今週の注目レース

愛知杯(GⅢ)

中京競馬場 2000メートル(芝)ハンデ (牝) 4歳以上オープン

データ分析関連動画

“100万馬券”決着も珍しくない牝馬限定のハンデキャップ競走

1963年に創設された愛知杯は、各時代の番組体系に合わせて出走条件や開催時期がたびたび変更されてきたレースである。牝馬限定の競走となったのは、6月上旬に開催されていた2004年からだ。なお、2006から2014年は12月に行われていたものの、2015年の休止を挟み、2016年からは1月に行われている。ちなみに、3連単が導入された2005年以降の過去13回中、過半数の7回は1000倍を超える配当で、うち3回は1万倍を超える配当で決着している。ハンデキャップ競走らしい波乱含みの一戦と言えるだろう。今回は12月に行われていた2008年から2014年(2010年と2011年は小倉・芝2000メートルで開催)、1月に行われた2016年から2018年の過去10回を集計対象として、好走馬に共通するポイントを分析してみたい。

前走との間隔に注目

対象とした過去10回の3着以内馬延べ30頭中、2016年1着のバウンスシャッセを除く29頭は前走との間隔が「中2から6週」だった。一方、「中1週以内」の馬が3着以内に入った例はなく、「中7週以上」の馬も3着内率が2.6%にとどまっている。前走から適度な間隔を空けて出走してきた馬を重視したいところだ。〔表1〕

〔表1〕前走との間隔別成績(過去10回)
前走との間隔 成績 勝率 連対率 3着内率
中1週以内 0-0-0-24 0% 0% 0%
中2〜6週 9-10-10-83 8.0% 17.0% 25.9%
中7週以上 1-0-0-38 2.6% 2.6% 2.6%

前走好走馬が中心

対象とした過去10回の前走の着順別成績を調べると、「5着以内」だった馬が3着内率29.2%と比較的優秀な成績を収めている。一方、「6着以下」だった馬は3着内率が8.7%にとどまっている。基本的には前走好走馬が強いレースと言えるだろう。〔表2〕

〔表2〕前走の着順別成績(過去10回)
前走の着順 成績 勝率 連対率 3着内率
5着以内 6-6-9-51 8.3% 16.7% 29.2%
6着以下 4-4-1-94 3.9% 7.8% 8.7%

明け5歳の馬が優勢

12月に開催された2008年から2014年の7回を対象に年齢別成績を調べると、3着以内に最も多く入っているのは4歳馬だった。4歳馬は3着内率30.2%と好走率も高い。〔表3〕

〔表3〕年齢別成績(12月に開催された2008から2014年)
年齢 成績 勝率 連対率 3着内率
3歳 0-2-1-27 0% 6.7% 10.0%
4歳 5-3-5-30 11.6% 18.6% 30.2%
5歳 1-2-0-36 2.6% 7.7% 7.7%
6歳 1-0-1-4 16.7% 16.7% 33.3%
7歳 0-0-0-5 0% 0% 0%
8歳 0-0-0-1 0% 0% 0%

なお、開催時期が1月に移った2016年から2018年の3回を対象として年齢別成績を調べると、5歳馬が3着以内馬延べ9頭中6頭を占め、3着内率33.3%と上位の成績を収めている。12月時点での4歳馬が年が明けて5歳馬となるだけに、今後も“明け5歳”の馬を高く評価したいところだ。〔表4〕

〔表4〕年齢別成績(1月に開催された2016から2018年)
年齢 成績 勝率 連対率 3着内率
4歳 0-0-1-7 0% 0% 12.5%
5歳 3-2-1-12 16.7% 27.8% 33.3%
6歳 0-1-1-19 0% 4.8% 9.5%
7歳 0-0-0-4 0% 0% 0%

近年は前年の勝ち鞍と、そこでの“末脚”が重要

過去3回の3着以内馬延べ9頭は、いずれも前年のJRAの1800から2000メートルのレースにおいて“着順が1着、かつ上がり3ハロンタイム(推定)順位が2位以内”となった経験のある馬だった。近年の傾向を重視するならば、前年の優勝レースやそのレースにおける上がり3ハロンタイム(推定)順位をチェックしてみたい。〔表5〕

(伊吹 雅也)

〔表5〕“前年のJRAの1800から2000メートルのレース”において“着順が1着、かつ上がり3ハロンタイム(推定)順位が2位以内”となった経験の有無別成績(過去3回)
経験の有無 成績 勝率 連対率 3着内率
あり 3-3-3-18 11.1% 22.2% 33.3%
なし 0-0-0-24 0% 0% 0%

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: