今週の注目レース

京都競馬場 1200メートル(芝)別定 3歳オープン

出走馬情報

ディアンドル

牝3歳

調教師:奥村豊(栗東)

  • 父:ルーラーシップ
  • 母:グリューネワルト
  • 母の父:スペシャルウィーク
ここに注目!

キャリア5戦全てで芝1200メートルに出走しているように、この距離への経験値は高い。4勝、2着1回と戦績もほぼパーフェクト。唯一の敗戦となったデビュー戦も、勝ち馬とタイム差なしの僅差だった。今回が重賞初挑戦とはいえ、十分通用していい実力の持ち主と言えるだろう。

前走のマーガレットS(リステッド。阪神・芝1200メートル)は、スタートしてすぐに3番手の位置を取ると、道中はリズムよく追走し、余裕を持って直線へ。鞍上の仕掛けに鋭く反応すると、残り200メートル付近で先頭に立ち、力強い脚取りで差を広げた。最後は2着馬に1馬身3/4差をつけて、見事に4連勝を飾った。前々走のオープン特別・クリスマスローズS(中山・芝1200メートル)でも、8枠14番の大外枠から鞍上がうながして行くと、楽に2番手を奪うスピードを披露。直線に入っても最後まで脚が鈍ることなく、2着以下に2馬身差をつけ、断然の1番人気に応えて勝利した。安定したレースぶりから、初めての重賞挑戦でも大きく崩れることは考えづらい。

ディープダイバー

牡3歳

調教師:大久保龍志(栗東)

  • 父:ブラックタイド
  • 母:シアージュ
  • 母の父:Raven's Pass
ここに注目!

昨年暮れの朝日杯フューチュリティS5着を含め、デビュー以来11戦を消化して掲示板(5着以内)を外したことがないという堅実ぶりは、大きな武器だろう。前々走が唯一の1200メートル戦の経験だが、2馬身差の完勝を演じており、適性の高さも示している。

前走の橘S(リステッド。京都・芝1400メートル)は、中団でレースを進め、直線では馬場の内めから馬群をさばきながら差し脚を伸ばして、ゴール直前で差し切った。上がり3ハロンタイムは、メンバー中最速の33秒5(以下推定)をマーク。特に、残り100メートルの伸び脚は目を見張るものがあり、2着馬との着差はクビでも、脚色では完全に勝っていた。近2走連続で上がり3ハロン最速をマークしているように、末脚に磨きがかかってきた印象だ。昨年暮れの朝日杯フューチュリティSでは、勝ち馬から0秒8離されたものの、先行策から5着に踏ん張っており、ここなら地力は上と言えるだろう。差す戦法が固まった今なら、重賞初制覇を果たしても驚けない。

アウィルアウェイ

牝3歳

調教師:高野友和(栗東)

  • 父:ジャスタウェイ
  • 母:ウィルパワー
  • 母の父:キングカメハメハ
ここに注目!

近走こそ結果を出せていないが、デビュー2連勝でオープン特別を勝ち、続く京王杯2歳Sでも2着を確保と、実績ならこのメンバーでも上位の存在だろう。新馬戦を勝って以来となる芝1200メートルの距離もプラスに働きそうで、ここでうっぷんを晴らす走りを見せたい。

半兄は、今年の東京新聞杯を制し、来週の安田記念に出走を予定しているインディチャンプ(父ステイゴールド)。祖母トキオリアリティーの産駒には、3歳時に安田記念を制したリアルインパクトや、香港でG1を勝ったネオリアリズムがいるなど、底力にあふれる牝系だ。本馬も、この母系とGⅠ3勝を挙げた父の双方から、高い能力と切れ味を受け継いでおり、重賞を勝てるだけの実力馬と言えるだろう。前走の桜花賞は10着に敗れたとはいえ、レースの前半600メートル通過タイムが35秒4という緩い流れになり、後方からではさすがに差し届かなかった。また、前向きな気性から、マイルの距離もやや長いように見えた。今回は、距離短縮でエンジン全開といきたい。

ドゴール

牡3歳

調教師:黒岩陽一(美浦)

  • 父:サクラプレジデント
  • 母:ガイヤール
  • 母の父:ブラックタイアフェアー
ここに注目!

母は、ダート戦とはいえ全3勝のうち2勝を1200メートル、1勝を1000メートルで挙げたように、高い短距離適性を見せていた。半姉フェアラフィネ(父デュランダル)も芝1200メートルで勝ち星を挙げており、本馬も初めての距離で新境地を見せられそうだ。

前走のファルコンSは、好スタートを決めると、道中は4、5番手を追走。やや行きたがる面を見せながらも、前を射程圏に入れながら直線へ向いた。しかし、追い出されてから反応できず、前が壁になってバランスを崩すシーンがあるなど消化不良なレースぶりで、11着に敗れた。推定上がり3ハロンタイム1位の馬と2位の馬がそのまま1着、2着となったことから、結果的に後方待機勢に向く流れになったことも影響したようだ。前々走のクロッカスS(リステッド。東京・芝1400メートル)で、2番手追走から3着に好走した一方、デビュー2戦目のサウジアラビアロイヤルCでは、推定上がり3ハロン最速の末脚で2着に追い上げており、今回もスタート次第でレースぶりが変わりそうだ。

アスターペガサス

牡3歳

調教師:中竹和也(栗東)

  • 父:Giant's Causeway
  • 母:R Heat Lightning
  • 母の父:Trippi
ここに注目!

近走こそ着順がひと息も、メンバー中唯一の重賞勝ち馬という実績を持っており、巻き返すだけの能力はあるはず。今回は、その函館2歳S(1着)以来となる芝1200メートル戦。この距離では2戦2勝の好成績を残しているので、変わり身は十分に見込めるだろう。

前走の橘S(リステッド。京都・芝1400メートル)は、中団でレースを進めたが、首を振って少し行きたがる場面。直線入り口では勝ち馬の近くを走っていたが、弾けることができず13着と敗れた。前々走からマイナス12キログラムと馬体重を減らしていたことも、精神面に影響したのかもしれない。レースぶりを見る限り、今回の距離短縮はこの馬にとってプラス材料となりそう。デビュー2戦目の函館2歳Sは、4コーナーではまだ後方に待機していたが、直線一気の末脚でまとめて差し切り優勝。高いスプリント能力はこのレースぶりからも明らかで、条件が替われば、世代最初の重賞ウイナーとしての実力をしっかりと発揮できそうだ。

ニホンピロヘンソン

せん3歳

調教師:安達昭夫(栗東)

  • 父:ルーラーシップ
  • 母:ニホンピロアブミ
  • 母の父:コマンダーインチーフ
ここに注目!

今回が初めての芝1200メートル戦となるが、祖母ニホンピロクリアは小倉3歳S(現小倉2歳S)で3着に好走するなど、豊富な短距離実績を残している。本馬も、血統的には条件替わりが起爆剤となる可能性がある。

前走のシンザン記念は、道中で自ら動いていったものの、直線で失速。結果は12着だったが、直線途中で走りのフォームがバラバラになるなど、能力というよりは馬自身が競馬をやめていたような印象だった。さらに、先行馬のほとんどが失速しているように、前に行った馬にとって厳しいペースだったことも明らかだろう。前々走の朝日杯フューチュリティSも15着に敗れはしたが、道中で一気にポジションを押し上げるスピードを見せていた。レースぶりから気難しさを見せており、ここは去勢手術明けの一戦。ひと息で走れるスプリント戦への初出走で新味を出すことができるのか、注目される。

メイショウケイメイ

牝3歳

調教師:南井克巳(栗東)

  • 父:ワークフォース
  • 母:メイショウアキシノ
  • 母の父:デュランダル
ここに注目!

近親にマイル重賞勝ちを含む6勝を挙げたエクセラントカーヴがいるなど、豊富なスピードを誇る牝系の出身。1200メートルで2勝、1400メートルで1勝という本馬の成績も納得の血筋だ。結果こそ出なかったが、2度のGⅠ挑戦も糧となるだろう。

前走の桜花賞は、好スタートを切ると一瞬はハナを奪いかけたが、外のプールヴィル(6着)が先手を主張したこともあって、2、3番手に収まった。直線半ばまでは上位をうかがう位置を守っていたが、最後は失速して12着。とはいえ、早めに後続の追い上げにあう厳しい展開に加え、マイルの距離もやや長かった印象。さらに、GⅠだったことも考えれば、巻き返しの余地はあるだろう。前々走のフィリーズレビューでは、勝ち馬と0秒2差の5着と流れ次第で重賞でも上位争いできる能力があることをすでに証明しており、条件が好転する今回は、持ち前のスピードを存分に生かせそう。自身の競馬を貫けば、結果もついてきそうだ。

(山口 大輝)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: