今週の注目レース

毎日杯(GⅢ)

阪神競馬場 1800メートル(芝・外)別定 3歳オープン

データ分析関連動画

ここ2年の優勝馬が立て続けにGⅠホースに上り詰めている出世レース

昨年の毎日杯で重賞初制覇を果たしたブラストワンピースは、同年末に有馬記念を制し、2018年度のJRA賞最優秀3歳牡馬に選出された。また、2017年の毎日杯を制したアルアインは、次走の皐月賞でGⅠ制覇を果たしている。さらに、2018年の2着馬ギベオンは同年の中日新聞杯、同3着のインディチャンプは翌年の東京新聞杯、2017年の2着馬サトノアーサーは翌年のエプソムC、同3着のキセキは同年の菊花賞、同4着のプラチナムバレットは同年の京都新聞杯を制し、それぞれ重賞ウイナーとなった。今年のクラシック戦線はもちろん、来年以降の古馬重賞戦線を占う上でも見逃せない重要な一戦だ。今回は過去10年のレース結果から、好走馬に共通するポイントを分析してみたい。

通算出走数に注目

過去10年の3着以内馬30頭中27頭は、通算出走数が「2から5戦」だった。一方、「1戦」の馬は全て4着以下に敗れており、「6戦以上」の馬も3着内率が8.1%にとどまっている。“キャリア2から5戦”の馬を重視すべきだろう。〔表1〕

〔表1〕通算出走数別成績(過去10年)
通算出走数 成績 勝率 連対率 3着内率
1戦 0-0-0-7 0% 0% 0%
2〜5戦 9-10-8-55 11.0% 23.2% 32.9%
6戦以上 1-0-2-34 2.7% 2.7% 8.1%

過去の実績を素直に評価したい

過去10年の3着以内馬30頭中16頭は、“東京・京都・阪神、かつ500万下から上のクラスのレース”において優勝経験のある馬だった。該当馬は3着内率が41.0%に達している。いわゆる“ローカル場”や中山競馬場でしか500万下から上のクラスのレースを勝った経験がない馬は苦戦しているものの、中山を除く“4大場”で500万下から上のクラスのレースを勝った経験のある馬は信頼できるようだ。〔表2〕

〔表2〕“東京・京都・阪神、かつ500万下から上のクラスのレース”における優勝経験の有無別成績(過去10年)
優勝経験の有無 成績 勝率 連対率 3着内率
あり 5-5-6-23 12.8% 25.6% 41.0%
なし 5-5-4-73 5.7% 11.5% 16.1%

なお、“東京・京都・阪神、かつ500万下から上のクラスのレース”において優勝経験がなかった馬のうち、“同年かつJRAのオープンクラスの芝のレース”において5着以内に入った経験もなかった馬は、3着内率4.8%と苦戦している。中山を除く“4大場”で500万下から上のクラスのレースを勝った経験がなく、年明け以降にオープンクラスの芝のレースで5着以内に入ったこともない馬は、思い切って評価を下げたい。〔表3〕

〔表3〕“東京・京都・阪神、かつ500万下から上のクラスのレース”において優勝経験がなかった馬の、“同年かつJRAのオープンクラスの芝のレース”において5着以内に入った経験の有無別成績(過去10年)
経験の有無 成績 勝率 連対率 3着内率
あり 5-2-4-14 20.0% 28.0% 44.0%
なし 0-3-0-59 0% 4.8% 4.8%

馬体重の軽い馬は過信禁物

前走の馬体重別成績を調べると、「470キログラム未満」の馬は3着内率13.3%とやや苦戦している。ちなみに、優勝を果たしたのは2012年のヒストリカルが最後で、連対を果たしたのは2014年2着のエイシンブルズアイが最後である。馬体重の軽い馬は苦戦する可能性が比較的高いと見るべきだろう。〔表4〕

〔表4〕前走の馬体重別成績(過去10年)
前走の馬体重 成績 勝率 連対率 3着内率
470kg未満 1-2-3-39 2.2% 6.7% 13.3%
470kg以上 9-8-7-57 11.1% 21.0% 29.6%

近年は前走から「中2週以内」の馬が不振

過去5年の3着以内馬15頭中、2016年3着のタイセイサミットを除く14頭は、前走との間隔が「中3週以上」だった。2013年以前は前走から「中2週以内」の馬も好走していたが、近年の傾向を重視するならば、前走との間隔が極端に詰まっている馬は割り引きたいところだ。〔表5〕

(伊吹 雅也)

〔表5〕前走との間隔別成績(過去5年)
前走との間隔 成績 勝率 連対率 3着内率
中2週以内 0-0-1-15 0% 0% 6.3%
中3週以上 5-5-4-27 12.2% 24.4% 34.1%

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: