今週の注目レース

NHKマイルカップ(GⅠ)

東京競馬場 1600メートル(芝)定量 牡・牝 3歳オープン

出走馬情報

グランアレグリア

牝3歳

調教師:藤沢和雄(美浦)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:タピッツフライ
  • 母の父:Tapit
ここに注目!

前走の桜花賞では、早めに先頭を奪うと最後の直線でも脚色は全く衰えず、後続を突き放す形で優勝。好タイムで見事に牝馬クラシック第1戦を制した。今回の東京・芝コースでも2戦2勝と高いパフォーマンスを披露しており、牡馬相手でも主役候補だ。

「前走の桜花賞は早めに動く形になりましたが、最後までスピードが落ちることなく、強い内容で勝利を飾ってくれました。走破タイムも優秀(桜花賞のレースレコード)でしたから、今後の活躍がますます楽しみになりました。その後は在厩して調整を積んでいますが、毛ヅヤはさらに良くなっていますし、今回も不安のない仕上がりで臨めるでしょう。牡馬の一線級相手は楽ではありませんが、広い東京コースならのびのび走れるはずです」と、陣営は本馬のケアに余念がない。東京の芝1600メートルでは、牡馬相手のサウジアラビアロイヤルCを含む2戦2勝で、適性の高さは証明済み。桜花賞とNHKマイルC連勝へ、視界は明るい。

アドマイヤマーズ

牡3歳

調教師:友道康夫(栗東)

  • 父:ダイワメジャー
  • 母:ヴィアメディチ
  • 母の父:Medicean
ここに注目!

前走の皐月賞は4着に敗れたが、正攻法の競馬で0秒4差なら悲観する内容ではないだろう。今回は、過去4戦4勝を誇る芝1600メートルに戻っての一戦。朝日杯フューチュリティSではグランアレグリア(3着)を退けており、ここは2度目のGⅠ制覇のチャンスだ。

「前走の皐月賞(4着)は、もう少し早めに動いて後続を待つ形になれば良かったのですが、大きくは負けていませんし、悲観する内容ではなかったと思います。今回は中2週の競馬になりますが、当初から予定していたローテーションです。疲れは見られず、状態面に不安はありませんから、ここはあらためて期待しています。芝1600メートルへの距離短縮もプラス材料になるでしょう」と、厩舎サイドは2度目のGⅠ制覇に向けて意欲的な姿勢を見せている。昨年は、朝日杯フューチュリティSを含む4戦4勝を記録。今回のメンバーでも実績では上位にランクされる存在だ。芝1600メートルに戻れば、再び頂点へ立つシーンがあるかもしれない。

ファンタジスト

牡3歳

調教師:梅田智之(栗東)

  • 父:ロードカナロア
  • 母:ディープインアスク
  • 母の父:ディープインパクト
ここに注目!

昨年に小倉2歳Sと京王杯2歳Sを優勝。マイル以下のレースでは安定した成績を残している素質馬だ。前走の皐月賞は13着と初めて大敗を喫したが、芝2000メートルの距離が影響した公算が大きい。条件が大きく好転する今回は、あらためて注目したい。

「前走の皐月賞(13着)は、道中の折り合いもついてスムーズな競馬ができましたが、最後の直線ではいつもの末脚を使うことができませんでした。あの内容を見ると、この馬にとって芝2000メートルの距離が少し長かったのかもしれません。ここは今年の3戦目になりますが、疲れはありませんので、あらためて期待を寄せています。マイルならこの馬の持ち味が存分に生きるでしょう」と、厩舎スタッフは条件好転をアピールした。昨年秋に京王杯2歳Sを勝っており、直線の長い東京コースへの対応も可能なタイプ。すでに重賞を5度経験している点も、貴重な財産になるはずだ。前走の敗戦だけで見限るのは早計だろう。

ワイドファラオ

牡3歳

調教師:角居勝彦(栗東)

  • 父:ヘニーヒューズ
  • 母:ワイドサファイア
  • 母の父:アグネスタキオン
ここに注目!

前哨戦のニュージーランドTを逃げ切って優勝。ここは2連勝の勢いに乗っての登場となる。今回はさらに相手が強化されるが、自在性に富んだ脚質は魅力が大きい。一貫してマイル戦を使われてきたローテーションも魅力で、3連勝でのGⅠタイトル奪取を目指す。

「気温の上昇に伴って毛ヅヤが良くなってきましたし、馬に活力があって体調面は良好です。前走のニュージーランドTは、好枠(1枠1番)ということもあって逃げる競馬になりましたが、緩急をつけて中身の濃い走りができたと思います。もちろん、他に逃げたい馬がいれば、好位からでもレースを進められるタイプです。スタートセンスが抜群ですから、自分の取りたいポジションを取れるでしょう。直線の長い東京コースへの不安も感じませんから、GⅠでも好勝負を演じてほしいです」と、陣営は前哨戦の勝利を経てトーンが上がってきた。マイラーとして豊かな才能を示している素質馬が、勢いに乗ってGⅠ制覇に挑む。

ヴィッテルスバッハ

牡3歳

調教師:池上昌和(美浦)

  • 父:ルーラーシップ
  • 母:ケイティーズジェム
  • 母の父:ディープインパクト
ここに注目!

前走のニュージーランドTは3着だったが、最後の直線で見せた豪快な末脚は目を引くものがあった。フットワークの大きなタイプだけに、広くて直線の長い東京に替われば、大きな上積みが見込めるだろう。先行争いが激しくなれば、ゴール前で浮上してきそうだ。

「前走のニュージーランドT(3着)は、最後の直線で目を引く末脚を使ってくれました。流れが落ち着いたこともあり、差し切るまでには至りませんでしたが、重賞でも通用する脚力があることは証明できたと思います。脚質的にも、直線の長い東京コースに替わるのは大きなプラス材料になるでしょう。ただ、GⅠとなると前に行った馬たちも簡単には止まらないと思うので、展開は向いて欲しいですね」と、厩舎スタッフは本馬の豪快な末脚に期待している。まだ重賞のタイトルは獲得しておらず、今回のメンバーに入ると実績では一歩譲るが、自慢の末脚が生きる流れになれば、十分に勝機を見いだせるだろう。

ヴァルディゼール

牡3歳

調教師:渡辺薫彦(栗東)

  • 父:ロードカナロア
  • 母:ファーゴ
  • 母の父:ハーツクライ
ここに注目!

デビュー戦を勝ったあと、2戦目のシンザン記念も優勝。切れ味鋭い末脚と卓越した勝負根性を備えた一頭だ。2番人気に支持された前走のアーリントンCは8着だったが、最後の直線で進路が狭くなるシーンがあった。ここは再度注目が必要だろう。

「前走のアーリントンC(8着)は、最後の直線で窮屈なポジションに入ってしまい、不完全燃焼の一戦になりました。それでも、勝ったイベリスとは0秒2差で、大きくは離されていないので、巻き返しは可能だと思います。少しエンジンの掛かりが遅いタイプですから、直線の長さが十分にある東京コースは合いそうです」と、陣営は捲土重来を期している。デビュー2戦目のシンザン記念を見事な末脚で制しており、能力の高さは証明済み。今回は初の左回りコース、初の長距離輸送など越えるべきハードルは少なくないが、それらを補って余りある素質を秘めた存在と言えるはずだ。

ダノンチェイサー

牡3歳

調教師:池江泰寿(栗東)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:サミター
  • 母の父:Rock of Gibraltar
ここに注目!

昨年12月に500万下・こうやまき賞(中京・芝1600メートル)を勝利すると、今年2月のきさらぎ賞も2馬身差で快勝。高い能力をアピールしている。きさらぎ賞の3着馬と5着馬がのちに重賞を勝っており、その比較からも楽しみな存在だ。

「前走のきさらぎ賞(1着)は、鞍上の川田将雅騎手がうまく乗ってくれました。スムーズに折り合いもついて最後までしっかりした脚を使ってくれたので、収穫の多い一戦になりました。その後は放牧へ出してリフレッシュさせていましたが、4月上旬に栗東トレーニング・センターに帰厩しました。ここへきて着実に成長を遂げていますから、GⅠでも好勝負を演じてほしいです」と、厩舎スタッフは本馬の仕上げに懸命だ。芝2000メートルへ出走した7月のメイクデビュー中京こそ4着だったが、その後は距離を短縮し、安定した成績を残している。今回は約3か月の休養明けになるが、優勝争いに加わってくる可能性は十分あるだろう。

ハッピーアワー

牡3歳

調教師:武幸四郎(栗東)

  • 父:ハービンジャー
  • 母:サクセスシルエット
  • 母の父:ディープインパクト
ここに注目!

昨年夏の札幌開催で早々と2勝目をマークし、秋にはデイリー杯2歳Sで3着に好走。前走のファルコンSでは鮮やかな追い込みを決めて、初の重賞タイトルを獲得した。まだスタートに課題を残すが、瞬発力は一級品。直線の長い東京コースなら、自身の力は出し切れるだろう。

「前走のファルコンS(1着)では、最後の直線で力強い末脚を発揮してくれました。あの内容ならマイルにも対応可能でしょう。今回は馬体重が少し増えているかもしれませんが、成長分がほとんどだと思います。左回りコースで重賞を勝っていることは確かな自信になります。この中間は在厩しての調整しており、すこぶる順調です。あとは長距離輸送を克服できればいいですね」と、陣営は好調キープをアピールしている。ここまで7戦を消化しており、豊富なキャリアを持つ一頭。左回りの芝コースでは2戦2勝の好相性で、磨きをかけた末脚を武器に、GⅠタイトル奪取に挑む。

(片野 昌一)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: