今週の注目レース

京都大賞典(GⅡ)

京都競馬場 2400メートル(芝・外)別定 3歳以上オープン

出走馬情報

シュヴァルグラン

牡6歳

調教師:友道康夫(栗東)

  • 父:ハーツクライ
  • 母:ハルーワスウィート
  • 母の父:Machiavellian
ここに注目!

コースを問わずに走る馬だが、その中でも〔2・3・3・1〕と堅実な成績を残す京都コースは得意にしている舞台。着外は3歳春の京都新聞杯(8着)だけで、本格化してからは3着以内を外したことがない。休み明けを苦にしない点も、心強い限りだ。

春のターゲットとして出走した前走の天皇賞(春)は、勝ったレインボーラインとクビ差の2着。2つ目のGⅠタイトルは獲得できなかったが、持っている能力の高さをあらためて示した一戦と言えるだろう。適性の合うレースが少ない春競馬は2戦で切り上げ、昨年に続いての連覇を狙うジャパンカップ、現時点の予定では集大成の一戦となりそうな有馬記念という2つのビッグタイトル獲得に向け、昨年よりも長いリフレッシュ期間を取った。帰厩当初はいかにも休み明けといった雰囲気があったが、さすがは経験豊富な実績馬。追われるごとに体が締まり、気持ちも乗ってきたようだ。目標は先かもしれないが、能力に見合ったパフォーマンスは見せてくれるはずだ。

サトノダイヤモンド

牡5歳

調教師:池江泰寿(栗東)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:マルペンサ
  • 母の父:Orpen
ここに注目!

調教で目立たなくなっていた前走までと違い、今回は追い切りの動きがスムーズかつ豪快。秋初戦に選んだのは、過去に3勝をマークしている得意の京都・芝コース。前哨戦から内容と結果が欲しいレースになりそうだ。

圧倒的なパフォーマンスを見せ続け、一気に頂点へと駆け上がった3歳時を思えば、掲示板(5着以内)も確保できなかった近2走の結果は意外なもの。ただ、3コーナー過ぎからポジションを上げていった前走の宝塚記念は、6着という結果ながら、復活の兆しが感じられる内容に見えた。昨年の凱旋門賞(G1・フランス、芝2400メートル)での大敗から1年。フランスの馬場への適性よりも「喉の状態が良くなかった」と池江泰寿調教師が説明した敗戦から、ようやく立ち直ってきた印象を受ける。中間は、初コンビを組む川田将雅騎手が追い切り以外の日にも騎乗して感触を確かめており、その意欲的な姿勢にも注目が集まっている。

パフォーマプロミス

牡6歳

調教師:藤原英昭(栗東)

  • 父:ステイゴールド
  • 母:アイルビーバウンド
  • 母の父:タニノギムレット
ここに注目!

デビューが3歳の秋までずれ込んだ馬。体質が弱く、数を使い込めなかった背景があるせいか、常に必勝の態勢でレースに挑んできた。〔2・1・1・1〕という休み明けでの好成績には、そんな理由がある。今回も休養明け初戦から好走が期待できそうだ。

今年1月の日経新春杯で重賞勝ち馬の仲間入りを果たし、前々走の目黒記念では厳しい展開を耐え抜いて勝ち馬ウインテンダネスから0秒1差の3着。晩成のステイゴールド産駒がいよいよ本格化を果たしたと感じさせていただけに、前半からいつもの行きっぷりがなく、馬群の後方でレースを終えた前走の宝塚記念での9着という結果は、不本意な結果と言えるだろう。牡馬にしては450キログラム前後と馬格のないタイプ。初めて背負う58キログラムの斤量がこたえたのかもしれないし、夏場に実績のない馬で、暑さに対応できなかったのかもしれない。いずれにしろ、前走がこの馬の能力ではないはずで、ここは巻き返しが期待される。

10月5日(金曜)9時30分

出走取消

(馬番決定前)

アルバート

牡7歳

調教師:堀宣行(美浦)

  • 父:アドマイヤドン
  • 母:フォルクローレ
  • 母の父:ダンスインザダーク
ここに注目!

京都・芝2400メートルで挙げた勝ち星は、条件クラスでのもの。しかも、当時の天候は雨で、稍重の発表以上に力を要する芝コンディションだった。京都大賞典は、開幕週で速い上がりタイムが必要になりやすいレース。その対応が鍵だろう。

ステイヤーズSを3年連続で勝っている実績が示すように、JRAに所属する現役馬の中でも長距離志向が強いと思われる馬。13着に敗れた前走の宝塚記念は、スタートから流れに乗れず、鞍上がうながしても前に進んで行かなかった。距離が短すぎたという評価でよく、やはり生粋のステイヤーと考えるべきだろう。3走前の阪神大賞典が勝ち馬レインボーラインから0秒5差の4着、前々走の天皇賞(春)では同馬から0秒6差の8着と、まずまずの内容は残しているが、芝3200メートルでもまだ距離不足と思えるパフォーマンスだったことも確か。今回は、芝2400メートルのレースに対応できるかどうかが最大のポイントとなりそうだ。

ウインテンダネス

牡5歳

調教師:杉山晴紀(栗東)

  • 父:カンパニー
  • 母:モエレメルシー
  • 母の父:マジックマイルズ
ここに注目!

充実一途の成績と比例するように、夏休みから戻ってきて以降の馬体も非常に目立つ。さらに成長したと言えるだろう。一方で、今回は前走より3キログラム重い57キログラムの別定重量に対応できるかどうかの課題もある。この条件でGⅠ級を相手に力が通じるのか、注目だ。

父カンパニーは天皇賞(秋)とマイルチャンピオンシップを勝った馬。その産駒も距離に限界を見せる傾向が強いが、本馬は距離延長とともに良さが出てきたタイプだ。強敵相手に重賞初制覇を飾った前走の目黒記念は、後半の4ハロンのレースラップが全て11秒台という息の長い末脚を要求されるレース展開だったが、これも末脚の切れに秀でていたカンパニーの特徴とは少し異なっている。祖母ブライトサンディーは、芝2000メートルの重賞を2勝し、芝2400メートルのエリザベス女王杯で2着という成績を残した馬。本馬と同じ栗毛の祖母の血が影響を与えているのだとすれば、本馬がスピードの持続性に秀でているのもうなずける。

スマートレイアー

牝8歳

調教師:大久保龍志(栗東)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:スノースタイル
  • 母の父:ホワイトマズル
ここに注目!

休み明けでも好成績を残している馬。今回も帰厩後の動きがシャープで、初戦から走れそうな雰囲気を感じさせる。得意の条件で巻き返すことができれば、今回以降のレースにも期待が持てるはずだ。

今年は3戦して、いずれも掲示板(5着以内)を確保できない敗戦だった。8歳という年齢からくる衰えを指摘される面もあるが、今年初戦で9着だった大阪杯を筆頭に、芝3200メートルの長距離に挑んで7着だった前々走の天皇賞(春)、前走が宝塚記念の10着と、牡馬でも厳しいローテーションを走り続けてのもの。まだ見限るのは早計だろう。前述した3戦の中で最も勝ち馬に迫った一戦が天皇賞(春)で、それは今回と同じ京都・芝の外回りコースが舞台。メンバー中最速の推定上がり3ハロンタイムをマークして差し切った昨年の本レースが示すように、このコースとは相性がいい。一変があっても不思議はない。

レッドジェノヴァ

牝4歳

調教師:小島茂之(美浦)

  • 父:シンボリクリスエス
  • 母:コロンバスサークル
  • 母の父:ホワイトマズル
ここに注目!

500キログラム前後の馬格を誇る牝馬だが、シンボリクリスエス産駒らしい脚長でスラッと見せる馬体の持ち主だ。滞在競馬で好結果を出しており、今回も早めに栗東トレーニング・センターへ移動して調整されている。ここは休み明けの有力馬が多い分、夏を使われた強みもあるだろう。

昇級初戦だった前走の1600万下・2018ワールドオールスタージョッキーズ第2戦(札幌・芝2000メートル)を、1番人気に応えて快勝。充実期に入っていることは間違いないが、時計のかかる馬場コンディション(稍重)だったこともプラスに働いたように思えた。4コーナー先頭の強い内容で勝利した前々走の1000万下・北海道150年記念(札幌・芝2600メートル)が本来の適性距離であれば、芝2400メートルへの距離延長は魅力の一つとなるだろう。父がシンボリクリスエスで母の父がホワイトマズル。祖母のマンハッタンフィズは、長距離GⅠを3勝したマンハッタンカフェの全妹にあたる。この血統からも、距離延長は向きそうだ。

ブレスジャーニー

牡4歳

調教師:佐々木晶三(栗東)

  • 父:バトルプラン
  • 母:エルフィンパーク
  • 母の父:タニノギムレット
ここに注目!

デビュー戦でマークした上がり3ハロンタイムは32秒9(推定)。この末脚の切れこそが最大の武器だ。京都競馬場では1戦して未勝利だが、不良馬場で行われた昨年の菊花賞(12着)でのもの。本来は軽い芝の京都・芝コースは合うはずだ。

重賞連勝を含む3連勝を飾った2歳時のイメージが鮮烈で、特にスワーヴリチャード(2着)に競り勝った東京スポーツ杯2歳Sのパフォーマンスは、この馬の能力の高さを示すものだった。骨折などの影響もあり、体調を整えることが難しかった3歳時は菊花賞まで復帰がずれ込み、その後も勝ち星を上げられないまま現在に至っている。とはいえ、今夏の北海道シリーズでの3戦はまずまずの内容で走っており、出走馬中最速の上がり3ハロン34秒1(推定)をマークして4着まで追い込んだ前々走の函館記念でのレースぶりは、復調を印象付けるものだった。GⅠ馬も出走するここで久々の勝利をマークできるのか、注目される。

(松浪 大樹)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: