今週の注目レース

小倉記念(GⅢ)

小倉競馬場 2000メートル(芝)ハンデ 3歳以上オープン

出走馬情報

トリオンフ

せん4歳

調教師:須貝尚介(栗東)

  • 父:タートルボウル
  • 母:メジロトンキニーズ
  • 母の父:ダンスインザダーク
ここに注目!

530キログラム前後の馬格を誇り、フットワークも大きいが、前に行けるスピードがあるので小回りコースも苦にしない。むしろ、瞬発力を求められるコースよりも合うと考えていいだろう。これまでの勝ち鞍は56キログラムまで。今回は57キログラムのハンデ克服が鍵になりそうだ。

3連勝で今年の小倉大賞典を勝って重賞初制覇を達成し、勢いに乗って挑戦した大阪杯こそ8着に敗れたが、その後は新潟大賞典が勝ち馬から0秒2差の4着、前走の鳴尾記念が勝ち馬ストロングタイタンに0秒1差の2着と、大きく崩れていない。小倉大賞典での勝利も含め、小倉・芝コースとは〔2・1・0・0〕という抜群の相性を誇り、今回も注目を集めての出走になりそうだ。去勢をして以降のレースぶりは安定しているが、急速に力をつけてきたと感じられたのは、手術で減っていた馬体重が回復してきた昨秋から。4歳夏を迎えた現在も、まだ成長の余地があると思えるような馬体をしている。この一戦を契機に、秋は大舞台へとステップアップしたいところだ。

サトノクロニクル

牡4歳

調教師:池江泰寿(栗東)

  • 父:ハーツクライ
  • 母:トゥーピー
  • 母の父:Intikhab
ここに注目!

デビュー当初から晩成ではないかと言われていた馬で、4歳夏を迎えてもまだ完成はしていない感がある。トモに成長の余地を残している印象だが、それだけに軽い芝で直線も平坦な小倉コースは合うかもしれない。今回は約3か月ぶりだが、間隔が空いても力を出せるタイプだ。

5番人気に支持された前走の天皇賞(春)は、勝ったレインボーラインから1秒3差の12着と大敗を喫した。父がハーツクライで、半兄に日本ダービー2着のサトノラーゼン(父ディープインパクト)がいる血統背景。前々走の阪神大賞典では2着に好走していたことからも、距離が長すぎる印象はなかったのだが、重賞初制覇を飾った昨年暮れのチャレンジCの内容を考えると、本来は中距離あたりに適性があるのかもしれない。約3か月のリフレッシュ期間を設けている点は、猛暑になっている今年の気候を考えれば、プラス材料になる可能性が大きい。この馬の力を発揮することができれば、GⅢのハンデ戦なら十分に巻き返しが可能だろう。

サンマルティン

せん6歳

調教師:国枝栄(美浦)

  • 父:ハービンジャー
  • 母:ディアデラノビア
  • 母の父:サンデーサイレンス
ここに注目!

間隔を詰めて使った経験が少なく、ここまでのキャリアは14戦で、6歳の年齢を考えると多くない。ゆえに年齢以上に馬が若く、これから伸びる可能性も十分だろう。末脚で勝負するタイプだが、昨年の本レース2着など、小回りコースでも結果を出している。

6か月ぶりのレースだった前走の都大路S(京都・芝1800メートル)では、レースの上がり3ハロンタイム(34秒4)を1秒1も上回る同33秒3(推定)をマークして、豪快な差し切り勝ちを決めた。14着と大敗した前々走の福島記念は、道中の折り合いを欠いたことが敗因の一つと言え、前走のようなじっくりと運ぶ形の競馬が合うのかもしれない。今回は約3か月ぶりのレースになるが、休み明けは苦にしないタイプのうえ、昨年と同様に早めに小倉競馬場へ入厩して滞在で調整されている。その昨年は、勝ち馬タツゴウゲキにハナ差の2着という惜しい結果だった。今年も、昨年と同様の走りが期待できそうだ。

ストロングタイタン

牡5歳

調教師:池江泰寿(栗東)

  • 父:Regal Ransom
  • 母:Titan Queen
  • 母の父:Tiznow
ここに注目!

夏場に調子を上げるタイプで、ひとたび好調のゾーンに入ると、その期間を長く維持できる傾向がある。今夏も好調期に突入した感があり、7月26日に栗東坂路で行われた1週前追い切りでは、4ハロン50秒6の好時計をマークしている。“夏男”の真価を発揮できるのか、注目だ。

今回もライバルになるトリオンフ(2着)に1/2馬身の差をつけ、4度目の重賞挑戦で初制覇となったのが前々走の鳴尾記念だ。このレースのポイントは、1分57秒2のコースレコードをマークしたことだけではなく、最内から抜け出してきた本馬のレースぶりにあるだろう。大型馬でも気持ちの小さい面があり、馬群の外を回る競馬を続けていた馬。それが、2度目の着用となったチークピーシーズの効果で、前述のようなパフォーマンスを見せることができた。今後は、展開不問で力を発揮できるはずだ。前走の宝塚記念は11着とGⅠの壁に跳ね返された格好だが、3勝をマークする小倉・芝コースでのハンデGⅢなら、一変した走りが見られるかもしれない。

メドウラーク

牡7歳

調教師:橋田満(栗東)

  • 父:タニノギムレット
  • 母:アゲヒバリ
  • 母の父:クロフネ
ここに注目!

過去には57キログラムで勝ったことがあり、500キログラムを超える馬体重から考えても負担重量の影響をそれほど受けない可能性はあるが、今回は54キログラムだった前走(七夕賞1着)から2キログラムのハンデ増。前走以上に道中の立ち回りが重要になってくるだろう。

近走の成績が振るわなかったことや、7歳という年齢もあってか、前走の七夕賞は12頭立ての11番人気という低評価。しかし、レースではそれを見事に覆してみせた。前日の雨の影響が残り、良馬場ながら少し時計のかかる馬場コンディションがプラスに働いた面はあったかもしれないが、抜群だった道中の手応えや、激しい追い比べを制したレース内容は、確かな強さを示すものだった。今回、小倉・芝コースを走るのは約2年5か月ぶりで、時計の速かった開幕週の傾向から、同じ小回りのハンデ重賞でも前走とは条件が異なってきそうだが、克服する可能性も十分だろう。ここで好勝負を演じてサマー2000シリーズ制覇に近づくことができるのか、注目だ。

マイネルサージュ

牡6歳

調教師:鹿戸雄一(美浦)

  • 父:ハービンジャー
  • 母:サオヒメ
  • 母の父:サンデーサイレンス
ここに注目!

ハービンジャー産駒らしいしぶとさを持っている馬で、上がりのタイムを要す厳しいレースの方が真価を発揮できる。今回は、速い時計の出やすい小倉・芝コースへの対応が鍵となりそうだ。休み明け2走目で、状態面の上積みが期待できるのは魅力と考えていいだろう。

一昨年の12月にオープンクラスへの昇級を果たしたが、その後はそれまでの堅実な成績と打って変わってひと息の成績が続いた。今年1月のオープン特別・白富士S(東京・芝2000メートル)で久しぶりに3着と好走したが、これが転機の一戦。長距離志向だったレース選択を変更し、中距離路線へと活路を見いだしたことで、以前の安定感が戻ってきた。3走前の中山記念は、9着でも勝ち馬から0秒5差で、GⅠ馬もいたメンバー構成を考えれば、及第点の内容と言えるだろう。前々走のオープン特別・福島民報杯(福島・芝2000メートル)でオープンクラスでの初勝利をマークし、前走の七夕賞では勝ったメドウラークにクビ差の2着と好走。今の状態なら、引き続き上位争いが可能だろう。

キョウヘイ

牡4歳

調教師:宮本博(栗東)

  • 父:リーチザクラウン
  • 母:ショウナンアネーロ
  • 母の父:ダンスインザダーク
ここに注目!

2000メートルの距離経験は1度だけで、それは得意の重馬場で5着だった昨年11月のオープン特別・アンドロメダS(京都)。しかし、行き脚がつかず流れに乗れなかったのが敗因の一つで、距離に対しての結論は出ていないはずだ。折り合い次第でこなせる可能性はあるだろう。

いわゆる“道悪の鬼”で、重馬場だった前走の1600万下・垂水S(阪神・芝1800メートル)は、2着馬とはアタマ差でも、内容的には完勝と言っていいもの。もちろん、馬場状態がプラスに働いたこともあったが、今夏のクラス再編成でオープンクラスから降級していた馬で、地力そのものが上だったのだろう。オープンクラスに再昇級し、重賞挑戦になる今回は試金石の一戦。開幕2週目で良好な馬場コンディションが見込め、速い時計での決着に対応できるかという不安材料はあるが、未勝利勝ちは小倉・芝コースで、距離不足だった小倉2歳Sでも4着と、コース実績自体はまずまずと言える。ここは十分にチャンスがあるはずだ。

ストーンウェア

牡6歳

調教師:吉田直弘(栗東)

  • 父:Birdstone
  • 母:Antique Auction
  • 母の父:Geiger Counter
ここに注目!

約2か月半の間隔を取っての出走になるが、太めに見せることが少ないタイプで、1週前追い切りではしっかりと負荷もかけられている。近2走の内容は、体調の良さと6歳になっての充実ぶりを感じさせるもの。今回もいい状態で出走できそうだ。

前走のメイS(東京・芝1800メートル)は、オープン特別でもメンバーのそろった一戦だった。勝ったダイワキャグニーはオープン特別3勝目で、3着のサトノアーサーは次走のエプソムCで重賞を勝っている。この2頭の間を割る形での2着は価値が高く、上がり3ハロンタイムも出走馬中最速の33秒9(推定)をマーク。ハンデ戦で2頭より斤量が3キログラム軽かったのはあったかもしれないが、このクラスのメンバーを相手にしても互角の競馬ができることを示した。どちらかと言えば広いコースの方が適している馬で、今回は小回りの小倉・芝コースへの対応が鍵だが、前走と同じハンデ54キログラムなら、好勝負が可能だろう。

(松浪 大樹)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: