今週の注目レース

天皇賞(春)(GⅠ)

京都競馬場 3200メートル(芝・外)定量 4歳以上オープン

データ分析関連動画

伝統が刻まれている日本最長距離のGⅠ

昨年は単勝1番人気に支持されたキタサンブラックがレコードタイムで優勝し、2着には4番人気のシュヴァルグラン、3着には2番人気のサトノダイヤモンドが入った。しかし、それ以前は下位人気馬の台頭も多く、過去10年のうち6年で単勝10番人気以下の馬が3着以内に食い込んでいる。今年も3200メートルという距離を味方につけられそうなタイプには注意が必要。日本競馬の伝統が息づく頂上決戦の傾向を、過去10年の結果をもとに見ていきたい。

単勝人気別の成績をチェック

冒頭に記したとおり、天皇賞(春)は下位人気馬が上位に食い込むことが多い一戦。過去10年の単勝人気別成績を調べると、1番人気馬が不振で、2番人気馬の成績が良好となっている。昨年は1番人気のキタサンブラックが優勝したが、1番人気馬の優勝は2006年のディープインパクト以来11年ぶりだった。〔表1〕

〔表1〕単勝人気別成績(過去10年)
単勝人気 成績 勝率 連対率 3着内率
1番人気 1-0-1-8 10.0% 10.0% 20.0%
2番人気 4-1-2-3 40.0% 50.0% 70.0%
3番人気 1-4-1-4 10.0% 50.0% 60.0%
4番人気 1-3-0-6 10.0% 40.0% 40.0%
5、6番人気 0-0-3-17 0% 0% 15.0%
7〜9番人気 1-1-0-28 3.3% 6.7% 6.7%
10番人気以下 2-1-3-78 2.4% 3.6% 7.1%

単勝オッズ別の成績も見てみると、単勝1倍台の支持を得ていた馬が3頭とも4着以下に敗れている。それに対し、「4.0〜9.9倍」の馬の好走が多くなっている。〔表2〕

〔表2〕単勝オッズ別成績(過去10年)
単勝オッズ 成績 勝率 連対率 3着内率
1.9倍以下 0-0-0-3 0% 0% 0%
2.0〜3.9倍 1-0-2-5 12.5% 12.5% 37.5%
4.0〜6.9倍 5-2-1-6 35.7% 50.0% 57.1%
7.0〜9.9倍 0-3-2-8 0% 23.1% 38.5%
10.0〜19.9倍 2-3-1-16 9.1% 22.7% 27.3%
20.0〜49.9倍 1-1-2-32 2.8% 5.6% 11.1%
50.0〜99.9倍 0-1-0-25 0% 3.8% 3.8%
100倍以上 1-0-2-49 1.9% 1.9% 5.8%

年齢別の成績も確認

過去10年の年齢別成績を調べると、ベテラン勢の出走も多いGⅠだが、好成績を残しているのは若い世代で、その中でも5歳馬が9頭も連対している。また、4歳馬は3勝を挙げ、2着は1回だけだが、3着が5回もある点は覚えておいてもいいだろう。〔表3〕

〔表3〕年齢別成績(過去10年)
年齢 成績 勝率 連対率 3着内率
4歳 3-1-5-35 6.8% 9.1% 20.5%
5歳 4-5-1-39 8.2% 18.4% 20.4%
6歳 3-2-2-26 9.1% 15.2% 21.2%
7歳 0-1-2-19 0% 4.5% 13.6%
8歳以上 0-1-0-25 0% 3.8% 3.8%

枠番別の成績にも特徴あり

過去10年の枠番別成績を調べると、1枠の馬が5勝を挙げ、2枠は3着内率で25%を超えている。内枠の活躍が目立つ点は、注目に値するデータだと言えそうだ。〔表4〕

〔表4〕枠番別成績(過去10年)
枠番 成績 勝率 連対率 3着内率
1枠 5-1-1-12 26.3% 31.6% 36.8%
2枠 1-2-2-14 5.3% 15.8% 26.3%
3枠 1-1-1-17 5.0% 10.0% 15.0%
4枠 1-0-1-18 5.0% 5.0% 10.0%
5枠 0-1-0-19 0% 5.0% 5.0%
6枠 1-1-2-16 5.0% 10.0% 20.0%
7枠 0-2-1-24 0% 7.4% 11.1%
8枠 1-2-2-24 3.4% 10.3% 17.2%

前走のレース別成績にも注目

過去10年の天皇賞(春)で3着以内に入った延べ30頭のうち27頭は、前走が大阪杯(GⅡ時代を含む)、阪神大賞典、日経賞、京都記念のいずれかだった。その他のレースから臨んだ馬はいまひとつの成績となっている。〔表5〕

〔表5〕前走のレース別成績(過去10年)
前走のレース 成績 勝率 連対率 3着内率
大阪杯 3-3-2-10 16.7% 33.3% 44.4%
日経賞 3-3-2-44 5.8% 11.5% 15.4%
阪神大賞典 3-2-4-48 5.3% 8.8% 15.8%
京都記念 1-1-0-3 20.0% 40.0% 40.0%
その他のレース 0-1-2-39 0% 2.4% 7.1%
  • 注記:「大阪杯」はGⅡで行われた2008〜2016年とGⅠに昇格した2017年を合計したもの

前走の着順別の成績は?

過去10年の優勝馬のうち8頭は、前走で2着以内に入っていた。2014年はフェノーメノが日経賞5着から優勝し、2012年はビートブラックが阪神大賞典10着から金星を挙げたが、基本的には前走で好走していた馬が上位に入るケースが多い。〔表6〕

〔表6〕前走の着順別成績(過去10年)
前走の着順 成績 勝率 連対率 3着内率
1着 5-5-4-27 12.2% 24.4% 34.1%
2着 3-1-3-22 10.3% 13.8% 24.1%
3着 0-2-1-19 0% 9.1% 13.6%
4着 0-0-1-14 0% 0% 6.7%
5着 1-0-0-13 7.1% 7.1% 7.1%
6〜9着 0-2-0-34 0% 5.6% 5.6%
10着以下 1-0-1-15 5.9% 5.9% 11.8%

重賞で5着または6着があった馬にも要注目!?

過去10年の天皇賞(春)では、「4走前までに重賞で単勝5番人気以内で5着または6着となっていた」という馬が2011年を除き連対している。昨年も2走前の有馬記念で「5番人気6着」だったシュヴァルグランが2着に入った。今年もそういった経歴を持っている馬が出走してきたら、注目してみるのも面白いかもしれない。〔表7〕

注記:表は横にスクロールすることができます。

〔表7〕4走前までに重賞で単勝5番人気以内で5着または6着となっていた天皇賞(春)連対馬一覧(過去10年)
年度 着順 馬名 該当レース
2008年 2着 メイショウサムソン 前走 産経大阪杯 2番人気 6着
2009年 2着 アルナスライン 2走前 アメリカJCC 3番人気 6着
2010年 1着 ジャガーメイル 3走前 アルゼンチン共和国杯 1番人気 5着
2012年 1着 ビートブラック 2走前 ダイヤモンドS 4番人気 6着
2着 トーセンジョーダン 2走前 有馬記念 3番人気 5着
2013年 1着 フェノーメノ 2走前 ジャパンカップ 4番人気 5着
2014年 1着 フェノーメノ 前走 日経賞 2番人気 5着
2015年 2着 フェイムゲーム 4走前 オールカマー 4番人気 6着
2016年 2着 カレンミロティック 前走 阪神大賞典 5番人気 6着
2017年 2着 シュヴァルグラン 2走前 有馬記念 5番人気 6着
  • 注記:該当レースが複数ある場合は直近のものを掲載
ウインファイブ対象レース
勝ち馬を探せ! FOR THE WIN

近走のGⅠで2〜4着に入っていた馬が4年連続で優勝

過去4年の天皇賞(春)では、「2走前もしくは3走前にGⅠで2〜4着に入っていた」という馬が優勝を飾っている。その4頭は全て、該当するレースで単勝4番人気以内の支持を受けていた。〔表8〕

(浅野 靖典)

〔表8〕過去4年の優勝馬が2走前もしくは3走前に2〜4着となっていたGⅠ
年度 馬名 該当レース
2014年 フェノーメノ 2走前 宝塚記念 3番人気 4着
2015年 ゴールドシップ 3走前 有馬記念 1番人気 3着
2016年 キタサンブラック 2走前 有馬記念 4番人気 3着
2017年 キタサンブラック 2走前 有馬記念 2番人気 2着

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: