今週の注目レース

七夕賞(GⅢ)

福島競馬場 2000メートル(芝)ハンデ 3歳以上オープン

データ分析関連動画

実績馬の活躍が目立つようになってきたハンデキャップ重賞

2013年から2017年の七夕賞で優勝を果たした5頭は、いずれも既にJRAの重賞で優勝経験がある馬だった。2010年から2012年までの優勝馬3頭がそれぞれ重賞未勝利だったのとは対照的だ。なお、優勝馬の単勝人気を見ても、2010年から2012年は11、7、14番人気、2013年から2017年は1、5、2、3、1番人気と対照的になっている。ハンデキャップ競走ではあるものの、近年の傾向を重視するならば、まずは実績上位の馬や上位人気馬に注目すべきだろう。今回は中山競馬場で行われた2011年を含む過去10年のレース結果から、好走馬に共通するポイントを分析してみよう。

6歳以下の馬が中心

過去10年の3着以内馬延べ31頭中28頭は、年齢が「6歳以下」だった。一方、「7歳以上」の馬は優勝例がなく、3着内率も6.3%にとどまっている。7歳以上の馬は評価を下げた方がよさそうだ。〔表1〕

〔表1〕年齢別成績(過去10年)
年齢 成績 勝率 連対率 3着内率
4歳 2-1-1-6 20.0% 30.0% 40.0%
5歳 5-4-3-33 11.1% 20.0% 26.7%
6歳 3-4-5-41 5.7% 13.2% 22.6%
7歳 0-0-1-22 0% 0% 4.3%
8歳 0-1-1-12 0% 7.1% 14.3%
9歳 0-0-0-8 0% 0% 0%
10歳 0-0-0-3 0% 0% 0%
6歳以下 10-9-9-80 9.3% 17.6% 25.9%
7歳以上 0-1-2-45 0% 2.1% 6.3%
  • 注記:2010年は3着同着

大型馬は割り引きが必要

過去10年の3着以内馬のうち前走が国内のレースだった延べ30頭中、2012年3着のミキノバンジョーを除く29頭は、前走が“国内のレース”、かつそのレースでの馬体重が「510キログラム未満」だった。なお、前走が“国外のレース”だった2013年2着のトレイルブレイザーも、“国内のレース”における最高馬体重は498キログラムだった。馬体重の重い馬は過信禁物と見るべきだろう。〔表2〕

〔表2〕前走が“国内のレース”だった馬の、そのレースでの馬体重別成績(過去10年)
前走の馬体重 成績 勝率 連対率 3着内率
510kg未満 10-9-10-102 7.6% 14.5% 22.1%
510kg以上 0-0-1-23 0% 0% 4.2%
  • 注記:2010年は3着同着

前走で先行していた馬は信頼できない

過去10年の連対馬のうち前走が国内のレースだった延べ19頭中、2008年1着のミヤビランベリを除く18頭は、前走が“国内のレース”、かつそのレースでの4コーナーの通過順が「3番手以下」だった。一方、前走が“国内のレース”、かつそのレースでの4コーナーの通過順が「2番手以内」だった馬は連対率4.0%と苦戦している。先行馬も活躍しているレースではあるが、前走で先行していた馬は評価を下げるべきかもしれない。〔表3〕

〔表3〕前走が“国内のレース”だった馬の、そのレースでの4コーナーの通過順別成績(過去10年)
前走の4コーナーの通過順 成績 勝率 連対率 3着内率
2番手以内 1-0-2-22 4.0% 4.0% 12.0%
3番手以下 9-9-9-103 6.9% 13.8% 20.8%
  • 注記:2010年は3着同着

近年は外寄りの枠に入った馬が不振

過去5年の3着以内馬延べ15頭は、いずれも馬番が「1〜12番」だった。2016年には「16番」のシャイニープリンスが単勝1番人気の支持を集めながら9着に敗れている。2012年以前は「13番」から外の馬番だった馬も健闘していたが、近年の傾向を重視するならば、外寄りの枠に入った馬は過信禁物と見ておきたいところだ。〔表4〕

〔表4〕馬番別成績(過去5年)
馬番 成績 勝率 連対率 3着内率
1番 0-0-0-5 0% 0% 0%
2番 1-0-1-3 20.0% 20.0% 40.0%
3番 0-0-0-5 0% 0% 0%
4番 1-2-0-2 20.0% 60.0% 60.0%
5番 0-0-0-5 0% 0% 0%
6番 0-0-0-5 0% 0% 0%
7番 0-0-2-3 0% 0% 40.0%
8番 2-0-0-3 40.0% 40.0% 40.0%
9番 0-0-0-5 0% 0% 0%
10番 0-1-0-4 0% 20.0% 20.0%
11番 1-1-0-3 20.0% 40.0% 40.0%
12番 0-1-2-2 0% 20.0% 60.0%
13番 0-0-0-4 0% 0% 0%
14番 0-0-0-4 0% 0% 0%
15番 0-0-0-4 0% 0% 0%
16番 0-0-0-4 0% 0% 0%
ウインファイブ対象レース
勝ち馬を探せ! FOR THE WIN

重賞ウイナーが5連勝中

冒頭にも記したが過去5年の優勝馬5頭は、いずれも“JRAの重賞”において優勝経験がある馬だった。基本的には実績馬を重視すべきだろう。また、この5頭は年齢が「6歳以下」だった点、前走の馬体重が「510キログラム未満」だった点、前走の4コーナーの通過順が「3番手以下」だった点、七夕賞での馬番が「1〜12番」だった点も共通している。〔表1〕〜〔表4〕で挙げた傾向も加味して評価したい。〔表5〕

(伊吹 雅也)

注記:表は横にスクロールすることができます。

〔表5〕優勝馬の「“JRAの重賞”における最高着順」「年齢」「前走の馬体重」「前走の4コーナーの通過順」「七夕賞での馬番」(過去5年)
年度 優勝馬 “JRAの重賞”における最高着順 年齢 前走の馬体重 前走の4コーナーの通過順 馬番
2013年 マイネルラクリマ 1着(2012年京都金杯) 5歳 480kg 9番手 4番
2014年 メイショウナルト 1着(2013年小倉記念) 6歳 458kg 3番手 2番
2015年 グランデッツァ 1着(2012年スプリングSほか) 6歳 506kg 3番手 11番
2016年 アルバートドック 1着(2016年小倉大賞典) 4歳 480kg 11番手 8番
2017年 ゼーヴィント 1着(2016年ラジオNIKKEI賞) 4歳 492kg 3番手 8番

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: