今週の注目レース

安田記念(GⅠ)

東京競馬場 1600メートル(芝)定量 3歳以上オープン

データ分析関連動画

上半期のマイル王者決定戦

2013年から3年連続で単勝1番人気馬が優勝したものの、2016年以降の3年間は、いずれも単勝7番人気以下の馬が勝利を収めている。過去10年間で見ても、3着以内に入った単勝6番人気以下の馬は15頭を数え、人気薄の馬からも目が離せない一戦となっている。上半期のマイル王を決定するこの一戦に、どのような傾向があるのか、過去10年の結果から分析する。

前走の単勝人気をチェック

過去10年の出走馬について、前走の単勝人気別成績を調べると、優勝馬10頭中5頭は前走で1番人気だった。好走率では「4番人気」組が「1番人気」組を上回り、「2番人気」組も連対率と3着内率で「1番人気」組を上回っている。なお、「6から9番人気」組は5頭が3着以内に入っているが、「10番人気以下」組は全て4着以下に敗れており、前走で極端な下位人気だった馬は苦戦が続いている。前走の単勝人気にも注目してみる価値はありそうだ。〔表1〕

〔表1〕前走の単勝人気別成績(過去10年)
前走の単勝人気 成績 勝率  連対率 3着内率
1番人気 5-1-3-27 13.9% 16.7% 25.0%
2番人気 1-3-2-10 6.3% 25.0% 37.5%
3番人気 0-1-1-17 0% 5.3% 10.5%
4番人気 2-1-1-8 16.7% 25.0% 33.3%
5番人気 0-1-1-17 0% 5.3% 10.5%
6〜9番人気 1-2-2-24 3.4% 10.3% 17.2%
10番人気以下 0-0-0-17 0% 0% 0%
前走が海外のレース 1-1-0-20 4.5% 9.1% 9.1%

近年の傾向から6歳以上の馬に警戒

過去10年の年齢別成績では、「7歳以上」の馬は優勝がない。好走率では、3頭しか出走していない「3歳」組を除けば、4歳から6歳の3組に大きな差は見られない。ただし、過去5年に限れば、3着以内馬15頭のうち、4歳馬が4頭、5歳馬が2頭、6歳以上の馬が9頭となっており、昨年こそ4歳馬が1着から3着を独占したものの、近年は6歳以上の馬の好走が多くなっている。〔表2〕

〔表2〕年齢別成績(過去10年)
年齢 成績 勝率  連対率 3着内率
3歳 1-0-0-2 33.3% 33.3% 33.3%
4歳 2-3-2-26 6.1% 15.2% 21.2%
5歳 3-3-3-43 5.8% 11.5% 17.3%
6歳 4-2-4-40 8.0% 12.0% 20.0%
7歳 0-2-1-18 0% 9.5% 14.3%
8歳 0-0-0-11 0% 0% 0%

前走の負担重量にも傾向が

過去10年の出走馬について、牡・せん馬と牝馬に分けて前走の負担重量別に成績を調べると、牡・せん馬では、ハンデ戦、別定戦とレースによって違いはあるものの、前走の負担重量が重いほど好走率が高くなっており、牡・せん馬の3着以内馬延べ28頭中21頭は56.5キログラム以上だった。牡・せん馬の場合は、前走の斤量が56.5キログラム以上だった馬を重視したい。なお、牝馬は過去10年で13頭が出走しているが、いずれも前走がヴィクトリアマイル(斤量55キログラム)だった。〔表3〕〔表4〕

注記:表は横にスクロールすることができます。

〔表3〕牡・せん馬の前走の負担重量別成績(過去10年)
前走の負担重量 成績 勝率  連対率 3着内率
54kg以下 0-0-0-1 0% 0% 0%
55〜56kg 1-1-5-42 2.0% 4.1% 14.3%
56.5〜57.5kg 6-5-4-69 7.1% 13.1% 17.9%
58kg以上 2-3-1-17 8.7% 21.7% 26.1%
〔表4〕牝馬の前走の負担重量別成績(過去10年)
前走の負担重量 成績 勝率  連対率 3着内率
55kg 1-1-0-11 7.7% 15.4% 15.4%

前走の4コーナーの位置に注目

過去10年の出走馬について、前走の4コーナーの位置別に成績をまとめると、優勝馬10頭中5頭は前走の4コーナーを「10番手以下」で通過していた。好走率を見ると、連対率と3着内率で「7から9番手」と「10番手以下」の2組が上位となっている。前走で4コーナーを7番手以下で通過していた馬は、今年も注目してみたい。〔表5〕

〔表5〕前走の4コーナーの位置別成績(過去10年)
前走の4コーナーの位置 成績 勝率  連対率 3着内率
1〜3番手 1-2-2-32 2.7% 8.1% 13.5%
4〜6番手 1-2-2-31 2.8% 8.3% 13.9%
7〜9番手 2-2-3-27 5.9% 11.8% 20.6%
10番手以下 5-3-3-30 12.2% 19.5% 26.8%
前走が海外のレース 1-1-0-20 4.5% 9.1% 9.1%
ウインファイブ対象レース
勝ち馬を探せ! FOR THE WIN

過去2走の単勝人気を比較すると

過去10年の優勝馬10頭について、前々走と前走の単勝人気を比較すると、過去2走で海外のレースに出走していた3頭を除くと、残る7頭は全て“前々走と前走の単勝人気が同じ”か“前々走より前走の単勝人気が上位”となっている。また、10頭中9頭は、直近で出走した国内のレースでの単勝人気が「5番人気以内」だった。これらに該当する馬がいれば、軽視禁物だろう。〔表6〕

(河野 道夫)

〔表6〕優勝馬の前々走と前走の単勝人気(過去10年)
年度 優勝馬 前々走 前走
2009年 ウオッカ 海外のレース 1番人気
2010年 ショウワモダン 7番人気 6番人気
2011年 リアルインパクト 4番人気 4番人気
2012年 ストロングリターン 2番人気 2番人気
2013年 ロードカナロア 1番人気 1番人気
2014年 ジャスタウェイ 2番人気 海外のレース
2015年 モーリス 1番人気 1番人気
2016年 ロゴタイプ 5番人気 4番人気
2017年 サトノアラジン 海外のレース 1番人気
2018年 モズアスコット 2番人気 1番人気

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: