今週の注目レース

ヴィクトリアマイル(GⅠ)

東京競馬場 1600メートル(芝)定量 (牝) 4歳以上オープン

出走馬情報

アドマイヤリード

牝5歳

調教師:須貝尚介(栗東)

  • 父:ステイゴールド
  • 母:ベルアリュールⅡ
  • 母の父:Numerous
ここに注目!

6番人気で登場した昨年の本レースでは、最後の直線で力強い末脚と非凡な勝負根性を披露。馬場の真ん中から抜け出して、見事に優勝を飾った。その後は勝ち星を挙げていないが、前走の阪神牝馬S4着をステップに臨む今回、連覇へ向けて視界は明るい。

「東京新聞杯(12着)の後にひと息入れたローテーションが功を奏し、前走の阪神牝馬S(4着)には申し分のない状態で出走できました。ただ、最後の直線で窮屈になるシーンがあり、脚を余しました。残念な一戦でしたが、本番に向けての収穫も大きかったと思います。また、以前は長距離輸送をすると馬体重が減少する傾向がありましたが、それも今では解消しています。現在の体調なら、前年の優勝馬として恥ずかしくないレースができるはずです」と、陣営は連覇に向けて意欲的な姿勢を見せている。デビュー戦では400キログラムに満たない馬体だったが、現在は430キログラム台まで成長。相性の良い東京・芝コースで、再び輝きを放ちたいところだ。

アエロリット

牝4歳

調教師:菊沢隆徳(美浦)

  • 父:クロフネ
  • 母:アステリックス
  • 母の父:ネオユニヴァース
ここに注目!

昨年のNHKマイルカップを勝ち、重賞初制覇をGⅠで達成すると、夏のクイーンSでは歴戦の古馬を撃破。今年の始動戦となった前走の中山記念でも、牡馬の重賞ウイナーたちを相手に2着と好走した。東京・芝1600メートルはベストの条件と言えるだけに、注目度は高い。

「中山記念から放牧を挟んでヴィクトリアマイルというローテーションは予定通りです。うまくリフレッシュができていますし、順調に調整が進んでいます。その中山記念は、牡馬を相手に最後まで粘り強く走っていたので、価値のある2着でした。今回は牝馬同士のレースで、舞台も得意の東京・芝コースに替わります。右回りよりも左回りの方が追い出した時の反応がスムーズですから、楽しみにしています」と、厩舎サイドは条件好転をアピールしている。昨年のNHKマイルCを制覇しており、今回の舞台は最適の印象。また、脚質の自在性を備えている点も心強い。自身2度目のGⅠ制覇に向けて、視界は明るい。

リスグラシュー

牝4歳

調教師:矢作芳人(栗東)

  • 父:ハーツクライ
  • 母:リリサイド
  • 母の父:American Post
ここに注目!

3歳時の昨年は、桜花賞で2着、秋華賞も2着と、惜しいところでビッグタイトル獲得は実現しなかったが、中身の濃い内容を残した。今回の舞台ではアルテミスSと東京新聞杯を優勝しており、ここはGⅠ初制覇の大きなチャンスだろう。

「前走の阪神牝馬Sは、前に行った組に向くスローペースになりましたが、ラストは際どく詰め寄ってくれました。結果は3着でも、悲観はしていません。その後は予定通りに短期放牧でリフレッシュし、春の大目標であるヴィクトリアマイルへ向けて調整を進めています。今年の東京新聞杯を勝っているように、今回はこの馬にぴったりの舞台です。そろそろ大きなタイトルを獲得させたいですね」と、厩舎スタッフは本馬の仕上げに汗を流している。前々走の東京新聞杯では、牡馬の実力馬を抑えて快勝。前走でもラストの伸び脚は際立っていた。念願のビッグタイトル奪取に向けて、万全の態勢を整えている。

ミスパンテール

牝4歳

調教師:昆貢(栗東)

  • 父:ダイワメジャー
  • 母:エールドクラージュ
  • 母の父:シンボリクリスエス
ここに注目!

昨年10月の1600万下・清水S(京都・芝1600メートル)を皮切りに、ターコイズS→京都牝馬S→阪神牝馬Sと、重賞3連勝を含め目下4連勝中。前走ではそれまでの末脚勝負から一転した逃げ切り勝ちを決めており、自在性が出てきた点も大きなセールスポイントだ。

「以前と比較して飼葉食いが良くなり、落ち着きも出ています。ここにきて心・技・体がかみ合ってきた印象で、GⅠの大舞台でも高いパフォーマンスが期待できそうです。前走は逃げて勝ちましたが、それもある程度は考えていましたし、脚質に幅が出てきた点は明るい材料でしょう。今回はさらにメンバーが強化されますが、今の勢いを生かせばチャンスを見いだせるはずです」と、陣営は目下の充実ぶりに手応えを感じている。もともと、長期休養明けで出走したデビュー2戦目のチューリップ賞で2着に好走した素質の持ち主。破竹の4連勝をマークして本格化を遂げているだけに、ここも一気に突破するかもしれない。

レッツゴードンキ

牝6歳

調教師:梅田智之(栗東)

  • 父:キングカメハメハ
  • 母:マルトク
  • 母の父:マーベラスサンデー
ここに注目!

前々走のフェブラリーS5着に続き、前走の高松宮記念では勝ち馬とハナ差の2着に好走。芝・ダートを問わずに活躍を続けている実力馬だ。今回は芝1600メートルへの出走になるが、もともと2015年の桜花賞馬。自身2度目のGⅠ制覇へ向け、条件は悪くない。

「前走の高松宮記念は、勝ったファインニードルとハナ差でしたから、本当に惜しい2着だったと思います。芝・ダートを問わず、中身の濃い競馬を続けてくれる馬ですね。この中間はうまくケアしながら在厩で乗り込みを消化しています。馬体がふっくらしていますから、好調をキープしたまま出走できるでしょう。マイルの距離も守備範囲なので、2度目のGⅠ制覇を達成したいです」と、陣営はレベルの高い走りを続ける本馬に信頼を寄せている。昨年2月の京都牝馬S優勝を最後に勝利の美酒を味わっていないが、芝のスプリントGⅠで3連続2着など、高いパフォーマンスを披露している。ここも有力な優勝候補だ。

ソウルスターリング

牝4歳

調教師:藤沢和雄(美浦)

  • 父:Frankel
  • 母:スタセリタ
  • 母の父:Monsun
ここに注目!

2歳時の一昨年に阪神ジュベナイルフィリーズを優勝。3歳時の昨年にはオークスを制覇するなど、現役牝馬ではトップクラスの実績を誇る一頭だ。前走の阪神牝馬Sは10着と案外の結果だったが、休養明け2戦目の今回は本領発揮が期待される。

「前走の阪神牝馬S(10着)は案外の結果でしたが、休養明けのレースで少し力みが感じられましたし、56キログラムの斤量を背負っていたことも、微妙に影響したかもしれません。加えて、スローペースの瞬発力比べよりも、持久力勝負の方が合っているようです。ここにきて毛ヅヤが良くなって、状態は着実に上向いていますから、この馬の力を出し切ることができれば、巻き返しは難しくないはずです」と、スタッフは捲土重来を期している。圧倒的な力を見せた昨年春までの活躍を思えば、近走の内容はひと息に見えるが、復調を果たしていれば、あっさり勝っても不思議はない。

レーヌミノル

牝4歳

調教師:本田優(栗東)

  • 父:ダイワメジャー
  • 母:ダイワエンジェル
  • 母の父:タイキシャトル
ここに注目!

昨年は桜花賞を優勝し、マイルチャンピオンシップでは牡馬の強敵もいる中で4着に善戦。安定感には欠けるタイプながら、随所で高い能力を示している。スプリント路線を歩んだ今年の2戦はひと息の成績だったが、実績を残す距離に戻る今回は注目が必要だ。

「前走の高松宮記念(7着)は、道中いい感じで追走できましたが、ラスト1ハロンの伸び脚が案外でした。それでも、牡馬相手のGⅠで勝ち馬と0秒3差の競馬ができたので、今後につながる内容は残せたと思います。今回は実績のあるマイルの距離に加えて、牝馬限定戦に条件が替わります。うまく流れに乗って、もまれないレースができれば、好勝負が可能でしょう」と、陣営は厩舎の看板ホースの仕上げに懸命だ。2日に栗東CWコースで行われた1週前追い切りでは、5ハロン63秒台の好タイムをマークしており、仕上がりは順調の様子。強い相手と戦ってきた経験を生かして、好勝負をもくろむ。

デンコウアンジュ

牝5歳

調教師:荒川義之(栗東)

  • 父:メイショウサムソン
  • 母:デンコウラッキー
  • 母の父:マリエンバード
ここに注目!

昨年の本レースは17頭立ての11番人気だったが、最後の直線では大外に進路を取ってゴール前で強襲。2着まで追い上げて波乱の立役者となっている。阪神牝馬Sの後に福島牝馬Sを挟むローテーションは昨年と同じで、今年も侮ることはできない。

「前走の福島牝馬S(3着)はあと一歩のところで勝ちを逃がしましたが、長くいい脚を使って追い上げてくれましたから、本番につながるレースだったと思います。小回りコースで、ある程度のポジションを取りに行った分、最後の詰めを欠いた印象です。今回は実績のある東京・芝コースに替わるので、本来の末脚を発揮できるはずです。実戦を使いながら調子を上げるタイプですから、休養明け3戦目の今回はさらに体調アップが見込めます」と、厩舎スタッフは好勝負を期待している。昨年も福島牝馬S(4着)で早めに仕掛ける競馬を見せ、ヴィクトリアマイルでの好走(2着)につなげている。今年も、上位進出の可能性が十分にあるだろう。

(片野 昌一)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: