今週の注目レース

安田記念(GⅠ)

東京競馬場 1600メートル(芝)定量 3歳以上オープン

出走馬情報

スワーヴリチャード

牡4歳

調教師:庄野靖志(栗東)

  • 父:ハーツクライ
  • 母:ピラミマ
  • 母の父:Unbridled's Song
ここに注目!

前走の大阪杯を優勝。自身4度目の重賞制覇は、待望のGⅠ初勝利となった。今回は初めてのマイル戦になるため、距離短縮への対応が最大のポイント。ただ、自在に動けるタイプで、東京・芝コースとの相性も良好なだけに、GⅠ連勝も難しくはないだろう。

「胸前に筋肉がついて馬体が成長していますし、落ち着きも増してきました。3歳の頃よりも明らかに進化を遂げているので、今後の活躍が楽しみです。前走の大阪杯を勝った後は、安田記念を目標に調整を進めています。中間の調教の動きも上々ですから、好調を維持したまま臨めるでしょう。今回はマイル戦を得意にしている馬が何頭もいて楽な競馬はできないでしょうが、ここで好走してくれれば選択肢も増えるので、大事な一戦です」と、陣営は前走で待望のGⅠタイトルを獲得した看板ホースのケアに懸命だ。過去、左回りの芝コースでは5戦して3勝、2着2回を誇る馬。初のマイル戦だが、今の充実ぶりを考えればGⅠ連勝も可能だろう。

ペルシアンナイト

牡4歳

調教師:池江泰寿(栗東)

  • 父:ハービンジャー
  • 母:オリエントチャーム
  • 母の父:サンデーサイレンス
ここに注目!

昨年のマイルチャンピオンシップでは、最後の直線で馬群を縫うようにして進出。ゴール寸前でエアスピネル(2着)をかわし、見事にGⅠ初制覇を飾った。前走の大阪杯でもスワーヴリチャードに次ぐ2着と好走しており、さらなる進化を遂げている印象だ。

「前走の大阪杯(2着)は、鞍上の福永祐一騎手が道中のインで脚をためて、最後の直線ではこの馬の切れ味をうまく引き出してくれました。芝2000メートルのGⅠでも好勝負を演じてくれたので、これからの展望がさらに開けたと思います。その後は予定通り安田記念を目標に調整を進めており、上々の仕上がりで出走できそうです。芝1600メートルはこの馬にとってぴったりの距離なので、2度目のGⅠタイトルを獲得したいです」と、厩舎サイドは本馬の手入れに汗を流している。昨年のマイルチャンピオンシップでは、後方待機から抜群の瞬発力を発揮して優勝。マイル適性では現役でも屈指の存在と言えるだろう。ここは2度目のビッグレース制覇のチャンスだ。

サングレーザー

牡4歳

調教師:浅見秀一(栗東)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:マンティスハント
  • 母の父:Deputy Minister
ここに注目!

昨年の秋にスワンSを優勝すると、マイルチャンピオンシップと阪神Cでは3着に好走。今年初戦となった前走の読売マイラーズCでは、1分31秒3のコースレコードで鮮やかな差し切り勝ちを演じている。磨きをかけた末脚を武器に、マイル路線の頂点を目指す。

「ここにきて精神面で成長を示しているので、道中の折り合いがスムーズになりました。また、フットワークも力強さを増しています。今回は相手が強くなるので、試金石の一戦ですが、この馬も着実に地力を強化しています。左回りコースに替わる点も問題ありませんから、好勝負を期待したいです」と、厩舎スタッフは本馬の本格化をアピールした。前走の読売マイラーズCでは、昨年のマイルチャンピオンシップ2着馬のエアスピネル(3着)などを相手にコースレコード(1分31秒3)で優勝。4歳馬なので、まだこれからの成長も見込める一頭だ。今回は初の東京・芝コースで、斤量も経験のない58キログラムになるが、現在の勢いなら、優勝も十分視野に入るだろう。

リアルスティール

牡6歳

調教師:矢作芳人(栗東)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:ラヴズオンリーミー
  • 母の父:Storm Cat
ここに注目!

前走のドバイターフ(G1・UAE、芝1800メートル)では、同レース2勝目は逃したものの3着(同着)に好走し、あらためて高い能力を世界にアピールした。帰国後は安田記念を目標に調整を積んで、出走態勢は整ってきた印象。今回、JRAでのGⅠ勝利に挑む。

「UAE遠征から帰国した後は、放牧でリフレッシュさせました。疲れが解消してから栗東トレーニング・センターに帰厩し、順調に乗り込みを消化しているので、不安のない仕上がりで出走できるでしょう。2年前の安田記念では11着に敗れていますが、あの時はスローペースで折り合いを欠いたことがこたえました。敗因は明らかですし、この舞台の適性は備えているはずです。気性的に休み明けでも力を出せるタイプなので、いきなりの好走も可能だと思います」と、陣営も本馬の仕上げに全力を注いでいる。昨年の毎日王冠を約7か月半の休み明けで制しており、今回、帰国初戦でも軽視は禁物だ。

リスグラシュー

牝4歳

調教師:矢作芳人(栗東)

  • 父:ハーツクライ
  • 母:リリサイド
  • 母の父:American Post
ここに注目!

前走のヴィクトリアマイルでは、メンバー中最速となる上がり3ハロン32秒9(推定)の末脚で強襲。念願のGⅠ制覇とはならなかったが、勝ち馬と同タイムの2着でゴールインし、あらためて高い能力を示している。牡馬相手でも、得意の舞台なら侮れない。

「以前は狭いスペースに入ると気にする面を見せましたが、今ではそれも解消してきており、精神面の成長を感じます。前走のヴィクトリアマイル(2着)は惜しいレースでしたが、強い内容だったと思います。今回は中2週のローテーションになりますが、前走後の回復も早かったので、好調をキープしたまま臨めるでしょう。牡馬相手のGⅠは厳しい条件ですが、東京・芝1600メートルはこの馬にぴったりの舞台なので、2キログラムの斤量差があれば勝機を見いだせるはずです」と、厩舎スタッフは本馬のケアに懸命だ。重賞2勝を挙げる東京・芝1600メートルの舞台なら、牡馬を撃破しての戴冠も夢ではない。

レッドファルクス

牡7歳

調教師:尾関知人(美浦)

  • 父:スウェプトオーヴァーボード
  • 母:ベルモット
  • 母の父:サンデーサイレンス
ここに注目!

一昨年と昨年のスプリンターズSを連覇。一方で、昨年の安田記念では最後の直線で鋭く追い込んで、勝ったサトノアラジンからクビ+クビ差の3着に好走しており、マイルの距離も守備範囲だ。豊富なレースキャリアを誇る馬なので、ここも侮れない。

「前走の高松宮記念(8着)は、さすがに位置取りが後方過ぎた感じです。それでもゴール前は差を詰めていたので、悲観はしていません。レース後は疲れを取り、5月になってから美浦トレーニング・センターで乗り込みを開始しました。安田記念を目標にしていましたから、出走態勢は十分に整うでしょう。実績からスプリンターのイメージが強いかもしれませんが、昨年の安田記念では勝ち馬から0秒1差の3着に好走しており、マイルも守備範囲です」と、陣営は厩舎のエースに大きな期待を寄せている。末脚勝負タイプだけに展開に左右されやすいが、身上である末脚は文句なしの一級品。ここは巻き返しが期待される。

ウエスタンエクスプレス

せん6歳

調教師:J.サイズ(香港)

  • 父:Encosta De Lago
  • 母:Alsatia
  • 母の父:Marauding
ここに注目!

昨年12月の香港マイルに続き、前走のチャンピオンズマイル(共にG1・香港、芝1600メートル)でも2着に好走。香港トップクラスのマイラーだけに、日本馬にとっては脅威だ。ただ、今回は初の海外遠征となるので、来日後の状態面はしっかりとチェックしたい。

21戦7勝の実績を挙げて来日。香港調教馬としては2006年のブリッシュラック以来となる優勝を目指している。本馬は1400メートル以下の距離で全7勝をマークしているが、近走はマイル路線を歩み、前走のチャンピオンズマイル(G1・香港)では、中団から力強い末脚を駆使して2着に好走。前々走のチェアマンズトロフィー(G2・香港、芝1600メートル)も2着でゴールインしており、好調期に入っているようだ。芝1600メートルで1分32秒台の持ちタイムがあり、速い時計での決着にも対応可能なタイプだろうが、やはり香港馬とあって、タフな馬場になった方がより力を発揮できそう。雨が降れば大きく浮上してくる一頭だ。

(片野 昌一)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: