今週の注目レース

アイビスサマーダッシュ(GⅢ)

新潟競馬場 1000メートル(芝・直線)別定 3歳以上オープン

出走馬情報

ダイメイプリンセス

牝5歳

調教師:森田直行(栗東)

  • 父:キングヘイロー
  • 母:ダイメイダーク
  • 母の父:ダンスインザダーク
ここに注目!

今春の新潟開催で、1600万下・駿風S、オープン特別・韋駄天Sと、芝1000メートルの直線競馬を連勝。共に2着馬に2馬身以上の差をつけてゴールインしており、高い適性を示している。前走のCBC賞(9着)は案外でも、条件が好転する今回は勝機十分だ。

「以前はレースを使うと馬体重が減少する傾向にあり、体調の維持に気を使いましたが、今はそれも解消しました。馬体がしっかりしてきたのは好材料だと思います。前走のCBC賞(9着)は、コーナーのある芝1200メートルのレースで、うまく対応できませんでしたが、終いは差を詰めていたので、悲観はしていません。今回は、この夏の最大目標である直線競馬ですから、重賞タイトルを獲得させたいです」と、陣営は厩舎の看板ホースに成長した本馬に大きな期待を寄せている。直線競馬で頭角を現した一頭で、今回は重賞ウイナーの仲間入りを果たす大きなチャンス。そのレースぶりから目が離せない。

レジーナフォルテ

牝4歳

調教師:佐藤吉勝(美浦)

  • 父:アルデバランⅡ
  • 母:ナイキトライアンフ
  • 母の父:ボストンハーバー
ここに注目!

前走の1600万下・テレビユー福島賞(福島・芝1200メートル)を快勝。1分07秒1の走破タイムも優秀で、目下の充実振ぶりが目を引く一頭だ。昨年の本レースでは3着に好走しており、直線競馬に実績がある点も心強い。

「前走の1600万下・テレビユー福島賞(1着)は、速い流れを楽に追いかけて最後の直線で抜け出す強い競馬ができました。走破タイムも優秀でしたから、今後の活躍がとても楽しみです。アイビスサマーダッシュは昨年も挑戦して3着に好走しているので、今年は重賞タイトルを獲得するチャンスでしょう。引き続き体調面も上々ですし、開幕週の芝コースはこの馬にぴったりだと思います」と、陣営は本馬の充実ぶりを強調した。今回はベストに近い条件と見て支障はないはず。加えて、全5勝中3勝を6月から8月の間に記録しているように、暑さにも強いタイプだ。前走勝利の勢いに乗って、重賞初制覇を狙う。

ナインテイルズ

牡7歳

調教師:中村均(栗東)

  • 父:ローエングリン
  • 母:マイネフォクシー
  • 母の父:メジロライアン
ここに注目!

前々走のオープン特別・韋駄天S(新潟・芝1000メートル、5着)では、抜群のスピードでハナに立っており、ダッシュ力ならここでも上位の存在だろう。前走の1600万下・水無月S(阪神・芝1200メートル)を逃げて快勝。重賞初挑戦となる今回も、楽しみが大きい。

「前走の1600万下・水無月S(1着)は、前に馬を置いて控える形も視野に入れていましたが、テンが速く結局ハナを切る展開になりました。最後までスピードは落ちることなく、強い内容で勝利を収めてくれたので、これからの活躍が楽しみです。この中間はアイビスサマーダッシュに照準を合わせて乗り込みを消化しています。疲れはなく、動きもいいので、好調をキープしたまま臨めるでしょう。直線競馬の経験もありますから、重賞でも不安より期待の方が大きいです」と、陣営は本馬の本格化を強調した。今回は昇級初戦で相手が強化されるが、ダッシュ力ではここでも上位にランクされる一頭。好勝負が期待できそうだ。

アペルトゥーラ

牡7歳

調教師:国枝栄(美浦)

  • 父:マツリダゴッホ
  • 母:フサイチリニモ
  • 母の父:ジャングルポケット
ここに注目!

新潟・芝1000メートルの直線競馬で4戦3勝をマークしているように、抜群の舞台実績を誇る。前走のオープン特別・韋駄天S(新潟・芝1000メートル)では6着に敗れたが、今回はひと息入れて立て直されており、あらためて注目したい。

「前走のオープン特別・韋駄天S(6着)の内容がひと息だったので、レース間隔を空けて立て直しました。この中間は美浦トレーニング・センターのプールと坂路を併用してじっくりと調整を進めていますから、出走態勢は整うでしょう。気温の低い時季よりも高い時季の方が合っていますし、直線競馬にも高い適性を示している馬です。ここはあらためて期待しています」と、厩舎サイドは本馬の仕上げに懸命な様子だ。昨年夏から秋にかけて新潟・芝1000メートルで3連勝をマーク。やや本調子に欠ける印象だった前走は案外の結果も、得意の季節を迎え、今回は巻き返しが期待される。

ペイシャフェリシタ

牝5歳

調教師:高木登(美浦)

  • 父:ハーツクライ
  • 母:プレザントケイプ
  • 母の父:Cape Cross
ここに注目!

2番人気の支持を受けた前走のCBC賞は15着に敗れたが、多頭数の外枠(18頭立ての8枠16番)からのスタートで、スムーズな競馬ができなかった印象。中間の動きから調子落ちの不安はなさそうで、初の直線競馬に対応できれば、巻き返しが可能だろう。

「前走のCBC賞は、得意の中京・芝コースだったので期待を持っていましたが、多頭数の外枠ということもあってか、道中リズム良く走れなかった印象です。ただ、15着とはいえ勝ち馬とは0秒7差で、内容はそれほど悪くなかったと思います。ここはあらためての気持ちです」と、厩舎スタッフは前向きな姿勢を示している。昨年12月の1600万下・浜松S(中京・芝1200メートル)を優勝して待望のオープンクラス入りを果たすと、今年の春にはオープン特別・春雷S(中山・芝1200メートル)を力強い末脚で勝利。着々と地力強化を続けている一頭で、重賞初制覇も視界に入ってきている。前走だけで軽視するのは早計だろう。

ラブカンプー

牝3歳

調教師:森田直行(栗東)

  • 父:ショウナンカンプ
  • 母:ラブハート
  • 母の父:マイネルラヴ
ここに注目!

芝1200メートルでは、5戦して2勝、2着3回を記録。芝1400メートル以上の距離になると成績が下降する傾向がある、典型的なスプリンターだ。今回は他世代の馬との初対戦になるが、前走の葵S(2着同着)の内容が良く、51キログラムの斤量も魅力と言えるだろう。

「前走の葵S(2着同着)はハナを切れませんでしたが、2番手からうまく流れに乗ってレースができました。あの内容なら、逃げにこだわらなくてもいいと思います。脚質の幅が広がったという点で、収穫の大きな一戦になりました。軽い芝が得意な馬ですから、新潟の芝は合いそうです。直線競馬は初めてになりますが、ダッシュ力に優れたタイプなので、むしろプラス材料となる可能性もあると思います。他世代の馬が相手ですが、斤量差を生かして勝機をつかんでほしいです」と、陣営は今からレースが待ち遠しい様子だ。スピードあふれる3歳馬の走りに、注目が集まる。

アクティブミノル

牡6歳

調教師:北出成人(栗東)

  • 父:スタチューオブリバティ
  • 母:ピエナアマゾン
  • 母の父:アグネスタキオン
ここに注目!

豊富なレースキャリアに加え、重賞を2勝(2014年函館2歳S、2015年セントウルS)している実力の持ち主。前走のCBC賞(16着)は見せ場を作れなかったが、まだ見限るのは早計だろう。昨年の本レース4着馬が、ここで捲土重来を期す。

「前走のCBC賞(16着)はこの馬の力を発揮できず、不完全燃焼の一戦になりましたが、状態面は良好です。アイビスサマーダッシュは昨年も出走して大きな差のない(勝ち馬から0秒3差の4着)競馬をしていますから、直線競馬の適性は備えているはずです。まだ年齢的な衰えも見られないので、ここはあらためて期待しています」と、厩舎スタッフは本馬のケアに力を注いでいる。今回のメンバーに入っても、実績では上位にランクされる存在。持ち味である力強い先行力を存分に生かせれば、一変のレースが見られるかもしれない。

カラクレナイ

牝4歳

調教師:松下武士(栗東)

  • 父:ローエングリン
  • 母:バーニングレッド
  • 母の父:アグネスタキオン
ここに注目!

昨年のフィリーズレビューを直線一気で勝利すると、続く桜花賞でも4着に食い込んでおり、世代上位の脚力を持つ馬。今回は初の直線競馬になるが、一瞬の切れ味はここでも見劣りしないはず。前述のフィリーズレビュー以降は勝利を挙げていないが、軽視は禁物だ。

「前走のオープン特別・安土城S(京都・芝1400メートル、8着)は落ち着いた流れになり、末脚勝負のこの馬には厳しい展開だったと思います。ただ、前々走のオープン特別・鞍馬S(京都・芝1200メートル、3着)ではこの馬らしい伸び脚を見せていたので、一時期の不振からは脱していると思います。前走後はひと息入れましたが、帰厩後は動きも徐々に良化中なので、初めての直線競馬でどんなレースができるか、期待しています」と、厩舎スタッフは本馬の完全復活を心待ちにしている。しばらく勝利からは遠ざかっているものの、パワフルな末脚は魅力十分。ここで新味を見せることができるのか、注目だ。

(片野 昌一)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: