今週の注目レース

東京新聞杯(GⅢ)

東京競馬場 1600メートル(芝)別定 4歳以上オープン

データ分析関連動画

単勝1番人気馬が11連敗中の古馬マイル重賞

昨年の東京新聞杯は、単勝3番人気のリスグラシューが優勝を果たし、2番人気のダイワキャグニーが3着に入ったものの、わずかな差で単勝1番人気となったグレーターロンドンは9着に敗れた。東京新聞杯を1番人気の支持に応えて制したのは、2007年のスズカフェニックスが最後である。2008年以降の単勝1番人気馬は〔0・1・2・8〕(3着内率27.3%)という成績で、3着以内に入ったのはわずか3頭だけ。波乱含みの一戦を読み解くべく、今回は過去10年のレース結果から、好走馬に共通するポイントを分析してみよう。

若い馬ほど3着内率が高い

過去10年の年齢別成績を調べると、8歳以上の馬は3着以内に入っておらず、7歳馬も優勝例がない。また、3着内率は年齢が若いほど高くなっている。年齢の高い馬は評価を下げた方がよさそうだ。〔表1〕

〔表1〕年齢別成績(過去10年)
年齢 成績 勝率 連対率 3着内率
4歳 4-4-4-24 11.1% 22.2% 33.3%
5歳 2-3-5-31 4.9% 12.2% 24.4%
6歳 4-2-0-29 11.4% 17.1% 17.1%
7歳 0-1-1-26 0% 3.6% 7.1%
8歳 0-0-0-9 0% 0% 0%
9歳 0-0-0-1 0% 0% 0%

なお、“JRAのGⅠ・JpnⅠ”において連対経験がなかった馬に限定して年齢別成績を調べると、6歳馬も3着内率が7.4%にとどまっている。まだビッグレースで優勝を争ったことがない馬を比較する際は、若い馬をより高く評価すべきだろう。〔表2〕

〔表2〕“JRAのGⅠ・JpnⅠ”において連対経験がなかった馬の、年齢別成績(過去10年)
年齢 成績 勝率 連対率 3着内率
4歳 2-2-2-19 8.0% 16.0% 24.0%
5歳 2-3-5-20 6.7% 16.7% 33.3%
6歳 1-1-0-25 3.7% 7.4% 7.4%
7歳 0-1-0-22 0% 4.3% 4.3%
8歳 0-0-0-7 0% 0% 0%

少頭数のレースを経由してきた馬は不振

過去10年の3着以内馬延べ30頭は、いずれも前走の出走頭数が「15頭以上」だった。今年の東京新聞杯がたとえ少頭数になったとしても、前走の出走頭数が「14頭以下」だった馬は過信禁物と見ておくべきかもしれない。〔表3〕

〔表3〕前走の出走頭数別成績(過去10年)
前走の出走頭数 成績 勝率 連対率 3着内率
14頭以下 0-0-0-35 0% 0% 0%
15頭以上 10-10-10-85 8.7% 17.4% 26.1%

大敗直後の馬は割り引きが必要

過去10年の3着以内馬延べ30頭中28頭は、「前走の着順が1着、もしくは2着以下かつ1着馬とのタイム差が0秒6以内」だった。一方、「前走の着順が2着以下、かつ1着馬とのタイム差が0秒7以上」だった馬は3着内率3.9%と苦戦している。前走で勝ち馬に大きく離されていた馬は、今回も苦戦する可能性が高いようだ。〔表4〕

〔表4〕前走の着順と、1着馬とのタイム差別成績(過去10年)
前走の着順と1着馬とのタイム差 成績 勝率 連対率 3着内率
1着、もしくは2着以下かつ1着馬とのタイム差が0秒6以内 10-9-9-71 10.1% 19.2% 28.3%
2着以下、かつ1着馬とのタイム差が0秒7以上 0-1-1-49 0% 2.0% 3.9%

内寄りの枠に入った馬が優勢

過去10年の優勝馬10頭中9頭は馬番が「1から8番」だった。一方、「9から16番」だった馬は3着内率11.3%とやや苦戦している。どちらかと言えば内枠優勢なレースと言えるだろう。〔表5〕

〔表5〕馬番別成績(過去10年)
馬番 成績 勝率 連対率 3着内率
1番 0-1-2-7 0% 10.0% 30.0%
2番 2-0-1-7 20.0% 20.0% 30.0%
3番 0-3-0-7 0% 30.0% 30.0%
4番 0-1-0-8 0% 11.1% 11.1%
5番 2-1-0-7 20.0% 30.0% 30.0%
6番 3-1-0-6 30.0% 40.0% 40.0%
7番 1-0-2-7 10.0% 10.0% 30.0%
8番 1-0-1-8 10.0% 10.0% 20.0%
9番 0-0-0-10 0% 0% 0%
10番 0-0-2-8 0% 0% 20.0%
11番 0-1-0-8 0% 11.1% 11.1%
12番 0-0-1-8 0% 0% 11.1%
13番 0-1-0-8 0% 11.1% 11.1%
14番 0-1-0-8 0% 11.1% 11.1%
15番 1-0-1-6 12.5% 12.5% 25.0%
16番 0-0-0-7 0% 0% 0%
1〜8番 9-7-6-57 11.4% 20.3% 27.8%
9〜16番 1-3-4-63 1.4% 5.6% 11.3%

なお、“JRAの1600メートルのGⅠ”において4着以内に入った経験がなかった馬に限定した馬番別成績を調べると、「1から6番」の馬が3着内率27.9%なのに対し、「7から16番」の馬は同9.1%にとどまっている。今回と同じ距離のビッグレースで好走したことがない馬を比較する際は、枠順をより厳しく評価したい。〔表6〕

〔表6〕“JRAの1600メートルのGⅠ”において4着以内に入った経験がなかった馬の、馬番別成績(過去10年)
馬番 成績 勝率 連対率 3着内率
1番 0-1-1-6 0% 12.5% 25.0%
2番 1-0-1-4 16.7% 16.7% 33.3%
3番 0-2-0-6 0% 25.0% 25.0%
4番 0-1-0-7 0% 12.5% 12.5%
5番 0-1-0-5 0% 16.7% 16.7%
6番 3-1-0-3 42.9% 57.1% 57.1%
7番 0-0-1-7 0% 0% 12.5%
8番 0-0-0-6 0% 0% 0%
9番 0-0-0-7 0% 0% 0%
10番 0-0-2-5 0% 0% 28.6%
11番 0-1-0-7 0% 12.5% 12.5%
12番 0-0-0-8 0% 0% 0%
13番 0-0-0-6 0% 0% 0%
14番 0-1-0-7 0% 12.5% 12.5%
15番 0-0-1-4 0% 0% 20.0%
16番 0-0-0-3 0% 0% 0%
1〜6番 4-6-2-31 9.3% 23.3% 27.9%
7〜16番 0-2-4-60 0% 3.0% 9.1%
ウインファイブ対象レース
勝ち馬を探せ! FOR THE WIN

強調材料が多い馬に注目

過去10年の優勝馬10頭は、いずれも年齢が6歳以下、かつ前走の出走頭数が15頭以上だった。また、「前走の着順が2着以下、かつ1着馬とのタイム差が0秒6以上」だった馬はいないうえ、馬番が9番より外だったのも2011年のスマイルジャックだけである。〔表1〕から〔表6〕で挙げた条件をより多くクリアしている馬が有力候補だ。〔表7〕

(伊吹 雅也)

注記:表は横にスクロールすることができます。

〔表7〕優勝馬の「年齢」「馬番」「前走の出走頭数」「前走の着順」「前走の1着馬とのタイム差」(過去10年)
年度 優勝馬 年齢 馬番 前走の出走頭数 前走の着順 前走の1着馬とのタイム差
2009年 アブソリュート 5歳 6番 16頭 1着 -
2010年 レッドスパーダ 4歳 2番 16頭 1着 -
2011年 スマイルジャック 6歳 15番 18頭 6着 0秒3
2012年 ガルボ 5歳 5番 16頭 2着 0秒5
2013年 クラレント 4歳 5番 18頭 5着 0秒3
2014年 ホエールキャプチャ 6歳 7番 18頭 6着 0秒5
2015年 ヴァンセンヌ 6歳 6番 15頭 1着 -
2016年 スマートレイアー 6歳 6番 18頭 5着 0秒1
2017年 ブラックスピネル 4歳 2番 18頭 2着 タイム差なし
2018年 リスグラシュー 4歳 8番 18頭 8着 0秒4

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: