今週の注目レース

高松宮記念(GⅠ)

中京競馬場 1200メートル(芝)定量 4歳以上オープン

データ分析関連動画

春の最強スプリンターを決する戦い

春のスプリント王者を決定する一戦らしく、キンシャサノキセキ、カレンチャン、ロードカナロア、ファインニードルなど、個性豊かな名スプリンターが歴代優勝馬に名を連ねている。過去10年間で10番人気以下の馬の連対は一度もなく、過去3年に限れば連対馬延べ6頭中5頭は単勝3番人気以内で、残る1頭も5番人気だった。阪神競馬場で行われた2011年を含めた過去10年の結果から、レースの傾向に迫っていこう。

シルクロードS組が目下3連勝中

過去10年の出走馬の前走別成績を調べてみると、「阪急杯」・「オーシャンS」・「シルクロードS」の3組が3勝ずつ挙げている。その中でも、好走率が最も高い「シルクロードS」組は、2016年以降3年連続して勝利している。なお、「海外のレース」組の優勝は香港からの遠征馬エアロヴェロシティが2015年に挙げたもので、海外遠征帰りの日本馬は3着(2017年レッドファルクス)が最高だ。〔表1〕

〔表1〕前走別成績(過去10年)
前走 成績 勝率  連対率 3着内率
阪急杯 3-4-2-40 6.1% 14.3% 18.4%
オーシャンS 3-2-4-60 4.3% 7.2% 13.0%
シルクロードS 3-1-3-18 12.0% 16.0% 28.0%
海外のレース 1-0-1-4 16.7% 16.7% 33.3%
フェブラリーS 0-1-0-4 0% 20.0% 20.0%
京都牝馬S 0-1-0-3 0% 25.0% 25.0%
スプリンターズS 0-1-0-1 0% 50.0% 50.0%
その他のレース 0-0-0-17 0% 0% 0%

近走で連対歴のある馬を重視すべき

過去10年の出走馬について、過去3走以内の連対回数別に成績をまとめると、「3回」組が3着内率で46.7%をマークしている。その一方で、「0回」組は延べ64頭が出走し、3着以内に入ったのは2018年2着のレッツゴードンキだけ。近走で連対歴のある馬を重視した方がよさそうだ。〔表2〕

〔表2〕過去3走以内の連対回数別成績(過去10年)
連対回数 成績 勝率  連対率 3着内率
3回 3-2-2-8 20.0% 33.3% 46.7%
2回 3-1-3-21 10.7% 14.3% 25.0%
1回 4-6-5-55 5.7% 14.3% 21.4%
0回 0-1-0-63 0% 1.6% 1.6%

近年は4歳から6歳の馬が優勢

過去10年の年齢別成績をまとめると、連対馬延べ20頭中17頭を4歳から6歳の馬が占めている。7歳以上の馬による3勝はキンシャサノキセキ(2010、2011年)とエアロヴェロシティ(2015年)によるもので、2016年以降の過去3年に限れば、3着以内馬延べ9頭のうち4歳馬が2頭、5歳馬が5頭、6歳馬が2頭と、全て6歳以下の馬となっている。ただし、その中でも6歳馬がこの10年で未勝利である点は気になるところだ。〔表3〕

〔表3〕年齢別成績(過去10年)
年齢 成績 勝率  連対率 3着内率
4歳 2-0-4-30 5.6% 5.6% 16.7%
5歳 5-4-3-33 11.1% 20.0% 26.7%
6歳 0-6-1-36 0% 14.0% 16.3%
7歳 2-0-2-26 6.7% 6.7% 13.3%
8歳以上 1-0-0-22 4.3% 4.3% 4.3%

近走で1400メートル以上の距離を経験している馬に注目

過去10年の出走馬について、過去2走以内における1400メートル以上戦への出走回数別に成績を調べると、連対率では「2回」組と「1回」組が上位となっている。また「2回」組と「1回」組を合わせると延べ96頭が出走して14頭が連対、その一方で「0回」組は延べ81頭が出走して6頭が連対と、出走頭数の差が2割程度しかない中で、「2回」・「1回」組が「0回」組の倍以上連対している。近走で1400メートル以上のレースに出走していたかどうか、チェックしておきたい。〔表4〕

〔表4〕過去2走以内における1400メートル以上戦への出走回数別成績(過去10年)
出走回数 成績 勝率  連対率 3着内率
2回 2-4-2-33 4.9% 14.6% 19.5%
1回 4-4-2-45 7.3% 14.5% 18.2%
0回 4-2-6-69 4.9% 7.4% 14.8%
ウインファイブ対象レース
勝ち馬を探せ! FOR THE WIN

過去4走以内での大敗は1回まで

過去9年の優勝馬延べ9頭はいずれも過去4走で6着以下に敗れた回数が1回以下だった。2015年に優勝した香港からの遠征馬エアロヴェロシティも、これに該当している。今年も近走で大崩れの少ない馬が優勝するのか、注目してみたいところだ。〔表5〕

(河野 道夫)

〔表5〕優勝馬の過去4走の着順(過去9年)
年度 優勝馬 4走前 3走前 2走前 前走
2010年 キンシャサノキセキ 12着 1着 1着 1着
2011年 キンシャサノキセキ 2着 13着 1着 2着
2012年 カレンチャン 1着 1着 5着 4着
2013年 ロードカナロア 2着 1着 1着 1着
2014年 コパノリチャード 1着 4着 10着 1着
2015年 エアロヴェロシティ 1着 14着 1着 2着
2016年 ビッグアーサー 1着 2着 3着 5着
2017年 セイウンコウセイ 13着 1着 1着 2着
2018年 ファインニードル 5着 1着 12着 1着

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: