今週の注目レース

テレビ西日本賞北九州記念(GⅢ)

小倉競馬場 1200メートル(芝)ハンデ 3歳以上オープン

出走馬情報

注記:1勝クラス・2勝クラス・3勝クラスは、従来の500万円以下・1000万円以下・1600万円以下。

ディアンドル

牝3歳

調教師:奥村豊(栗東)

  • 父:ルーラーシップ
  • 母:グリューネワルト
  • 母の父:スペシャルウィーク
ここに注目!

前走の葵Sを勝ち、破竹の5連勝で重賞初制覇を飾った。今回は他世代の馬との初対戦になるが、デビュー6戦で5勝、2着1回の戦績やレースぶりを考えても、大きな壁になるとは思えず、短距離界の新スター誕生なるか、注目だ。

前走の葵Sは、初めての重賞挑戦で試金石の一戦だったが、全く意に介することなく、強い姿を見せつけた。スタート直後に4番手につけ、前に行く3頭をみながら虎視眈々と追走。大きなフットワークでリズム良く追走すると、直線はスムーズに外へ持ち出された。残り100メートル付近で先頭に立ち、離れた外から猛追するアスターペガサス(2着)をアタマ差退けての重賞V。着差以上に余裕のあるレースぶりで、価値のある1勝だったはずだ。これまで、小倉、中山、阪神、京都と4つの競馬場で勝ち星を挙げているように、適応力の高さもこの馬の武器の一つ。今回のコースでも勝ち星があり、舞台適性も問題ない。ここも通過点としたいところだ。

モズスーパーフレア

牝4歳

調教師:音無秀孝(栗東)

  • 父:Speightstown
  • 母:Christies Treasure
  • 母の父:Belong to Me
ここに注目!

小倉・芝1200メートルの舞台では、新馬勝ちを含めて3戦2勝の強さを誇る。唯一の敗戦となった小倉2歳S(7着)も、気性的な若さを見せて失速した印象で、力負けといった感じはなかった。今回、約5か月ぶりの本レースを勝利し、秋の大舞台につなげたいところだ。

前走の高松宮記念は、発馬直後に行き脚がつかず、内のセイウンコウセイ(2着)にハナを譲る不本意な形になった。それでも、外から行き脚をつけてハナを奪い返し、先頭のまま直線へ。そのまま押し切りを図ったが、前半でロスが多かった分か最後は手応えがなくなり、15着に敗れた。今回は約5か月ぶりの実戦となるが、立て直された効果は抜群で、7日の1週前追い切りでは、栗東坂路で4ハロン50秒8、ラスト1ハロン11秒9の好時計をマーク。もともと調教で動くタイプとはいえ、出走に向け準備は万端といったところだろう。GⅢのメンバーなら、巻き返し必至だ。

ファンタジスト

牡3歳

調教師:梅田智之(栗東)

  • 父:ロードカナロア
  • 母:ディープインアスク
  • 母の父:ディープインパクト
ここに注目!

デビュー3連勝が芝1200メートルと芝1400メートルだったことからもわかるように、類いまれなスピードが一番の武器。今春はマイルから中距離路線を目標にレース選択が行われたが、夏の始動戦にベストであろう距離に出走してくる。この条件なら変わり身を見せられそうだ。

昨夏の小倉2歳Sは、スタートダッシュがついて、楽な手応えで3番手を追走。3コーナーでも余裕の手応えで、外を回りながら直線までしぶとく伸び続け、2着馬に1馬身3/4差をつける快勝で重賞初制覇を飾った。持ち前のスピードと操縦性の高さは、直線が平坦で、距離の短いこのコースにぴったり。7日の1週前追い切り後には、管理する梅田智之調教師が「時計(4ハロン51秒0)もよかったので、ここで復活ののろしを上げたいですね」と意気込みを語っていた。最終追いもしっかりと追い切られており、5月のNHKマイルC13着以来の出走とはなるが、万全の状態で重賞3勝目を狙いに行けるだろう。

ミラアイトーン

牡5歳

調教師:池江泰寿(栗東)

  • 父:Lonhro
  • 母:タイタンクイーン
  • 母の父:Tiznow
ここに注目!

半兄ストロングタイタン(父Regal Ransom)は、コースレコードで鳴尾記念を勝つなど、カテゴリーこそ違うが優秀なスピードを見せた。本馬は、成長とともに高い短距離適性を示してきた印象。充実一途の過程を踏んでおり、重賞初制覇も目前だろう。

4連勝中と勢いならこのメンバーでも上位の存在。今回が2度目の重賞挑戦とはなるが、一気にタイトル獲得も狙えるだけの素質の持ち主だ。前走のオープン特別・鞍馬S(京都・芝1200メートル)は、スタートで後手を踏み、道中は中団を追走。馬群の中でもまれる形になったが、直線で馬群の大外に出されると強烈な末脚で一気に前との差を詰め、最後は2着カラクレナイに3/4差をつける快勝でオープンクラス初勝利を挙げた。先行力もあるだけに、発馬さえ決まれば前で流れに乗ることも可能。小倉・芝コースで3勝、うち芝1200メートルで2勝と舞台適性の高さもあり、楽しみな重賞挑戦となりそうだ。

シャドウノエル

牝4歳

調教師:角居勝彦(栗東)

  • 父:Le Havre
  • 母:Magic Potion
  • 母の父:Divine Light
ここに注目!

昨年夏の小倉で初勝利を挙げると、1年間で一気にオープンクラスまで上り詰めた。今回は初めての重賞挑戦など克服すべき課題はあるが、今の勢いなら乗り越えてもよさそう。初勝利を挙げた舞台で成長した姿を見せられるか、期待は大きい。

前走の3勝クラス・テレビユー福島賞(福島・芝1200メートル)は、好スタートを決めると、ハナこそ譲ったが2番手をスムーズに追走した。良馬場発表とはいえ、小雨が降る馬場コンディションでレースの前半600メートル通過タイム33秒7なら、先行勢にとっては厳しいペース。直線入り口で先頭に立つと、後続に捕まりそうになりながらもゴール前でもうひと伸びを見せ、2着馬に1/2馬身差をつけて勝利した。実際、2、3着は後方から差し脚を伸ばした馬たちで、そういった意味でも価値のある1勝だろう。今回は重賞初挑戦で楽な競馬にはならないだろうが、状態の良さを生かして上位を狙う。

アンヴァル

牝4歳

調教師:藤岡健一(栗東)

  • 父:ロードカナロア
  • 母:アルーリングボイス
  • 母の父:フレンチデピュティ
ここに注目!

3歳時の昨年も本レースに挑戦したが、結果は10着。とはいえ、当時はクラシック路線に挑んだ疲れが残っていたのか、低迷していた時期だった。近5戦は1勝、2着2回で、掲示板(5着以内)は1度も外しておらず、完全に復調した印象。昨年のリベンジを果たす可能性は十分だ。

母のアルーリングボイスは、2005年の小倉2歳Sで重賞初制覇を飾ると、2007年の北九州記念では勝ち馬とタイム差なしの2着に入る好走を見せた。祖母アルーリングアクトも小倉2歳S(当時は小倉3歳S)を勝ったように、このコースで無類の強さを誇る牝系。ロードカナロア産駒の本馬も、父譲りのスピードの高さをこれまでのレースで示してきた。7日に栗東坂路で行われた1週前追い切りでは、4ハロン49秒7でこの日の1番時計をマーク。ラスト1ハロンも12秒2でまとめており、ラップの中身も優秀だった。それまでの時計を1秒更新する自己ベストでもあり、調教からも今が一番の充実期と言えるだろう。念願の重賞初制覇は目の前だ。

アレスバローズ

牡7歳

調教師:角田晃一(栗東)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:タイセイエトワール
  • 母の父:トニービン
ここに注目!

昨年は、CBC賞で重賞初制覇を決めた勢いそのままに本レースも制して、重賞連勝でサマースプリントシリーズ王者に輝いた。小倉・芝1200メートルでは5戦して2勝、3着1回と、適性の高さは疑いようがない。持ち前の決め手を生かして、史上初の本レース連覇を狙う。

前走のCBC賞は、いつも通り中団後方から末脚勝負にかけるレース運びとなった。3、4コーナーではインぴったりを回って距離ロスなく進み、直線でも内ラチ沿いのわずかなスペースを突いて抜け出しを図ったが、ゴール直前でレッドアンシェル(1着)の決め手に屈して2着。とはいえ、大雨の不良馬場という厳しい条件でもしっかりと力を出した点は高い評価ができるだろう。昨年の本レースを制した後は3着以内に入ることができていなかったが、復活の兆しを見せたことも今回に向けて明るい材料だ。決め手の鋭さは間違いないだけに、展開もポイント。昨年のようにある程度のポジションで運べれば、連覇の可能性もグッと高まるだろう。

カラクレナイ

牝5歳

調教師:松下武士(栗東)

  • 父:ローエングリン
  • 母:バーニングレッド
  • 母の父:アグネスタキオン
ここに注目!

前走のオープン特別・バーデンバーデンC(福島・芝1200メートル)で、3歳時のフィリーズレビュー以来約2年4か月ぶりの白星をマーク。勢いに乗っており、芝1200メートルでの初勝利を挙げた点も見逃せない。もうひと皮むけた感があり、ここで久々の重賞タイトル奪取に挑む。

前々走の安土城S(リステッド。京都・芝1400メートル)は、道中で頭を上げるシーンがあるなど少しスムーズさを欠く道中の運びとなった。普段よりも積極的なポジションでレースを進めた影響もあったのか8着に敗れたが、力負けではなかったはずだ。前走のオープン特別・バーデンバーデンCは、大外8枠16番から道中も外々を回る展開ながら、ラスト200メートル過ぎに先頭へ立つと、後続の追撃も振り切って優勝。内容としても、重賞挑戦となる今回に大きく期待が持てるレースだったことは間違いない。福島、小倉と長距離輸送続きとはなるが、中4週としっかり間隔を空けられており、問題はなさそうだ。

(山口 大輝)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: