今週の注目レース

ユニコーンステークス(GⅢ)

東京競馬場 1600メートル(ダート)別定 3歳オープン

出走馬情報

グリム

牡3歳

調教師:野中賢二(栗東)

  • 父:ゼンノロブロイ
  • 母:ブランシュネージュ
  • 母の父:サクラバクシンオー
ここに注目!

約2か月半の休み明けだった前走のオープン特別・青竜S(東京・ダート1600メートル)では、スマハマ(2着)との追い比べを制して3勝目をマーク。この中間の調整も順調で、レースを1度使われた上積みは大きく、前走以上のパフォーマンスが期待できそうだ。

メイクデビュー阪神(芝1200メートル)は3着に敗れたものの、ダートに転じた2戦目の未勝利(京都・ダート1400メートル)で初勝利をマークした。前々走の500万下(阪神・ダート1400メートル)では、2番手追走からメンバー中最速となる上がり3ハロン35秒9(推定)の末脚で、楽に抜け出して快勝。前走のオープン特別・青竜Sは、外を回る正攻法のレース運びから直線の追い比べに競り勝っており、非凡な勝負根性を見せている。前2走の走破時計は、共に同週の古馬1000万下クラスの勝利タイムを上回るもの。3歳春の時点では非常に優秀な数字と言え、能力の高さを裏付けるものだ。今回、目下2連勝の勢いに乗って重賞タイトル獲得を狙う。

ルヴァンスレーヴ

牡3歳

調教師:萩原清(美浦)

  • 父:シンボリクリスエス
  • 母:マエストラーレ
  • 母の父:ネオユニヴァース
ここに注目!

デビューから無傷の3連勝で昨年の全日本2歳優駿(JpnⅠ、川崎・ダート1600メートル)を制覇。今年初戦のオープン特別・伏竜S(中山・ダート1800メートル)は2着だったが、世代トップクラスのダート巧者で、主役の座は譲れない。

昨年8月のメイクデビュー新潟(ダート1800メートル)では、スタートで後手を踏んだものの、最後は後続を7馬身突き放して圧勝。2戦目の500万下・プラタナス賞(東京・ダート1600メートル)は、1分36秒2の2歳JRAレコードで快勝した。前々走の全日本2歳優駿(JpnⅠ)は、初のナイター競馬に、コーナーのキツい川崎コースと、未知の条件下だったが、直線で力強く抜け出してビッグタイトルを獲得。前走のオープン特別・伏竜Sでは、全日本2歳優駿2着馬ドンフォルティス(1着)の逆転を許したが、しっかりと2着を確保しており、レース内容は悪くなかった。今回の舞台は、強い競馬を見せたプラタナス賞と同じ東京・ダート1600メートル。JRA重賞制覇に向けて視界は明るい。

ハーベストムーン

牡3歳

調教師:浅見秀一(栗東)

  • 父:マンハッタンカフェ
  • 母:レツィーナ
  • 母の父:キャプテンスティーヴ
ここに注目!

デビューから3着以内を外さない堅実な成績を誇り、500万下(阪神・ダート1800メートル)、オープン特別・鳳雛S(京都・ダート1800メートル)と目下2連勝中。今回は関東圏への初遠征に加え、200メートルの距離短縮に対応できるかが鍵だろう。

昇級初戦の500万下・くすのき賞(小倉・ダート1700メートル)は、勝負どころの3コーナーで馬群が密集し、脚を余した感のある3着だったが、前々走の500万下では、2番手追走から楽に抜け出して5馬身差の圧勝。前走のオープン特別・鳳雛Sは、好スタートを決めて先手を奪うと、スローに落としてマイペースの逃げ。直線はグレートタイム(2着)の追い上げをクビ差しのいで3勝目を挙げた。今年1月のデビューから今回が6戦目になるが、10日に栗東坂路で行われた追い切りでは4ハロン51秒6の好タイムをマークし、好調ぶりをアピールしている。重賞挑戦の今回は、今後の活躍を占う意味でも、重要な一戦になりそうだ。

バイラ

牡3歳

調教師:川村禎彦(栗東)

  • 父:ヘニーヒューズ
  • 母:コウエイテンプウ
  • 母の父:デヒア
ここに注目!

今回で12戦目というレースキャリアを誇り、経験を積むごとに地力をつけ、前走のオープン特別・端午S(京都・ダート1400メートル)を快勝。展開に左右されない自在性がセールスポイントで、重賞でも遜色のない競馬ができそうだ。

初勝利までに6戦を要したものの、昇級後の3戦目となった3走前の500万下(京都・ダート1400メートル)では、同開催の1600万下・河原町Sの勝ち時計を0秒3上回る、1分25秒2の好タイムで優勝。前々走のオープン特別・昇竜S(中京・ダート1400メートル)は末脚不発で6着に敗れたが、前走のオープン特別・端午Sでは、後方追走からメンバー中最速タイとなる上がり3ハロン37秒4(推定)の末脚で大外を豪快に突き抜け、3勝目を挙げた。6日に栗東CWコースで行われた1週前追い切りでは、自己ベストとなる6ハロン78秒7をマークし、引き続き好調をキープしている様子。200メートルの距離延長を克服できれば、好勝負が可能だろう。

リョーノテソーロ

牡3歳

調教師:武井亮(美浦)

  • 父:Justin Phillip
  • 母:Town Belle
  • 母の父:Speightstown
ここに注目!

オープン特別・クロッカスS(東京・芝1400メートル)で勝利を挙げているものの、ダートでも2勝をマーク。ダートの短距離で活躍した父の血統からも、適性は高そうだ。これまでの3勝はいずれも1400メートル以下だが、1600メートルまでは十分にこなせるだろう。

昨年11月のメイクデビュー東京(ダート1300メートル)は、ミスターメロディ(その後ファルコンSを優勝)の2着に敗れたが、2戦目の未勝利(東京・ダート1400メートル)で初勝利を挙げると、続く500万下(中山・ダート1200メートル)では、ハイペースを先行策から力強く押し切って快勝。今年初戦となったオープン特別・クロッカスSは、スローペースの瞬発力比べになったが、道中は中団のインでじっくり脚をためると、直線で馬場の内めからスパッと抜け出して3連勝を飾った。前々走のニュージーランドTは、スタート後に他の馬と接触するシーンもあって8着、前走のNHKマイルCも11着と敗れたが、強敵にもまれた経験は今後につながるはずだ。

グレートタイム

牡3歳

調教師:藤原英昭(栗東)

  • 父:キングカメハメハ
  • 母:ミラクルレジェンド
  • 母の父:フジキセキ
ここに注目!

母ミラクルレジェンドがダート重賞8勝を挙げた活躍馬で、叔父のローマンレジェンドは2012年の東京大賞典を制したGⅠウイナー。本馬もダート適性の高さは折り紙つきで、重賞のメンバーに入っても潜在能力は引けを取らない。

デビュー2戦目の未勝利(京都・ダート1800メートル)を5馬身差の圧勝。昇級初戦となった500万下ではスマハマに次ぐ2着に入り、続く500万下(共に京都・ダート1800メートル)は、1分51秒6の好タイムで勝ち上がった。前々走のオープン特別・ヒヤシンスS(東京・ダート1600メートル)は、スローペースの中、4コーナー10番手から直線でしぶとく差を詰めて4着。前走のオープン特別・鳳雛S(京都・ダート1800メートル)では、再びスローペースになってハーベストムーン(1着)の逃げ切りを許したが、メンバー中最速となる上がり3ハロン35秒9(推定)の末脚でクビ差の2着まで追い上げ、あらためて能力の高さを示した。堅実な末脚が持ち味で、直線の長い東京コースは合いそうだ。

(京増 真臣)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: