今週の注目レース

ラジオNIKKEI賞(GⅢ)

福島競馬場 1800メートル(芝)ハンデ 3歳オープン

データ分析関連動画

注記:1勝クラス・2勝クラス・3勝クラスは、従来の500万円以下・1000万円以下・1600万円以下。

秋の大舞台へ、3歳馬が飛躍を期すハンデキャップ重賞

ラジオNIKKEI賞は日本ダービーの約1か月後に行われる3歳馬限定の重賞で、春のクラシックレースで結果を残せなかった馬や、出走がかなわなかった馬たちによって争われる一戦だ。2018年の2着馬フィエールマンが次走で菊花賞を制したように、ここを足掛かりに秋の大舞台を目指す3歳馬が熱い戦いを繰り広げてきた。今回は、中山競馬場で行われた2011年を含めた過去10年の結果を分析する。

前走「1着」馬が連勝中

過去10年の出走馬の前走の着順別成績を調べると、連対馬20頭中10頭は前走の着順が「1着」だった。「1着」組は過去4年で3勝を挙げており、2017年は1着と2着、2018年は1着から3着を占めるなど、ここ2年は前走1着馬の活躍が目立っている。ただし、前走で6着以下に敗れていた馬も3着以内に11頭入っており、大敗直後の馬であっても軽視は禁物だろう。〔表1〕

〔表1〕前走の着順別成績(過去10年)
前走の着順 成績 勝率  連対率 3着内率
1着 6-4-2-46 10.3% 17.2% 20.7%
2着 0-2-0-5 0% 28.6% 28.6%
3着 1-1-1-4 14.3% 28.6% 42.9%
4着 1-0-1-8 10.0% 10.0% 20.0%
5着 0-0-0-5 0% 0% 0%
6〜9着 2-2-3-23 6.7% 13.3% 23.3%
10着以下 0-1-3-29 0% 3.0% 12.1%

54から56.5キログラムの馬が優勢

過去10年の負担重量別成績では、優勝馬10頭はいずれも「54キログラム」から「56.5キログラム」だった。「53キログラム」の馬は7頭が3着以内に入っておりノーマークは禁物だろうが、「52キログラム以下」と「57キログラム」だった馬は全て4着以下に敗れている。〔表2〕

〔表2〕負担重量別成績(過去10年)
負担重量 成績 勝率 連対率 3着内率
52kg以下 0-0-0-25 0% 0% 0%
53kg 0-3-4-32 0% 7.7% 17.9%
54kg 6-1-2-30 15.4% 17.9% 23.1%
55〜56.5kg 4-6-4-28 9.5% 23.8% 33.3%
57kg 0-0-0-5 0% 0% 0%

直近の勝利レースの条件・単勝人気に注目

過去10年の出走馬について、過去3走以内における、新馬・未勝利を除く直近勝利時の単勝人気別成績をまとめると、優勝馬10頭中9頭は該当したレースで3番人気以内だった。なお、過去3走以内に新馬・未勝利以外のレースを勝利していなかった馬は、2014年にウインマーレライが優勝しているが、同馬は6走前に「500万下」を1番人気で勝利しており、過去10年で通算1勝馬がラジオNIKKEI賞を制した例はない。〔表3〕

〔表3〕過去3走以内における新馬・未勝利を除いた直近勝利時の単勝人気別成績(過去10年)
単勝人気 成績 勝率  連対率 3着内率
1番人気 6-2-3-27 15.8% 21.1% 28.9%
2番人気 1-4-0-18 4.3% 21.7% 21.7%
3番人気 2-0-1-8 18.2% 18.2% 27.3%
4番人気 0-1-1-12 0% 7.1% 14.3%
5番人気 0-1-0-7 0% 12.5% 12.5%
6番人気以下 0-0-2-14 0% 0% 12.5%
勝利なし 1-2-3-34 2.5% 7.5% 15.0%
ウインファイブ対象レース
勝ち馬を探せ! FOR THE WIN

直近で敗れたレースでのタイム差をチェック

過去10年の優勝馬10頭について、直近で敗れたレースでの勝ち馬とのタイム差を調べると、2011年以降の優勝馬8頭は、デビューから無敗でのラジオNIKKEI賞優勝となった馬が2頭、直近敗戦時の勝ち馬とのタイム差が「0秒5以内」だった馬が6頭となっている。2009年と2010年はタイム差が「0秒6以上」だった馬が優勝しているが、近年は直近で敗戦したレースにおいて、勝ち馬に大きく離されていなかった馬が勝利をつかんでいる。〔表4〕

(河野 道夫)

〔表4〕優勝馬の直近敗戦時の勝ち馬とのタイム差(過去10年)
年度 優勝馬 勝ち馬とのタイム差(着順)
2009年 ストロングガルーダ 0秒6(8着)
2010年 アロマカフェ 0秒8(4着)
2011年 フレールジャック 無敗
2012年 ファイナルフォーム 0秒1(3着)
2013年 ケイアイチョウサン 0秒5(7着)
2014年 ウインマーレライ 0秒3(8着)
2015年 アンビシャス 0秒1(3着)
2016年 ゼーヴィント 0秒3(3着)
2017年 セダブリランテス 無敗
2018年 メイショウテッコン 0秒4(5着)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: