今週の注目レース

安田記念(GⅠ)

東京競馬場 1600メートル(芝)定量 3歳以上オープン

2017年 サトノアラジン

2017年 サトノアラジン

外から鋭く伸びたサトノアラジンがGⅠ初制覇を果たす!

2016年 ロゴタイプ

2016年 ロゴタイプ

逃走劇完遂! ロゴタイプが強敵を破って復活Vを果たす

2015年 モーリス

2015年 モーリス

マイル界に新星誕生! モーリスが4連勝でGⅠ初制覇

レース画像をクリックするとその年の結果および映像のページに遷移します。
なお、印刷時はレース画像は表示されません。

歴史

本競走は、明治・大正・昭和にわたって競馬に携わり、競馬法制定や日本ダービーの創設などに尽力された安田伊左衛門氏の功績を称え、「安田賞」として1951年に創設されたが、1958年、安田氏の死去ののち「安田記念」に改称され、現在に至っている。

創設当初は、4歳(現3歳)以上のハンデキャップ競走として東京競馬場の芝1600メートルで行われた。1984年のグレード制の導入により、GⅠに格付けのうえ、開催時期をオークスの前週に移して5歳(現4歳)以上・定量の条件で争われることになった。その後、1996年から開催時期が日本ダービーの翌週に移設され、出走条件が4歳(現3歳)以上に変更されたため、本競走は名実ともに“上半期のナンバー1マイラー決定戦”となった。2011年の優勝馬リアルインパクトはグレード制導入以来初となる3歳馬による本競走制覇を成し遂げた。

コースの特徴

東京・芝1600メートル

2コーナーにあるスタート地点から、3コーナーに真っすぐ向かっていくレイアウト。向正面半ばに上りがあり、そこから3コーナーにかけて下っていく。最後の直線は525.9メートル。直線に向いてすぐに約160メートルの上り(高低差2.0メートル)があり、その後300メートルはほぼ平坦。前半が速くなりやすく、坂を上った後に ゴール前でもう一段末脚を伸ばすことが要求される。速い時計の決着になると、スプリンタータイプ、インを回ってくる馬が好走しやすく、逆に時計がかかるときには、末脚のしっかりしたタイプ、中距離型が好走しやすい。

(亀谷敬正)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: