今週の注目レース

新潟2歳ステークス(GⅢ)

新潟競馬場 1600メートル(芝・外)馬齢 2歳オープン

出走馬情報

注記:1勝クラス・2勝クラス・3勝クラスは、従来の500万円以下・1000万円以下・1600万円以下。

エレナアヴァンティ

牝2歳

調教師:宗像義忠(美浦)

  • 父:アドマイヤムーン
  • 母:ドリームカムカム
  • 母の父:メジロライアン
ここに注目!

メイクデビュー福島(芝1200メートル)を快勝したあと、新潟でオープン特別・ダリア賞(芝1400メートル)も連勝。今回はさらに200メートルの距離延長が鍵になるが、レースセンスが高く、追ってからもしっかりしたタイプなので、対応可能だろう。

「前走のオープン特別・ダリア賞(1着)は、マイナス6キログラムと少し馬体重が減っていたのが気がかりでしたが、テンションが上がることなくレースに臨めたのは大きな収穫でした。道中の追走もスムーズでしたし、追ってからもしっかりした脚を使えたと思います。あの内容なら、あと200メートル距離が延びても期待できるでしょう。あとは、今の馬体を維持して当日を迎えたいです」と、厩舎スタッフの期待は大きい。今回のメンバー中で唯一の2勝馬。無敗のまま3連勝で重賞タイトル獲得を狙う素質馬に、注目が集まる。

モーベット

牝2歳

調教師:藤沢和雄(美浦)

  • 父:オルフェーヴル
  • 母:アイムユアーズ
  • 母の父:ファルブラヴ
ここに注目!

父がオルフェ−ヴルで、母が重賞を4勝したアイムユアーズ。近親には名牝エアグルーヴなどがいる良血馬だ。6月のメイクデビュー東京(芝1600メートル)を快勝した後はひと息入れていたが、ここを目標に乗り込まれており、2連勝での重賞初制覇が期待される。

「以前は少しきゃしゃな体をしていましたが、調教を積むにつれて筋肉量がアップしてきました。前走のメイクデビュー東京は、スタートこそ速くありませんでしたが、道中もスムーズに追走でき、最後の直線では素晴らしい切れ味を発揮してくれました。内容の濃い勝利を収めてくれたので、今後の活躍が楽しみです。直線の長いコースなら持ち味の末脚が生きると思いますから、期待を寄せて送り出せます」と、陣営は本馬の将来性を高く評価している。デビュー戦を鮮やかに勝った厩舎の期待馬。一気に重賞タイトルを獲得しても不思議はない。

ウーマンズハート

牝2歳

調教師:西浦勝一(栗東)

  • 父:ハーツクライ
  • 母:レディオブパーシャ
  • 母の父:Shamardal
ここに注目!

メイクデビュー新潟(芝1600メートル)を3馬身1/2差で快勝。前半のペースがかなり遅かったとはいえ、上がり3ハロン32秒0(推定)の末脚は鮮やかだった。重賞でも十分に通用するだけの能力を秘めていそうだ。

「前走のメイクデビュー新潟は、遅い流れでも道中はスムーズに走ってくれましたし、優秀な上がりタイムで後続を突き放す競馬ができたので、これからがとても楽しみです。母レディオブパーシャ(1200メートルで2勝)や半兄デザートストーム(現役、父ストーミングホーム、1200メートル以下で3勝)も管理しましたが、本馬の方が距離の融通性は高いと思います」と、陣営は厩舎ゆかりの良血馬に大きな期待を寄せている。デビュー戦では最後の1ハロンを10秒台で駆け抜けており、その瞬発力は紛れもなく一級品と言えるだろう。前走で今回と同じ舞台を経験している点も、プラス材料だ。

ペールエール

牡2歳

調教師:安田隆行(栗東)

  • 父:ダイワメジャー
  • 母:アピールⅡ
  • 母の父:Selkirk
ここに注目!

十分な調教量を消化して臨んだ7月のメイクデビュー中京(芝1400メートル)を快勝。スピードとパワーを兼ね備えた素質馬だ。管理する安田隆行厩舎は昨年の本レースをケイデンスコールで制しており、ここは同厩舎による連覇を狙っての参戦となる。

「デビュー前の調教で好タイム(栗東坂路で4ハロン51秒台)が出ていたので、初戦から期待していました。実戦ではうまく流れに乗って、最後の直線でも力強い末脚を発揮して、強い内容で初陣を飾ってくれましたから、これからの成長が楽しみです。スピードとパワーを兼ね備えたタイプで、センスの良さもセールスポイントです」と、厩舎スタッフの期待は膨らんできた。今回は初の新潟・芝コースになるが、前走で中京・芝コースを経験して、これを快勝。左回りは問題なさそうで、前走の内容から200メートルの距離延長にも対応可能だろう。抜群のレースセンスを誇る本馬に走りに注目だ。

クリアサウンド

牝2歳

調教師:杉山晴紀(栗東)

  • 父:キズナ
  • 母:アンコンソールド
  • 母の父:Smart Strike
ここに注目!

デビュー前に栗東坂路で49秒台のタイムを出すなど、前評判の高かった一頭。実戦へ行ってもそのスピードとレースセンスの高さを遺憾なく発揮しており、ここは重賞勝利の期待がかかる。この中間の動きの良さにも注目だ。

「デビュー前の調教でいいタイムが出ていた馬ですから、期待を寄せて前走のメイクデビュー中京(芝1400メートル)に臨みました。レースでも好スタートから楽な追走ができましたし、最後の直線では確かな末脚を発揮してくれました。まずは申し分のない内容で新馬戦をクリアできましたから、これからの活躍をとても楽しみにしています。この中間は本レースを目標に乗り込みを継続しています。動きはさらに良くなっているので、重賞でも楽しみです」と、陣営は本馬の将来性に太鼓判を押していた。前走で中京を経験しており、左回りコースは問題なさそう。重賞初制覇へ向けて、新潟競馬場に登場する。

トライフォーリアル

牡2歳

調教師:萩原清(美浦)

  • 父:リアルインパクト
  • 母:エンプレスティアラ
  • 母の父:クロフネ
ここに注目!

前走のメイクデビュー東京(芝1400メートル)は、重馬場だった影響で勝ちタイムこそ平凡だったが、スケールの大きさを感じさせる内容で優勝。今回は初の新潟コースで、相手も強化されるが、大型馬だけに自身の上積みも大きいはず。連勝も夢ではないだろう。

「大型馬だけに、デビュー戦から動けるのか心配な面もありましたが、調教では年上の馬に先着を果たしていたので、期待も大きかったです。レースは、最後の直線で力強い末脚を発揮して勝利を飾ってくれました。まだ成長の余地を残した段階で初戦をクリアできたことは、大きな収穫でしょう。その後はひと息入れて、この新潟2歳Sを目標に調整しています」と、陣営は実戦を使った上積みを期待している。重賞挑戦となる今回は相手が強化されるが、初戦で見せた末脚は鮮やかで、良馬場ならさらに切れる可能性も秘めている。今回、2連勝での重賞タイトル奪取に挑む。

グランチェイサー

牡2歳

調教師:矢野英一(美浦)

  • 父:ダイワメジャー
  • 母:キャッスルブラウン
  • 母の父:Silver Hawk
ここに注目!

素質馬が顔をそろえたメイクデビュー東京(芝1400メートル)を優勝。稍重馬場でマークした走破タイム1分22秒6は優秀で、着差(クビ差)以上の強さを見せただけに、重賞でも侮れない存在と言える。

「初戦はまだトモに緩さが残り、良化の余地を残す状態でした。それでも、持続力のある末脚を使って勝利を飾れたことは大きな収穫だったと思います。中間の調整も順調に進んでいますので、不安のない状態で新潟2歳Sに出走できそうです」と、陣営は本馬のケアに懸命だ。快勝したメイクデビュー東京は、当時の2着馬が次走で中京の未勝利戦を快勝したように、好メンバーがそろった一戦だった。そこを鮮やかに制した素質には高い評価が必要になるだろう。追ってから味のあるタイプなので、200メートルの距離延長もマイナスにはならないはず。夏の新潟で飛躍を誓う素質馬に注目だ。

タイムマシン

牡2歳

調教師:手塚貴久(美浦)

  • 父:ロードカナロア
  • 母:ハッピーパレード
  • 母の父:ネオユニヴァース
ここに注目!

デビュー戦は3着に敗れたが、2戦目で初勝利をマーク。その未勝利(新潟・芝1600メートル)は、道中が落ち着いた流れになったなか、後方待機からの直線一気を決めた。今回は相手が強化されるが、V2への期待は大きい。

「まだ幼さを残していた6月のメイクデビュー東京(芝1400メートル)は3着でしたが、レース慣れした2戦目の未勝利(1着)では力強い末脚を発揮してくれました。使いながら着実に良化をたどっていますので、ここは楽しみな重賞エントリーになります」と、厩舎サイドは初勝利を受けて意欲的だ。前走はスローペースになった一戦で、逃げた馬が3着、2番手を進んだ馬が2着と先行勢が残るレースだったが、本馬は後方追走から見事な末脚を披露して一気に差し切った。今回は重賞参戦で相手は強化されるが、すでに新潟・芝1600メートルを経験して、これを快勝している点はプラス材料。十分に好勝負が可能だろう。

(片野 昌一)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: