今週の注目レース

エリザベス女王杯(GⅠ)

京都競馬場 2200メートル(芝・外)定量 (牝) 3歳以上オープン

データ分析関連動画

美しき秋の女王を決する戦い

エリザベス女王杯は、牝馬三冠路線を歩んできた3歳牝馬と4歳以上の強豪牝馬が激突する一戦で、過去10年では3歳馬が4勝、4歳馬が4勝、5歳馬が2勝となっている。また、2012年以降は6年連続で単勝6番人気以下の馬が3着以内に入っている。秋の女王を決する一戦に、どんなレース傾向があるのか。過去10年の結果を分析する。

前走で1、2番人気だった馬は過去10年で優勝なし

過去10年の出走馬のうち、前走が海外のレースだった馬を除いて前走の単勝人気別成績を調べると、前走で「1番人気」だった馬と「2番人気」だった馬は優勝がない。しかし、2、3着には「1番人気」組が計10頭、「2番人気」組が計4頭入っている。フォーメーションを組む際には、ヒントになりそうなデータだろう。〔表1〕

〔表1〕前走の単勝人気別成績(過去10年)
前走の単勝人気 成績 勝率  連対率 3着内率
1番人気 0-4-6-16 0% 15.4% 38.5%
2番人気 0-3-1-13 0% 17.6% 23.5%
3番人気 2-0-1-18 9.5% 9.5% 14.3%
4番人気 1-0-2-12 6.7% 6.7% 20.0%
5番人気 1-1-0-16 5.6% 11.1% 11.1%
6〜9番人気 3-2-0-38 7.0% 11.6% 11.6%
10番人気以下 1-0-0-26 3.7% 3.7% 3.7%
  • 注記:前走が海外のレースだった馬を除く

前々走の単勝人気別成績だと?

過去10年の出走馬のうち前々走が海外のレースだった馬を除いて、前々走の単勝人気別成績を調べると、「1番人気」組が勝率と3着内率でトップ、「2番人気」組が連対率でトップとなっている。連対率と3着内率は人気が上位になるほど数値が高くなっている。〔表2〕

〔表2〕前々走の単勝人気別成績(過去10年)
前々走の単勝人気 成績 勝率  連対率 3着内率
1番人気 3-2-7-20 9.4% 15.6% 37.5%
2番人気 1-4-1-19 4.0% 20.0% 24.0%
3番人気 1-1-1-16 5.3% 10.5% 15.8%
4番人気 1-0-0-10 9.1% 9.1% 9.1%
5番人気 0-1-0-9 0% 10.0% 10.0%
6〜9番人気 2-1-1-40 4.5% 6.8% 9.1%
10番人気以下 0-1-0-24 0% 4.0% 4.0%
  • 注記:前々走が海外のレースだった馬を除く

過去4走以内に勝利したレースでのタイム差に注目

過去10年の出走馬について、過去4走で1着だったJRAのレースでの、2着馬との最大タイム差別に成績をまとめると、過去4走以内に優勝経験があった馬の中では、2着馬との最大タイム差が「0秒4差以上」だったグループの好走率が高くなっている。その一方で、「過去4走でJRA未勝利」だった馬は3着内率10%未満と苦戦している。近走の成績を調べて、1着だったレースでの2着馬とのタイム差をチェックしておきたい。〔表3〕

〔表3〕過去4走で1着だったJRAのレースでの、2着馬との最大タイム差別成績(過去10年)
最大タイム差 成績 勝率  連対率 3着内率
タイム差なし 2-1-2-21 7.7% 11.5% 19.2%
0秒1 0-1-2-20 0% 4.3% 13.0%
0秒2 3-2-2-26 9.1% 15.2% 21.2%
0秒3 0-0-1-13 0% 0% 7.1%
0秒4 0-2-1-5 0% 25.0% 37.5%
0秒5 1-1-0-0 50.0% 100% 100%
0秒6以上 1-1-1-3 16.7% 33.3% 50.0%
過去4走でJRA未勝利 3-2-1-56 4.8% 8.1% 9.7%

直近の芝GⅠ・GⅡ実績をチェック

過去10年の出走馬について、直近の芝GⅠ・GⅡでの着順別に成績を調べると、好走率で「1着」組が「2着以下」組を大きく上回っている。直近の芝GⅠ・GⅡで勝利している馬は、大いに注目すべきだろう。〔表4〕

〔表4〕直近の芝GⅠ・GⅡでの着順別成績(過去10年)
着順 成績 勝率  連対率 3着内率
1着 2-3-2-12 10.5% 26.3% 36.8%
2着以下 8-7-7-114 5.9% 11.0% 16.2%
芝GⅠ・GⅡ不出走 0-0-1-18 0% 0% 5.3%

なお、海外のレースを除いた直近の芝のGⅠ・GⅡで「2着以下」に敗れていた馬について、そのレースの勝ち馬とのタイム差別に成績を調べてみると、タイム差が「0秒4以下」だった馬の方が、「0秒5以上」だった馬より好走率が高くなっている。該当したレースで敗れていた場合は、勝ち馬とのタイム差が小さい方が、好走する確率が高いようだ。〔表5〕

〔表5〕直近のJRAの芝GⅠ・GⅡで2着以下だった馬の、そのレースの勝ち馬とのタイム差別成績(過去10年)
タイム差 成績 勝率  連対率 3着内率
0秒2以内 2-4-1-23 6.7% 20.0% 23.3%
0秒3〜0秒4 2-0-4-17 8.7% 8.7% 26.1%
0秒5〜0秒9 1-2-1-40 2.3% 6.8% 9.1%
1秒0以上 1-1-1-32 2.9% 5.7% 8.6%
ウインファイブ対象レース
勝ち馬を探せ! FOR THE WIN

過去3走以内の戦績に目を光らせろ

イギリス調教馬のスノーフェアリーが優勝した2010年、2011年を除き、2008年以降に優勝した日本馬8頭について、過去3走以内の主な戦績を調べると、3歳馬3頭のうち2頭はオークスで連対実績があり、残る1頭はオークスで1番人気に推されていた。また、4歳以上の5頭は、1600万下以上のクラスでの牡馬混合のレースで連対した実績を有していた。3歳馬ならオークスでの戦績や単勝人気、4歳以上の馬は1600万下から上のクラスの牡馬混合レースでの実績をチェックしたい。〔表6〕

(河野 道夫)

〔表6〕2008年以降に優勝した日本馬の過去3走の主な戦績
年度 優勝馬 年齢 過去3走の主な戦績
2008年 リトルアマポーラ 3歳 桜花賞2番人気5着、オークス1番人気7着、秋華賞6番人気6着
2009年 クィーンスプマンテ 5歳 みなみ北海道S6番人気1着
2012年 レインボーダリア 5歳 五稜郭S(1600万下)1番人気1着
2013年 メイショウマンボ 3歳 オークス9番人気1着、秋華賞3番人気1着
2014年 ラキシス 4歳 中日新聞杯3番人気2着、オールカマー7番人気2着
2015年 マリアライト 4歳 緑風S(1600万下)2番人気1着、マーメイドS1番人気2着
2016年 クイーンズリング 4歳 米子S1番人気2着、府中牝馬S3番人気1着
2017年 モズカッチャン 3歳 オークス6番人気2着、秋華賞5番人気3着
  • 注記:2010、2011年はイギリス調教馬のスノーフェアリーが優勝

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: