今週の注目レース

京都記念(GⅡ)

京都競馬場 2200メートル(芝・外)別定 4歳以上オープン

出走馬情報

マカヒキ

牡6歳

調教師:友道康夫(栗東)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:ウィキウィキ
  • 母の父:フレンチデピュティ
ここに注目!

ディープインパクト産駒らしく、京都競馬場が得意。2歳時にメイクデビュー京都(芝1800メートル)、3歳時にオープン特別・若駒S(芝2000メートル)を勝ち、4歳時の京都記念では3着に入っている。2年ぶりに走る舞台で、待望の白星を手にしたい。

3歳時は春に日本ダービーを制し、秋にはフランスへ遠征。凱旋門賞(G1・フランス。芝2400メートル)では14着に敗れたものの、同世代の中心として活躍した。それだけに、4歳以降の低迷は物足りない。4歳時は5戦、5歳時には3戦したが、白星なし。昨秋にしても、天皇賞(秋)が後方から流れ込んだ感じの7着。有馬記念も中団から伸び脚を欠いて10着に敗れた。ただ、強いメンバーと戦い続けてきたことも事実。この2年間、GⅡに限れば一昨年の京都記念が勝ち馬から0秒2差の3着、同年の毎日王冠が同0秒3差の6着、昨年の札幌記念がハナ差の2着だから、決して崩れていない。何としてもここで勝ち、マカヒキ健在をアピールしたい。

パフォーマプロミス

牡7歳

調教師:藤原英昭(栗東)

  • 父:ステイゴールド
  • 母:アイルビーバウンド
  • 母の父:タニノギムレット
ここに注目!

重賞2勝時にマークした自身の推定上がり3ハロンタイムが34秒4と32秒6なので、速い時計が出やすい馬場での決め手比べが得意。逆に稍重と重馬場では5戦して1勝だけ。力の要る馬場コンディションはプラスと言えないタイプだろう。

3歳9月にデビューし、休養を挟みながら3連勝。その後は足踏みした時期もあったが、5歳12月の1600万下・グレイトフルS(中山・芝2500メートル)を制してオープンクラス入りを決めると、続く6歳初戦の日経新春杯も勝ち、重賞ウイナーへと上り詰めた。その後も目黒記念が勝ち馬から0秒1差の3着、アルゼンチン共和国杯では決して理想的ではないスローペースを克服しての差し切り勝ちと、GⅡでは安定した走りを見せている。前走の有馬記念は14着に敗れたが、勝負どころで外を回る形になるなど、流れに乗れなかったイメージ。明けて7歳となったが、「まだ良くなるイメージがあります」と厩舎関係者は語っており、ここを勝って今年はGⅠ戦線でも好勝負を演じたい。

ステイフーリッシュ

牡4歳

調教師:矢作芳人(栗東)

  • 父:ステイゴールド
  • 母:カウアイレーン
  • 母の父:キングカメハメハ
ここに注目!

細身の馬が多いステイゴールド産駒ということを考慮しても、体つきがすっきりと見える。それだけに、前走での馬体増には好感が持てる。調教をしっかりと積んだうえでさらに馬体重が増えているようなら、成長分と捉えていいはずだ。

この馬のベストパフォーマンスが、昨年5月の京都新聞杯。当時は約3か月の休み明けで7番人気での出走だったが、レースでは圧巻のパフォーマンスを見せた。前半1000メートル通過タイムが58秒5という締まった流れを2番手で追走。決して楽な展開ではなかったが、残り300メートル付近で先頭に立つと、そのまま危なげなく押し切って重賞初制覇を果たした。その後は日本ダービーが10着、神戸新聞杯が5着、菊花賞が11着と少し低迷したが、昨年末から復調。チャレンジCで3着に食い込むと、前走の中山金杯では、後方追走から向正面で好位に取りつき、持ち前の持久力を生かして2着に粘り込んだ。今回は京都新聞杯と同じ舞台。得意コースで2つ目の重賞タイトルを手にしたい。

タイムフライヤー

牡4歳

調教師:松田国英(栗東)

  • 父:ハーツクライ
  • 母:タイムトラベリング
  • 母の父:ブライアンズタイム
ここに注目!

後ろ脚の繋(つなぎ)が柔らかくて、いかにも持久力タイプ。実際、オープンクラスを2勝した時のレース全体の上がり3ハロンタイムがそれぞれ37秒2、36秒9だから、終いを要す展開が合っている。ここも、スタミナ比べになればチャンスが広がるだろう。

2歳時は5戦3勝、ホープフルSでは後方から長く脚を使ってGⅠ制覇を果たした。それだけに、昨春の成績は物足りない。圧倒的1番人気に支持された初戦の皐月賞トライアル・若葉S(阪神・芝2000メートル)で5着の後、皐月賞が10着、日本ダービーが11着と2桁着順続き。早熟説も聞こえてきたが、夏場のリフレッシュを挟んで、秋は復調を示した。神戸新聞杯を6着にまとめると、菊花賞では見せ場たっぷりの6着。年明け初戦の中山金杯でも、早めの進出から息切れすることなく勝ち馬から0秒2差の5着に食い下がった。成長力に富んだ馬が多いハーツクライ産駒で、母の全兄はダートで息長く活躍したタイムパラドックス。そろそろ完全復活をアピールする勝利が欲しいところだ。

ノーブルマーズ

牡6歳

調教師:宮本博(栗東)

  • 父:ジャングルポケット
  • 母:アイアンドユー
  • 母の父:Silver Hawk
ここに注目!

パドックでは淡々と周回するので、あまり見映えがしないタイプ。前走の日経新春杯4着時は、腹回りも緩く見えた。実戦を使われて馬体が締まってくれば、前走以上のパフォーマンスを見せられるはずだ。

昨年1月の1600万下・迎春S(中山・芝2200メートル)を制し、デビュー24戦目でオープンクラス入りを決めると、その後も堅実な走り。目黒記念が勝ち馬から0秒1差の惜しい2着、強豪がそろった宝塚記念でも12番人気の低評価を覆して3着に食い込んだ。休養を挟み、秋に復帰後はアルゼンチン共和国杯が9着、ジャパンカップが13着と見せ場を作れなかったが、前走の日経新春杯で0秒2差の4着に健闘し、いよいよ復調してきた印象。管理する宮本博調教師も「去年の秋は完調手前だったけれど、ようやく良くなってきました。まだ上積みが見込めますし、何とか重賞を勝ちたいですね」と意気込みを語った。コツコツと力をつけてきた6歳馬が、今度こそ主役の座を掴み取る。

ダンビュライト

牡5歳

調教師:音無秀孝(栗東)

  • 父:ルーラーシップ
  • 母:タンザナイト
  • 母の父:サンデーサイレンス
ここに注目!

本馬場入場時にテンションが上がるのがネック。パドックから本馬場までの地下馬道が長ければ長いほど、うるさくなる傾向にあるようだ。3歳時以来となる京都競馬場ではどうなのか、直前の気配はしっかりとチェックしたい。

昨年のアメリカジョッキークラブCを勝ち、待望の重賞初制覇。しかし、その後がどうにも煮え切らない。大阪杯が6着、クイーンエリザベスⅡ世カップ(G1・香港。芝2000メートル)が7着、宝塚記念が5着とGⅠで結果を出せず。秋初戦のオールカマー(3着)をステップに向かった天皇賞(秋)では、本馬場入場時にテンションが上がり、放馬して競走除外となった。これでリズムが狂ったのか、仕切り直しとなったチャレンジCが4着、連覇を狙った今年のアメリカジョッキークラブCが6着と、好調時のパフォーマンスを取り戻せずにいる。ただ、前走に限れば課題のゲートをスムーズに出たことは収穫。前々から得意の持久力勝負に持ち込めれば、このメンバーでも上位争いが可能だろう。

ハートレー

せん6歳

調教師:手塚貴久(美浦)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:ウィキッドリーパーフェクト
  • 母の父:Congrats
ここに注目!

近4戦連続で馬体重を減らしているが、見た目は決して細くない。ただし関東馬、しかもキャリアが少なく、6歳にして初の関西遠征となるだけに、極端な馬体減があるようだと割り引きたい。

2歳時の2015年にメイクデビュー東京(芝2000メートル)、ホープフルSと2連勝し、クラシック候補に名乗りを上げた。しかし、3歳以降は左前脚の骨折や鼻出血、体調不良などのアクシデントがあり、休みを挟みながらの出走となっている。ホープフルS後は5戦して、昨年のオープン特別・メトロポリタンS(東京・芝2400メートル)の3着が最高着順だから、物足りなさは否めない。しかも、直近の4戦はいずれもオープン特別なので、GⅡの今回はやや劣勢の印象を受ける。ただ、4歳になって以降はいずれも3か月以上の休みを挟んでいたのに対し、今回は約2か月ぶり。思い通りの調教メニューをこなしており、状態面の上積みが見込めるはずだ。何とか2歳時の輝きを取り戻したい。

ブラックバゴ

牡7歳

調教師:斎藤誠(美浦)

  • 父:バゴ
  • 母:ステイウィズユー
  • 母の父:ステイゴールド
ここに注目!

今年の京都・芝コースは例年以上に時計が掛かる馬場コンディションで、差しや追い込みが決まりやすい印象。オープンクラスに昇級後の近6戦中3戦でメンバー中最速の推定上がり3ハロンタイムをマークしている本馬にとって、プラス材料と言えるだろう。

明けて7歳を迎えたが、まだ馬体は若々しい。一昨年11月にオープン特別・アンドロメダSを鮮やかに差し切って、オープンクラスでの初勝利をマーク。その後は休養を挟みながら重賞を4戦。脚質的に安定感には欠けるものの、昨年の中山金杯で勝ち馬から0秒1差の4着に食い込むなど、GⅢレベルなら流れ一つで上位争いする力を秘めている。父バゴ、母の父ステイゴールドという配合はパワーを感じさせるうえ、函館の洋芝での実績もある。前述のアンドロメダSも重馬場だったように、力の要る馬場コンディションが得意だ。今回はGⅡ挑戦になるが、今の京都の馬場は合いそうなだけに、上位に食い込むシーンがあっても不思議はない。

(岡崎 淳)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: