今週の注目レース

フラワーカップ(GⅢ)

中山競馬場 1800メートル(芝)別定 (牝) 3歳オープン

出走馬情報

エールヴォア

牝3歳

調教師:橋口慎介(栗東)

  • 父:ヴィクトワールピサ
  • 母:フィーリングトーン
  • 母の父:ワイルドラッシュ
ここに注目!

デビュー2戦目の未勝利(阪神・芝1800メートル)と前走の500万下・エリカ賞(阪神・芝2000メートル)で2勝を挙げ、2走前にはアルテミスSで3着。今回の顔ぶれでは実績上位で、約3か月余りの休み明けでも主役級の評価が必要になる。

2勝目を飾った前走の500万下・エリカ賞は、出走メンバー中で唯一の牝馬ながら堂々の1番人気に支持されていた。初めて手綱を取った川田将雅騎手がスタートを決めると楽にハナへ。前半1000メートル通過タイム1分02秒2というゆったりした流れに持ち込み、ラスト3ハロンを35秒3でまとめて危なげなく逃げ切った。初めて先手を奪う形でも戸惑うことは全くなく、2着ブラヴァスに1馬身1/2差の完勝。絶対能力の高さと非凡な競走センスを示すパフォーマンスだった。前々走のアルテミスSでは中団後方から3着まで差し込んでおり、メンバーと展開次第で自在に動けるのは大きな強み。初めての出走となる中山・芝コースにも、問題なく対応できる公算が大きい。

コントラチェック

牝3歳

調教師:藤沢和雄(美浦)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:リッチダンサー
  • 母の父:Halling
ここに注目!

半姉のバウンスシャッセ(父ゼンノロブロイ)は現役時代に2014年フラワーCなどGⅢを3勝し、オークスでも3着と活躍した。本馬もこれまで4戦2勝、2着1回、3着1回の好成績。本レースの姉妹制覇なるか、注目だ。

前走の500万下・菜の花賞(中山・芝1600メートル)は、前週に同じ舞台で行われたフェアリーSを抽選の結果出走がかなわず、1週スライドしての自己条件戦だった。デビュー3戦の内容を高く評価され、約3か月半の休み明けでも単勝オッズ1.4倍の断然人気。レースでも期待に違わぬ高レベルな走りを見せ、2着馬に3馬身という決定的な差をつけて悠々と逃げ切った。流れが全く異なるとはいえ、優勝タイムは同じ良馬場で行われたフェアリーSより2秒2も速い1分33秒8。極めて高い評価が必要なパフォーマンスだった。今回の芝1800メートルも3走前の未勝利(札幌)を7馬身差で圧勝しており、距離適性は証明済み。重賞初挑戦でも期待は大きい。

ジョディー

牝3歳

調教師:戸田博文(美浦)

  • 父:ダイワメジャー
  • 母:ミスティークⅡ
  • 母の父:Monsun
ここに注目!

1歳年上の半姉レーツェル(父マンハッタンカフェ)は、長期休養がありながらもデビューから無傷の3連勝をマーク。本馬も前走のクイーンC3着など高レベルな走りを見せており、姉に先んじての重賞初制覇に挑む。

前々走の阪神ジュベナイルフィリーズで16着と大敗していたこともあってか、前走のクイーンCでは9頭立ての7番人気にとどまっていた。スタートはそれほど速くなかったが、鞍上の武藤雅騎手が手綱を押して先手を主張。マイペースの逃げに持ち込み、東京の長い直線を最後まで粘って3着でゴールインした。最後は切れ負けした形も、先着された1着クロノジェネシスと2着ビーチサンバは阪神ジュベナイルフィリーズの2、3着馬。価値ある3着と評価できる。今回は初の芝1800メートル戦になるが、折り合いはスムーズなタイプで、問題なくこなせる可能性が高い。手綱を取って〔2・0・1・0〕と好相性の武藤雅騎手は騎乗停止中で乗れないが、力量的に優勝候補の1頭なのは間違いない。

マルーンベルズ

牝3歳

調教師:萩原清(美浦)

  • 父:ヴィクトワールピサ
  • 母:アスペンアベニュー
  • 母の父:トワイニング
ここに注目!

レース経験馬たちが相手の初陣となった前走の未勝利(東京・芝1800メートル)を、中団追走から鮮やかに差し切り優勝。これは相当な能力がなければできない芸当だ。キャリア1戦での重賞挑戦でも、不安より楽しみの方が断然大きい。

調教でそれほど目立つ動きを見せていなかったことや、既にレース経験がある馬たちが相手のデビュー戦とあってか、前走の未勝利は16頭立ての8番人気とあまり注目されていなかった。レースは最内枠から互角のスタートを決め、前半は控えて中団インを追走。最後の直線では前が壁になって進路を探す形になったが、残り200メートル付近でスペースが開くと強烈な末脚を繰り出し、先行勢を並ぶ間もなく差し切った。初めての実戦でこれだけのパフォーマンスができたのは、非凡な能力の証明だろう。翌日に行われた同距離の新馬戦を断然人気で制したキスラーの優勝タイムが1分50秒1で、これを1秒4も上回る1分48秒7の走破時計も優秀。素質の高さは疑いようがない。

エフティイーリス

牝3歳

調教師:金成貴史(美浦)

  • 父:ルーラーシップ
  • 母:エフティマイア
  • 母の父:フジキセキ
ここに注目!

母エフティマイアは2007年にデビュー3連勝で新潟2歳Sを制し、翌年は桜花賞とオークスで連続2着と牝馬クラシックで大活躍した。本馬は重賞初挑戦だった前走のフェアリーSで4着に敗れたが、まだまだ成長が見込める素質馬だ。

2戦目で初勝利を飾った前々走の未勝利(東京・芝1800メートル)の勝ちっぷりを高く評価され、前走のフェアリーSでは2番人気に支持されていた。レースはスタートで出負けし、先行したデビュー2戦とは一転して後方を追走する展開。鞍上の蛯名正義騎手は早めに外めへ持ち出し、4コーナーでは大外へ。最後の直線ではじわじわと末脚を伸ばして4着でゴールインした。4コーナーですぐ内にいた優勝馬フィリアプーラに切れ負けした形も、タイム差は0秒2。出遅れて初めて経験する展開だった点を考慮すれば、悲観するような負け方ではなかった。フットワークが大きく、長くいい脚を使えるタイプ。距離が200メートル延びるのは歓迎材料で、スムーズな競馬ができれば勝機も十分にあるだろう。

ランブリングアレー

牝3歳

調教師:友道康夫(栗東)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:ブルーミングアレー
  • 母の父:シンボリクリスエス
ここに注目!

母ブルーミングアレーは現役時代に4勝を挙げ、2010年のオークス(7着)にも出走した。デビューから好内容で1、2着ときている本馬は、母の代表産駒となりうる素質馬だ。約3か月半ぶりの出走となる今回、一段と成長した走りが期待される。

前走の500万下・白菊賞(京都・芝1600メートル)は、9頭立てながらも期待馬が集結していた。スタートは互角に出て、道中は縦長の5番手を追走。徐々に差を詰めて最後の直線では早めに先頭へ躍り出たが、外から差してきたラヴズオンリーユー(1着)には抵抗できずに2着でゴールインした。勝ち馬の決め手には完敗の形も、同コースのメイクデビュー京都(1着)から走破時計を3秒4も短縮。中身の濃い2着と評価するべきだろう。前走で初めてチークピーシーズを装着したように、物見をするなど若さを残しているが、身体能力の高さは疑いようがない。ひと息入れて成長を促された今回、スムーズな競馬で能力を出し切れれば、勝機も十分にあるはずだ。

(鳥谷越 明)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: