今週の注目レース

プロキオンステークス(GⅢ)

中京競馬場 1400メートル(ダート)別定 3歳以上オープン

データ分析関連動画

秋の大舞台に向けて弾みをつけたい夏のダート短距離重賞

プロキオンSは2012年から中京競馬場で行われているが、その2012年は重賞初挑戦だった単勝12番人気のトシキャンディが勝利する波乱の結果となった。また、2014年と2015年に連覇を果たしたベストウォーリアが、両年とも次走でJpnⅠのマイルチャンピオンシップ南部杯を制覇するなど、秋のダート戦線へ向けて見逃せない戦いが繰り広げられている。ここでは中京競馬場で行われた過去6年の結果を分析し、レース傾向を探っていく。

近走の単勝人気に注目

過去6年の出走馬について、過去3走以内のJRAのオープンクラス・ダート1400〜1600メートル戦での最高単勝人気別に成績を調べると、連対馬延べ12頭中10頭は該当するレースでの最高単勝人気が「1〜3番人気」だった。また、「1〜3番人気」の各組は3着内率で40%以上を記録しており、好走率でも「4番人気以下」組や「該当レース不出走」組に大きな差をつけている。〔表1〕

〔表1〕過去3走以内のJRAのオープンクラス・ダート1400〜1600メートル戦での最高単勝人気別成績(過去6年)
最高単勝人気 成績 勝率  連対率 3着内率
1番人気 1-3-2-9 6.7% 26.7% 40.0%
2番人気 1-2-1-5 11.1% 33.3% 44.4%
3番人気 3-0-1-5 33.3% 33.3% 44.4%
4番人気 0-0-1-7 0% 0% 12.5%
5番人気 0-0-1-4 0% 0% 20.0%
6番人気以下 0-0-0-20 0% 0% 0%
該当レース不出走 1-1-0-26 3.6% 7.1% 7.1%

近走の3着以内回数にも注目

過去6年の出走馬について近走の成績を調べると、連対馬延べ12頭のうち11頭は、過去3走で2回以上3着以内に入っていた。該当馬が2番目に多い「0回」組は連対がなく3着1回にとどまっており、過去3走での3着以内の回数が多いほど好走率が上昇している。近走の着順には注目しておきたい。〔表2〕

〔表2〕過去3走で3着以内に入った回数別成績(過去6年)
3着以内の回数 成績 勝率  連対率 3着内率
3回 2-3-1-10 12.5% 31.3% 37.5%
2回 3-3-3-22 9.7% 19.4% 29.0%
1回 1-0-1-20 4.5% 4.5% 9.1%
0回 0-0-1-24 0% 0% 4.0%

過去2走のダート重賞実績をチェック

過去6年の出走馬について、過去2走以内のダート重賞での最高着順別に成績をまとめると、最高着順「1〜3着」の各組が好走率で上位となっている。それに対し、最高着順が「4着以下」だった馬は延べ23頭いたが、連対がなく3着が1回だけと苦戦が続いている。なお、過去2走でダート重賞に出走していなかった馬は8頭が3着以内に入っている。近走でダート重賞に出走していなかった馬も軽視は禁物だろう。〔表3〕

〔表3〕過去2走以内のダート重賞での最高着順別成績(過去6年)
最高着順 成績 勝率  連対率 3着内率
1着 1-1-0-5 14.3% 28.6% 28.6%
2着 2-2-2-4 20.0% 40.0% 60.0%
3着 0-1-0-1 0% 50.0% 50.0%
4着 0-0-0-6 0% 0% 0%
5着 0-0-0-7 0% 0% 0%
6〜9着 0-0-0-3 0% 0% 0%
10着以下 0-0-1-6 0% 0% 14.3%
過去2走でダート重賞不出走 3-2-3-44 5.8% 9.6% 15.4%
ウインファイブ対象レース
勝ち馬を探せ! FOR THE WIN

過去2走とも3番人気以内だった馬が5連勝中

過去5年の優勝馬について、前々走と前走の単勝人気を比較すると、いずれも「過去2走とも3番人気以内」で、「前々走より前走の単勝人気が上位、もしくは同じ」だった。過去2走の単勝人気はチェックしておきたい。〔表4〕

(河野 道夫)

〔表4〕優勝馬の前々走と前走の単勝人気(過去5年)
年度 優勝馬 前々走の単勝人気 前走の単勝人気
2013年 アドマイヤロイヤル 2番人気 2番人気
2014年 ベストウォーリア 1番人気 1番人気
2015年 ベストウォーリア 3番人気 1番人気
2016年 ノボバカラ 2番人気 2番人気
2017年 キングズガード 3番人気 3番人気

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: