今週の注目レース

函館記念(GⅢ)

函館競馬場 2000メートル(芝)ハンデ 3歳以上オープン

2017年 ルミナスウォリアー

2017年 ルミナスウォリアー

2016年 マイネルミラノ

2016年 マイネルミラノ

2015年 ダービーフィズ

2015年 ダービーフィズ

レース画像をクリックするとその年の結果および映像のページに遷移します。
なお、印刷時はレース画像は表示されません。

歴史

本競走は、函館競馬場で行われる重賞競走の中で最も歴史が古く、1965年に4歳(現3歳)以上のハンデキャップ重賞として創設された。創設当初は芝2400メートルで行われていたが、1968年に芝2000メートルに変更され、現在に至っている。また、負担重量は1994年に別定重量に変更されたが、1997年にハンデキャップに戻され、夏の函館競馬を彩る名物ハンデキャップ重賞として親しまれている。

函館競馬場では、1995年から洋芝(ケンタッキーブルーグラスなど)を使った新しい芝コースの運用が開始され、緑鮮やかなターフを舞台に本競走は行われている。 また、2006年から、夏季競馬をさらに盛り上げるため設けられた「サマー2000シリーズ」の第2戦として行われている。

コースの特徴

函館・芝2000メートル

4コーナー奥のポケット(引き込み線)からスタート。スタート地点から1コーナーまでの距離は約450メートル。決勝線を過ぎてから1コーナーにかけて下り(高低差約1.7メートル)、さらに1コーナーから2コーナーにかけて緩やかに(高低差約0.6メートル)下っていく。2コーナーの半ばからバックストレッチ、3コーナー、4コーナーと緩やかに上っていき、4コーナーからゴール前(残り100メートル付近)まで緩やかに下って、最後の100メートルは平坦となる。最後の直線は262.1メートル(Bコース使用時)。レース前半の下りでペースが速くなることが多いため、上がりがかかる展開になりやすく、最後は地力勝負となる。洋芝のタフな馬場を走り抜く馬力やパワーが重要となる。

(亀谷敬正)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: