今週の注目レース

札幌2歳ステークス(GⅢ)

札幌競馬場 1800メートル(芝)馬齢 2歳オープン

データ分析関連動画

注記:1勝クラス・2勝クラス・3勝クラスは、従来の500万円以下・1000万円以下・1600万円以下。

将来性豊かな素質馬が集結する注目の2歳重賞

2018年の札幌2歳Sを制したニシノデイジーは、次走の東京スポーツ杯2歳Sでも優勝を果たしたうえ、同年末のホープフルSで3着、2019年の日本ダービーで5着と、ビッグレースにおいても上位を争った。なお、2018年の札幌2歳Sに出走した馬のうち、前出のニシノデイジー、3着のクラージュゲリエ(2018年京都2歳S)、4着のエメラルファイト(2019年スプリングS)、7着のウィクトーリア(2019年フローラS)と、計4頭が翌年の春までにJRAの重賞を勝っている。今秋の重賞戦線や来春のクラシック戦線を占ううえで見逃せない一戦だ。今回は函館・芝1800メートルで行われた2013年を含む過去10年のレース結果から、好走馬に共通するポイントを分析してみたい。

勝ち上がったレースの条件やタイム差に注目

過去10年の3着以内馬30頭中28頭は、“JRAの芝1500メートル以上のレース”において2着馬に0秒1以上のタイム差をつけて優勝した経験のある馬だった。一方、この経験がなかった馬は3着内率4.0%と苦戦している。芝1500メートル未満のレースやダートのレースしか勝っていない馬や、芝1500メートル以上で2着馬とタイム差なしの勝利しかない馬は、評価を下げるべきだろう。〔表1〕

〔表1〕“JRAの芝1500メートル以上のレース”において2着馬に0秒1以上のタイム差をつけて優勝した経験の有無別成績(過去10年)
経験の有無 成績 勝率 連対率 3着内率
あり 9-10-9-60 10.2% 21.6% 31.8%
なし 1-0-1-48 2.0% 2.0% 4.0%

前走で上位人気に推されていた馬が活躍

過去10年の3着以内馬30頭中27頭は、前走の単勝人気が「3番人気以内」だった。一方、「4番人気以下」だった馬は3着内率5.9%と苦戦している。前走の内容をチェックする際は、レースぶりだけでなく単勝人気にも注目した方がよさそうだ。〔表2〕

〔表2〕前走の単勝人気別成績(過去10年)
前走の単勝人気 成績 勝率 連対率 3着内率
3番人気以内 10-9-8-60 11.5% 21.8% 31.0%
4番人気以下 0-1-2-48 0% 2.0% 5.9%

実績馬は信頼できる

過去10年の3着以内馬30頭中10頭は、“JRAのオープンクラス、かつ1500メートル以上のレース”において4着以内に入った経験のある馬だった。該当馬は3着内率も35.7%と優秀な水準に達している。既に1500メートル以上の重賞やオープン特別で好走したことのある馬は高く評価したい。〔表3〕

〔表3〕“JRAのオープンクラス、かつ1500メートル以上のレース”において4着以内に入った経験の有無別成績(過去10年)
経験の有無 成績 勝率 連対率 3着内率
あり 2-5-3-18 7.1% 25.0% 35.7%
なし 8-5-7-90 7.3% 11.8% 18.2%

外寄りの枠に入った馬が好成績

札幌競馬場で行われた過去9回(2009から2012年、2014から2018年)における馬番別成績を見ると、「11から14番」の馬が3着内率38.2%と優秀な成績を収めている。昨年も大外枠(14番)に入ったナイママが2着に好走している。外枠優勢なレースと見ていいだろう。〔表4〕

〔表4〕札幌・芝1800メートルで行われた年の馬番別成績(2009から2012年、2014から2018年)
馬番 成績 勝率 連対率 3着内率
1〜10番 5-2-7-76 5.6% 7.8% 15.6%
11〜14番 4-7-2-21 11.8% 32.4% 38.2%

前走の“末脚”も重要

過去4年の3着以内馬12頭は、いずれも前走の上がり3ハロンタイム(推定)順位が「2位以内」だった。2014年以前は前走の上がり3ハロンタイム(推定)順位が「3位以下」だった馬の好走例も少なくなかったが、近年の傾向を重視するならば、前走の“末脚”をチェックしておきたいところだ。〔表5〕

〔表5〕前走の上がり3ハロンタイム(推定)順位別成績(過去4年)
前走の上がり3ハロンタイム(推定)順位 成績 勝率 連対率 3着内率
2位以内 4-4-4-31 9.3% 18.6% 27.9%
3位以下 0-0-0-12 0% 0% 0%

近年は“乗り替わり”で臨んだ馬が不振

過去4年の3着以内馬12頭中9頭は、前走の騎手が「今回と同じ騎手」だった。一方、「今回と異なる騎手」だった馬は3着内率12.5%とやや苦戦している。近年はいわゆる“乗り替わり”で臨んだ馬が苦戦気味な点に注意したい。〔表6〕

(伊吹 雅也)

〔表6〕前走の騎手別成績(過去4年)
前走の騎手 成績 勝率 連対率 3着内率
今回と同じ騎手 4-2-3-22 12.9% 19.4% 29.0%
今回と異なる騎手 0-2-1-21 0% 8.3% 12.5%

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: