今週の注目レース

阪神ジュベナイルフィリーズ(GⅠ)

阪神競馬場 1600メートル(芝・外)馬齢 (牝) 2歳オープン

データ分析関連動画

2歳女王の座に上り詰めろ

2歳女王決定戦となる阪神ジュベナイルフィリーズの勝ち馬は、翌春のビッグレースでも活躍を見せる馬が多く、来たるべきクラシックロードを展望する一戦としても、大いに注目を集める一戦だ。興味が尽きない戦いを前に、ここでは過去10年の結果を分析する。

前走GⅡ・GⅢ組が連対率で優勢

過去10年の出走馬について、前走別に成績をまとめると、連対率で「GⅡ」組と「GⅢ」組が13%を超え、その他の組は10%未満となっている。「GⅡ」組は3着内率でも40.0%をマークしており、前走で格の高いレースに出走していた馬を高く評価した方がよさそうだ。また、3着内率では「新馬」組が2番目に高い数値となっている。〔表1〕

〔表1〕前走別成績(過去10年)
前走 成績 勝率  連対率 3着内率
GⅡ 1-1-2-6 10.0% 20.0% 40.0%
GⅢ 4-6-3-62 5.3% 13.3% 17.3%
オープン特別 1-0-1-10 8.3% 8.3% 16.7%
500万下 2-3-2-46 3.8% 9.4% 13.2%
未勝利 1-0-0-11 8.3% 8.3% 8.3%
新馬 1-0-2-12 6.7% 6.7% 20.0%
地方競馬のレース 0-0-0-3 0% 0% 0%
  • 注記:格付けのない「新設重賞」「重賞」として行われた2012年と2013年のアルテミスSは、GⅢに格付けされた2014年以降と同じく「GⅢ」としてカウントした

前走の4コーナーでの位置に注目

過去10年の出走馬について、前走の4コーナーの位置別成績を調べると、「5〜9番手」組が好走率でトップとなっている。また、近年は「2〜4番手」組が上位争いに加わるケースが目立ってきており、2013年以降の過去5年では、「2〜4番手」組から優勝馬4頭を含む3着以内馬9頭が送り出されている。前走の4コーナーの位置に注目してみるのも面白そうだ。〔表2〕

〔表2〕前走の4コーナーの位置別成績(過去10年)
前走の4コーナーの位置 成績 勝率  連対率 3着内率
先頭 1-1-0-16 5.6% 11.1% 11.1%
2〜4番手 4-1-7-52 6.3% 7.8% 18.8%
5〜9番手 5-4-3-50 8.1% 14.5% 19.4%
10番手以下 0-4-0-29 0% 12.1% 12.1%
  • 注記:前走が地方競馬のレースだった3頭を除く

デビュー戦が芝1500メートル以上の馬を重視

過去10年の出走馬のデビュー戦の距離別成績を調べると、優勝馬10頭は全てデビュー戦の距離が「芝1500メートル以上」だった。連対率・3着内率でも、「芝1500メートル」「芝1600メートル」「芝1800メートル」の3組と、1400メートル以下の各組の間には大きな差がある。デビュー戦が短距離やダートのレースだった馬より、「芝1500メートル以上」のレースだった馬を重視したい。〔表3〕

〔表3〕デビュー戦の距離別成績(過去10年)
デビュー戦の距離 成績 勝率  連対率 3着内率
芝1000m 0-0-0-5 0% 0% 0%
芝1200m 0-4-3-51 0% 6.9% 12.1%
芝1400m 0-1-2-39 0% 2.4% 7.1%
芝1500m 1-1-0-6 12.5% 25.0% 25.0%
芝1600m 4-3-4-32 9.3% 16.3% 25.6%
芝1800m 5-1-1-11 27.8% 33.3% 38.9%
ダートのレース 0-0-0-6 0% 0% 0%

デビュー戦と2戦目の時期をチェック

過去10年の出走馬について、デビュー戦と2戦目の時期を調べると、「2戦目がデビュー戦の翌々月以降」組が好走率でトップに立っている。近2年もデビュー2戦目が7月、2戦目が10月だったソウルスターリング(2016年)、デビュー戦が8月、2戦目が10月だったラッキーライラック(2017年)が勝利を飾っている。デビュー戦と2戦目の時期はチェックしておきたい。〔表4〕

〔表4〕デビュー戦と2戦目の時期別成績(過去10年)
デビュー戦と2戦目の時期 成績 勝率  連対率 3着内率
デビュー戦と2戦目が同じ月 0-2-0-27 0% 6.9% 6.9%
2戦目がデビュー戦の翌月 2-7-5-74 2.3% 10.2% 15.9%
2戦目がデビュー戦の翌々月以降 7-1-3-37 14.6% 16.7% 22.9%
キャリア1戦 1-0-2-12 6.7% 6.7% 20.0%
ウインファイブ対象レース
勝ち馬を探せ! FOR THE WIN

デビュー2戦目の着順が重要

過去10年の優勝馬10頭中8頭は、デビュー2戦目の着順が「1着」だった。残る2頭はデビュー2戦目で「2着」だった馬と、このレースがデビュー2戦目となる「キャリア1戦」の馬で、デビュー2戦目が「3着以下」だった馬は優勝していない。デビュー2戦目の着順もチェックしておきたい。〔表5〕

(河野 道夫)

〔表5〕デビュー2戦目の着順別成績(過去10年)
デビュー2戦目の着順 優勝 2着以下
1着 8頭 78頭
2着 1頭 20頭
3着以下 0頭 58頭
キャリア1戦 1頭 14頭

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: