今週の注目レース

中日スポーツ賞ファルコンステークス(GⅢ)

中京競馬場 1400メートル(芝)別定 3歳オープン

出走馬情報

ヴァッシュモン

牡3歳

調教師:栗田徹(美浦)

  • 父:Dubawi
  • 母:Daksha
  • 母の父:Authorized
ここに注目!

450キログラム前後の数字以上にボリュームを感じさせる馬体で、走りも実にパワフル。実際、デビュー戦(2着)で重馬場、初勝利を挙げた2戦目では稍重馬場を経験している。仮に雨が降って、他の馬が馬場コンディションを気にするようなら、勝機も拡大するはずだ。

世界中で産駒が活躍している名種牡馬ドバウィの10世代目の産駒となる。昨年9月のメイクデビュー中山(芝1200メートル)こそ2着に敗れたが、続く未勝利(東京・芝1400メートル)を楽勝。3か月弱の休み明けとなった前走のジュニアC(リステッド。中山・芝1600メートル)では、中団待機から外めを回して追い上げ、追ってきたカルリーノ(2着)をクビ差振り切って2連勝を果たした。過去3戦は1200メートル、1400メートル、1600メートルといずれも違う距離だが、ややピッチ走法、かつ、馬体重以上のボリュームを感じる体つきから見て、1400メートルぐらいがベストだろう。約2か月半ぶりの実戦となるが、調整は順調。父の産駒としてはJRAで初となる重賞制覇を狙う。

ハッピーアワー

牡3歳

調教師:武幸四郎(栗東)

  • 父:ハービンジャー
  • 母:サクセスシルエット
  • 母の父:ディープインパクト
ここに注目!

パドックで気合を表に出すタイプ。前々走のデイリー杯2歳S(3着)ではうるさい面を見せていたが、レースではしっかりと走れていたので、少々のイレ込みなら問題ないだろう。むしろ、落ち着き過ぎている方が不安材料になるかもしれない。

中・長距離向きが多いハービンジャー産駒には珍しい短距離タイプだ。過去6戦はいずれも1600メートル以下の距離を使われており、デビュー3戦目の未勝利(中京・芝1400メートル)で初勝利。続くオープン特別・すずらん賞(札幌・芝1200メートル)も差し切って2連勝とした。その後も、初のマイル戦となったデイリー杯2歳Sが勝ち馬から0秒5差の3着、約2か月ぶりだった前走のシンザン記念が同0秒4差の5着。いずれも勝ち負けには加われなかったが、安定した走りを見せている。今回は4戦ぶりの芝1400メートルとなるが、未勝利を勝った距離なので心配なし。これまで常にスタートで後手を踏んでいる点が課題も、差し馬に向く厳しい展開になれば、出番があるはずだ。

イッツクール

牡3歳

調教師:武英智(栗東)

  • 父:アルデバランⅡ
  • 母:タキオンメーカー
  • 母の父:エンパイアメーカー
ここに注目!

過去4回の連対時の馬番は順に5番、3番、1番、1番。6番より外では3戦して全て6着以下なので、現状では内枠がベターだ。キャリアが少ないだけに外枠がマイナスとは決めつけられないが、さすがに多頭数の外枠は避けたいところだろう。

初勝利を挙げた後は4着、1着、6着、9着、2着という成績で、一見すると安定感に欠けるが、6着はダートにチャレンジした兵庫ジュニアグランプリ(JpnⅡ。園田・ダート1400メートル)で、9着は距離が長過ぎた朝日杯フューチュリティSだから、参考外と言えるもの。主戦場としている芝1200メートルと芝1400メートルに限れば、オープン特別・ききょうS(阪神・芝1400メートル)を勝つなど5戦して2勝、2着2回、4着1回と安定した成績を残している。ならば、ここも能力をフルに発揮できるはずだ。昨年3月に開業した新進気鋭の武英智調教師に重賞初勝利をプレゼントできるのか、注目だ。

ドゴール

牡3歳

調教師:黒岩陽一(美浦)

  • 父:サクラプレジデント
  • 母:ガイヤール
  • 母の父:ブラックタイアフェアー
ここに注目!

芝におけるサクラプレジデント産駒は、水分を含んだ馬場状態で成績が良くなる傾向があり、本馬もメイクデビュー新潟(芝1400メートル)勝ちは重馬場だった。今回も、パワーを要求される馬場コンディションになるのは歓迎材料だろう。

昨年9月のメイクデビュー新潟(芝1400メートル)を制すと、次走には一気の相手強化となるサウジアラビアロイヤルCを選択。直線で楽に抜け出した1着グランアレグリアには3馬身1/2離されたものの、メンバー中最速となる上がり3ハロン33秒7(推定)の末脚を繰り出して2着に食い込んだ。続く朝日杯フューチュリティSは12着と大敗したが、前走のクロッカスS(リステッド。東京・芝1400メートル)では、200メートルの距離短縮も奏功したようで勝ち馬から0秒2差の3着に好走した。距離は1600メートルまでは守備範囲だが、現状では1400メートルがベストというイメージ。中京競馬場は初めても、走り慣れた左回りの芝1400メートルなので、問題ないはずだ。好勝負が期待される。

ローゼンクリーガー

牝3歳

調教師:高橋亮(栗東)

  • 父:ノヴェリスト
  • 母:クエルクス
  • 母の父:フジキセキ
ここに注目!

芝1400メートルでは4戦2勝、2着2回と連対率100パーセント。メイクデビュー中京(芝1400メートル)はハイペース、500万下・秋明菊賞(京都・芝1400メートル)ではスローペースでそれぞれ勝っており、展開不問のタイプだ。

昨年7月のメイクデビュー中京(芝1400メートル)を快勝すると、その後はオープン特別・ダリア賞(新潟・芝1400メートル)、500万下・りんどう賞(京都・芝1400メートル)と連続で2着。4戦目となった前々走の500万下・秋明菊賞(京都・芝1400メートル)で牡馬を破って待望の2勝目を手にした。勢いに乗って挑んだ前走の阪神ジュベナイルフィリーズは12着に敗れたが、結果的に芝1600メートルが長過ぎた印象。一線級の壁と決めつけるのは早計だろう。今回は約3か月ぶりの実戦となるが、2月中旬から乗り込まれており、いい仕上がりで挑めそう。重賞で通用するのかどうか、あらためて力試しの一戦となる。

グルーヴィット

牡3歳

調教師:松永幹夫(栗東)

  • 父:ロードカナロア
  • 母:スペシャルグルーヴ
  • 母の父:スペシャルウィーク
ここに注目!

父ロードカナロア、母の父スペシャルウィークの配合は、今年のクラシック有力候補と目されるサートゥルナーリアと同じ。本馬は、前走で馬体重プラス8キログラムと多少余裕があったので、ひと絞りあればベターだろう。

父は名種牡馬への道を着々と歩んでいるロードカナロア、そして曽祖母は名牝エアグルーヴ。近親にも活躍馬がずらりと並んでいる良血馬だ。本馬はメイクデビュー京都(ダート1400メートル)、500万下(東京・ダート1400メートル)とダートで無傷の2連勝中だが、血統的にはむしろ芝で良さが出そうなイメージがある。管理する松永幹夫調教師も「ダートを走るのは間違いないですが、芝でも走れる血統です。試すにはいいタイミングだと思います」と前向きにコメントしている。6日の1週前追い切りでは、栗東坂路で4ハロン51秒2、ラスト1ハロン12秒1の好時計をマークしたように、状態も良さそう。芝で実績を残してきた有力馬をまとめて撃破しても何ら驚けない。

シングルアップ

牡3歳

調教師:寺島良(栗東)

  • 父:キンシャサノキセキ
  • 母:ラフアップ
  • 母の父:クロフネ
ここに注目!

約3か月の休み明けだった前走のマーガレットS(リステッド。阪神・芝1200メートル、3着)はプラス17キログラムの馬体重だったが、もともと腹回りをボテッと見せるタイプなので、太め残りのイメージはなかった。馬体重が前走から減っていなくても、心配はいらないはずだ。

昨年6月にデビューして無傷の2連勝を飾り、続く小倉2歳Sでは1番人気に支持されたが、先行集団から伸び脚を欠いて初黒星となる6着。この一戦でリズムを崩したのか、京王杯2歳Sが7着、兵庫ジュニアグランプリ(JpnⅡ。園田・ダート1400メートル)が7着と、不完全燃焼の結果が続いた。ようやく復調の兆しを見せたのが、前走のマーガレットS(リステッド。阪神・芝1200メートル)で、最後までしぶとく伸びて3着に食い込んだ。管理する寺島良調教師は「馬具の効果で気負う面はマシになっていました」と、手応えを口にしていた。発馬で後手を踏みがちなのが課題だが、そこさえスムーズなら、ここでも上位争いに食い込めるはずだ。

ジャパンスウェプト

牡3歳

調教師:古賀慎明(美浦)

  • 父:スウェプトオーヴァーボード
  • 母:ドルチェメンテ
  • 母の父:フジキセキ
ここに注目!

ダートで2勝を挙げたが、430キログラム台の馬体重や、クッションが利いた繋(つなぎ)から見て、バリバリのダート馬とは考えづらい。牡馬にしてはシュッとした体型なので、馬体重は増えている方がいいだろう。

昨年の千葉サラブレッドセールで、試走では上場馬の中最速となる1ハロン10秒7をマーク。同セールで2番目に高額となる5400万円(消費税込み)で取引された。メイクデビュー中山、500万下(共に中山・ダート1200メートル)と無傷の2連勝を果たし、陣営の期待に応えている。今回は初の芝挑戦となるが、スウェプトオーヴァーボード産駒の活躍馬にはレッドファルクス(芝6勝、ダート4勝)やキョウエイアシュラ(芝3勝、ダート3勝)など、芝ダート兼用馬が多い。また、ノンコノユメを輩出する一方、アイリッシュダンスやハーツクライを送り出している母系からも、芝適性を感じさせる。初の芝という不安を払拭し、無傷の3連勝で重賞初制覇といきたい。

(岡崎 淳)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: