今週の注目レース

ラジオNIKKEI賞(GⅢ)

福島競馬場 1800メートル(芝)ハンデ 3歳オープン

出走馬情報

注記:1勝クラス・2勝クラス・3勝クラスは、従来の500万円以下・1000万円以下・1600万円以下。

ディキシーナイト

牡3歳

調教師:国枝栄(美浦)

  • 父:ダイワメジャー
  • 母:カメリアローズ
  • 母の父:ホワイトマズル
ここに注目!

前走のスプリングS(3着)後に脚元の不安を発症し、ここは約3か月半の休養明け。500キログラムを優に超える大型馬で、仕上がりがポイントになるが、帰厩後は坂路を中心に入念な乗り込みを消化。ひと追いごとに馬体が引き締まっており、力は出せる態勢は整っていそうだ。

今年初戦のジュニアC(リステッド。中山・芝1600メートル)は、直線でしぶとく脚を伸ばして勝ち馬から0秒2差の3着。続くクロッカスS(リステッド。東京・芝1400メートル)では、外を回るレース運びから、ラスト100メートル付近で先頭を捕らえて2勝目を挙げた。前走のスプリングSは、好スタートを決めて好位を追走。残り600メートル付近からジワッと押し上げて4コーナーで先頭へ並びかけると、直線は勝ったエメラルファイトと併せるように伸びてアタマ+クビ差の3着に惜敗した。2歳時の500万下・きんもくせい特別(福島・芝1800メートル)で4着に敗れているように、広いコースがベストかもしれないが、展開に左右されない自在性があり、ここは主役候補に挙げられる。

ランスオブプラーナ

牡3歳

調教師:本田優(栗東)

  • 父:ケープブランコ
  • 母:マイプラーナ
  • 母の父:マンハッタンカフェ
ここに注目!

クラシック三冠1戦目の皐月賞は大敗(18着)を喫したものの、毎日杯を制したメンバー中唯一の重賞ウイナー。スピードを生かした先行力が持ち味で、200メートルの距離短縮とコース替わりは歓迎材料だろう。展開の鍵を握る本馬の動向から目が離せない。

重賞初挑戦となった今年2月のきさらぎ賞では、8頭立ての7番人気という低評価を覆して3着に好走。続く500万下・アルメリア賞(阪神・芝1800メートル)で2勝目を挙げ、前々走の毎日杯では、スローペースの逃げに持ち込むと、直線はウーリリ(2着)以下の追い上げを振り切って鮮やかに逃げ切り、重賞タイトルを獲得した。前走の皐月賞も同型を制して果敢にハナを奪ったが、前半1000メートル通過タイム59秒1と淀みのない流れ。後続のプレッシャーも厳しく、直線で失速して18着と敗れたが、強敵にもまれた経験は今後につながりそうだ。今回はハンデ戦で他馬との斤量差は鍵だが、休養で連戦の疲れを癒やし、調教では好調時と遜色のない動きを見せており、本領発揮が期待される。

レッドアネモス

牝3歳

調教師:友道康夫(栗東)

  • 父:ヴィクトワールピサ
  • 母:マチカネハヤテ
  • 母の父:サクラバクシンオー
ここに注目!

2歳時にメイクデビュー新潟(芝1600メートル)、500万下・サフラン賞(中山・芝1600メートル)と無傷の2連勝を飾った素質馬。前走の白百合S(リステッド。京都・芝1800メートル)で3勝目を挙げて、再び上昇ムード。勢いに乗って重賞タイトル獲得を狙う。

今年初戦の紅梅S(リステッド。京都・芝1400メートル)では、直線でジワジワと脚を伸ばして4着。15着と大敗したフィリーズレビューは、レース後に岩田康誠騎手が「他馬を怖がって外へ外へと行ってしまいました」と語ったように、まったく能力を出せなかった。チークピーシーズ着用で臨んだ前々走のスイートピーS(リステッド。東京・芝1800メートル)は、決め手勝負で後れを取ったものの、しぶとく逃げ粘って勝ち馬から0秒4差の4着。前走の白百合S(リステッド。京都・芝1800メートル)では、3番手のインを進み、直線で馬群の内から鮮やかに抜け出して快勝した。前走ではスローペースの瞬発力比べにも対応。脚質に幅が出てきたことは収穫で、重賞でも遜色のない競馬ができそうだ。

ブレイキングドーン

牡3歳

調教師:中竹和也(栗東)

  • 父:ヴィクトワールピサ
  • 母:アグネスサクラ
  • 母の父:ホワイトマズル
ここに注目!

前走の京都新聞杯(6着)以来約2か月ぶりの実戦になるが、本レースに照準を合わせて調整はすこぶる順調。これまで京都2歳S2着、ホープフルS5着、弥生賞3着と、今回のメンバーでは実績上位の存在で、あっさり勝っても不思議はない。

ホープフルS5着以来約2か月ぶりの実戦となった弥生賞は、離れた後方を追走し、3コーナー過ぎで馬群に取りつくと、直線では重馬場を苦にせずしぶとく脚を伸ばして勝ち馬から0秒4差の3着に好走した。前々走の皐月賞は、不完全燃焼の11着。チークピーシーズを着用した前走の京都新聞杯は、じっくり脚をためて後方待機策。直線で外へ出されてジワジワと差を詰めてきたが、前が残る展開で末脚不発の6着という結果だった。昨年6月のメイクデビュー阪神(芝1800メートル、1着)でアドマイヤジャスタ(2着、その後ホープフルSで2着)を撃破し、京都2歳Sでは2着とポテンシャルの高さは証明済み。小回りコースへの対応は鍵だが、本来のパフォーマンスを発揮できれば、巻き返しが可能だろう。

ウインゼノビア

牝3歳

調教師:青木孝文(美浦)

  • 父:スクリーンヒーロー
  • 母:ゴシップクイーン
  • 母の父:フレンチデピュティ
ここに注目!

2歳時は未勝利(東京・芝1600メートル)、オープン特別・クローバー賞(札幌・芝1500メートル)を連勝。アルテミスSでは4着に入った素質馬だ。今年2戦の成績は少し物足りないが、機動力を生かせる福島コースは歓迎材料と言え、がらり一変も可能だろう。

昨年12月の阪神ジュベナイルフィリーズ13着後は、休養でじっくり立て直しを図り、復帰初戦となった前々走のフローラSでは、好スタートを決めて好位3番手のインを追走。休み明けが影響したのかラスト100メートルで甘くなったが、見せ場十分の走り(7着)を見せた。前走のオークスは、後方に控えて脚をためていたが、速い流れの消耗戦になり、直線の伸び脚を欠いて13着と大敗。鞍上の松岡正海騎手はレース後に「距離が長かったですね」と語っており、敗因は明らかだ。中間は中5週のローテーションでオークスの疲労回復に努めてから、本レースを目標に熱心な乗り込みを消化。素質馬はそろったが、2歳時の戦績を踏まえれば、ポテンシャルは互角以上だ。距離短縮であらためて注目したい。

マイネルサーパス

牡3歳

調教師:高木登(美浦)

  • 父:アイルハヴアナザー
  • 母:マイネアクティース
  • 母の父:タマモクロス
ここに注目!

昨秋の500万下・きんもくせい特別(福島・芝1800メートル)では、ダノンチェイサー(2着、その後きさらぎ賞を優勝)を退けて、2歳コースレコードとなる1分46秒2で見事に優勝。前走の日本ダービー(11着)で強敵にもまれた経験を、ここで生かしたい。

昨年12月の朝日杯フューチュリティS(10着)以来約5か月ぶりの実戦となった前々走のプリンシパルS(リステッド。東京・芝2000メートル)では、休み明けも影響したのか、直線の伸びを欠いて9着に敗れた。前走の日本ダービーは、中団馬群のインを追走。3コーナー過ぎからダノンキングリー(2着)を追うようにポジションを押し上げて見せ場を作っており、11着の着順ほど内容は悪くなかった。騎乗した丹内祐次騎手が「いい競馬ができましたが、距離は少し長かったかもしれません」と敗因を挙げており、今回の距離短縮はプラス材料だろう。2歳時に比べて気性面が成長しており、休養明け3戦目で状態はさらに上向き。実績馬とのハンデ差も生かして、上位争いに加わりたい。

ヒシイグアス

牡3歳

調教師:堀宣行(美浦)

  • 父:ハーツクライ
  • 母:ラリズ
  • 母の父:Bernstein
ここに注目!

前走のスプリングSは、大幅に馬体重を減らしていたうえに、パドックも2人引きでテンションが高かったが、勝ち馬から0秒2差の5着に入った。この中間は、約3か月半の休養で心身共にリフレッシュ。当日の気配は鍵だが、落ち着きがあれば能力全開が期待できそうだ。

昨年11月のメイクデビュー東京(芝1800メートル)は、勝ったラストドラフト(次走で京成杯を優勝)の瞬発力に屈してアタマ差の2着に敗れたが、2戦目の未勝利(中山・芝2000メートル)を逃げ切って3馬身差の快勝。続く500万下・若竹賞(中山・芝1800メートル)も、後続をクビ差振り切って2連勝を飾った。前走のスプリングSは、クリノガウディー(6着)を行かせて2番手を追走。後続にプレッシャーをかけられる厳しい展開だったが、最後までしぶとく粘って5着に入り、能力の片りんを示した。今回は約3か月半の休み明けだが、1週前追い切りで好タイムをマークして、仕上がりの良さをアピール。母はアルゼンチンの重賞勝ち馬で血統も筋が通っており、ここを飛躍の足掛かりとしたい。

インテンスライト

牡3歳

調教師:菊沢隆徳(美浦)

  • 父:エイシンフラッシュ
  • 母:スコルピオンキッス
  • 母の父:French Deputy
ここに注目!

20日に美浦南Wコースで行われた1週前追い切りでは、馬場の内めを回ったとはいえ、5ハロン65秒5の好タイムを出して体質強化をアピール。折り合い面を踏まえれば前走から200メートルの距離短縮はプラス材料で、重賞でも能力は引けを取らない。

今年初戦の500万下(中山・芝2000メートル)は8着に敗れたが、続く500万下・セントポーリア賞(東京・芝1800メートル)で4着に健闘。前々走の500万下(中山・芝1600メートル)では、好スタートを決めて先行し、直線の入り口で早めに先頭へ躍り出ると、力強く押し切って快勝した。前走のプリンシパルS(リステッド。東京・芝2000メートル)は、中団馬群で折り合いに専念。上位馬とはコース取りの差も出たものの、直線でしぶとく脚を伸ばして勝ち馬から0秒3差の4着に入り、能力の高さを示した。2歳時と比べて腰、トモがしっかりしてきたことでスタートが上達し、安定感もアップ。今回は重賞で相手強化の一戦になるが、展開に左右されない自在性があり、侮れない存在だ。

(京増 真臣)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: