ
ここに注目!

約4か月半の休み明けだった前走の札幌記念で僅差の4着に入り、あらためて能力の高さを示した。今回は夏場に実戦を使われた上積みが見込めるうえに、左回りコースも3戦3勝と得意な馬。昨年のダービー馬が、GⅠ2勝目を狙う。

「前走の札幌記念(4着)はゴール前の伸びがひと息でしたが、勝った馬とは0秒2差で、休養明け初戦であったことを考えれば内容は悪くなかったと思います。馬体はひと回り成長して(デビュー戦から22キログラム増の472キログラム)いましたし、心身両面で着実にステップアップしていると思います。日本ダービーを制覇した、広くて直線の長い東京のターフに替わるのはプラス材料になるでしょう」と、厩舎スタッフは意欲的な姿勢を示している。右回りコースでも結果を出しているが、やはりベストは3戦3勝をマークしている左回りコースだろう。条件が好転したここは、自身2度目のGⅠタイトル獲得の大きなチャンスと言えそうだ。

スティッフェリオ

牡5歳

調教師:音無秀孝(栗東)

  • 父:ステイゴールド
  • 母:シリアスアティテュード
  • 母の父:Mtoto
ここに注目!

前走のオールカマーでは、先頭に立って主導権を握ると最後の直線でも脚色は衰えず、後続を完封。自身3度目となる重賞制覇を達成した。今回はさらに相手が強化されるが、目下の勢いと機動力を生かすことができれば、GⅠタイトル奪取も夢ではないだろう。

「前走のオールカマーは、自ら主導権を奪ってレースを進めての快勝でしたから、新たな一面を見せてくれたと思います。今回はさらに相手が強化されますが、どんな流れにも対応できる自在性がこの馬のセールスポイントです。好位から差す形でも問題はありません。超一流馬を相手にどこまで戦えるのか、今後を占う意味でもとても楽しみです」と、厩舎サイドは本馬の成長を感じ取っている。今年の上半期にGⅠへ挑戦した際は厚い壁に跳ね返された格好だが、その後は着実にパワーアップ。前走ではレイデオロ(4着)やウインブライト(9着)といったGⅠホースを相手に勝利を収めており、ここでも互角に走れる力がついた印象だ。

アルアイン

牡5歳

調教師:池江泰寿(栗東)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:ドバイマジェスティ
  • 母の父:Essence of Dubai
ここに注目!

約4か月の休養明けで登場する今回は最終追い切りの動きに注目だが、乗り込み量は十分。気性的に間隔が空いても力を出せるタイプだけに、いきなりの好走があっても不思議はない。皐月賞、大阪杯と、芝2000メートルのGⅠを2勝している実績も見逃せない。

「前走の宝塚記念は少し離された(勝ち馬から1秒1差)の4着でしたが、大きく崩れずに走ってくれましたし、悲観する内容ではなかったと思います。その後は予定通りに休養に入っていましたが、天皇賞(秋)を視野に帰厩して乗り込みを進めていますから、出走態勢は整うでしょう。前走の芝2200メートルよりも、今回の芝2000メートルのほうがレースをしやすいはずです。ここで3度目のGⅠタイトルを獲得したいです」と、陣営は本馬のさらなる飛躍を期待している。距離が長かった3歳秋の菊花賞こそ7着だったが、その後は9戦連続で5着以内を確保している安定感には高い評価が必要だろう。ここでも目が離せない。

スワーヴリチャード

牡5歳

調教師:庄野靖志(栗東)

  • 父:ハーツクライ
  • 母:ピラミマ
  • 母の父:Unbridled's Song
ここに注目!

昨年の大阪杯を優勝した後は勝ち星を挙げていないが、同年秋のジャパンカップと今年の宝塚記念で3着に入っており、安定感は光る存在だ。今回は7戦して〔2・2・2・1〕と好相性の東京・芝コースが舞台。うまく流れに乗ることができれば、勝機を見いだせそうだ。

「暑い季節はあまり得意ではないので、前走後は放牧へ出して休養に入りました。秋の初戦には当初から天皇賞(秋)を予定していましたから、不安のない状態で出走できそうです。昨年の本レースは不本意な結果(10着)に終わりましたが、本来は東京・芝コースが最も合うタイプです。うまく流れに乗れれば、好勝負が期待できるはずです」と、厩舎スタッフは本馬のケアに懸命だ。昨年の大阪杯で待望のGⅠタイトルを手中に収めた後は勝利の美酒を味わっていないが、随所で高い能力をアピール。まだまだ現役トップクラスの力量を保持している印象だ。高いコース適性を生かして、2度目のビッグタイトル獲得に挑む。

(片野 昌一)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: