今週の注目レース

アンタレスステークス(GⅢ)

阪神競馬場 1800メートル(ダート)別定 4歳以上オープン

データ分析関連動画

大舞台につながっていく古馬ダート戦線の出世レース

2013年のアンタレスSで自身4度目の重賞制覇を果たしたホッコータルマエは、次走のかしわ記念を皮切りに、国内のGⅠ・JpnⅠ競走で計10勝をマークした。この他にも、2012年の優勝馬ゴルトブリッツが次走の帝王賞で1着、2014年の優勝馬ナムラビクターが同年のチャンピオンズCで2着、2016年の優勝馬アウォーディーが同年のJBCクラシックで1着となるなど、ダートグレード競走の古馬中長距離戦線につながっていく重要な一戦だ。今回は京都・ダート1800メートルで行われていた2011年以前を含む過去10年のレース結果から、好走馬に共通するポイントを分析してみよう。

若い馬ほど好走率が高い

過去10年の出走馬の年齢別成績を調べると、8歳以上の馬は3着以内に入った例がない。また、3着内率は若い馬ほど高くなっている。年齢が若い馬ほど信頼できるレースと言えそうだ。〔表1〕

〔表1〕年齢別成績(過去10年)
年齢 成績 勝率 連対率 3着内率
4歳 3-5-4-28 7.5% 20.0% 30.0%
5歳 5-2-1-31 12.8% 17.9% 20.5%
6歳 2-1-4-36 4.7% 7.0% 16.3%
7歳 0-2-1-21 0% 8.3% 12.5%
8歳 0-0-0-5 0% 0% 0%
9歳 0-0-0-5 0% 0% 0%

また、過去10年の3着以内馬延べ30頭中、2009年2着のワンダースピードを除く29頭は、通算出走数が「30戦以内」だった。高齢馬だけでなく、キャリアが豊富な馬も評価を下げたい。〔表2〕

〔表2〕通算出走数別成績(過去10年)
通算出走数 成績 勝率 連対率 3着内率
30戦以内 10-9-10-87 8.6% 16.4% 25.0%
31戦以上 0-1-0-39 0% 2.5% 2.5%

“マーチS組”は過信禁物

過去10年の出走馬延べ156頭中、4割弱にあたる58頭は、前走が「マーチS」だった。ただし、「マーチS」組は優勝例がなく、3着内率も10.3%にとどまっている。今年も“マーチS組”は苦戦する可能性が高いと見ておくべきだろう。〔表3〕

〔表3〕前走のレース別成績(過去10年)
前走のレース 成績 勝率 連対率 3着内率
マーチS 0-4-2-52 0% 6.9% 10.3%
その他のレース 10-6-8-74 10.2% 16.3% 24.5%

なお、前走が「マーチS」だった馬のうち、年齢が「5歳以上」だった馬は3着内率2.2%とさらに苦戦している。前走で「マーチS」を使われていた5歳以上の馬は割り引きが必要だ。〔表4〕

〔表4〕前走が「マーチS」だった馬の年齢別成績(過去10年)
年齢 成績 勝率 連対率 3着内率
4歳 0-4-1-8 0% 30.8% 38.5%
5歳以上 0-0-1-44 0% 0% 2.2%

格の高いレースでの着順に注目

過去10年の3着以内馬延べ30頭中12頭は、前年以降に“JRAのダート1800メートルのGⅠかGⅡ”において9着以内に入った経験のある馬だった。ちなみに、昨年の1〜3着馬はいずれもこの経験があった馬である。昨年の東海SやチャンピオンズC、今年の東海Sで9着以内に入っていた馬がいたらぜひ注目してみたい。〔表5〕

〔表5〕前年以降に“JRAのダート1800メートルのGⅠかGⅡ”において9着以内に入った経験の有無別成績(過去10年)
経験の有無 成績 勝率 連対率 3着内率
あり 3-4-5-18 10.0% 23.3% 40.0%
なし 7-6-5-108 5.6% 10.3% 14.3%

なお、前年以降に“JRAのダート1800メートルのGⅠかGⅡ”において9着以内に入った経験がなかった馬のうち、前走の着順が「3着以下」だった馬の優勝例はなく、3着内率も7.5%にとどまっている。前出の条件を満たしていない馬同士を比較する際は、前走の着順を素直に評価すべきだろう。〔表6〕

〔表6〕前年以降に“JRAのダート1800メートルのGⅠかGⅡ”において9着以内に入った経験がなかった馬の、前走の着順別成績(過去10年)
前走の着順 成績 勝率 連対率 3着内率
2着以内 7-4-1-34 15.2% 23.9% 26.1%
3着以下 0-2-4-74 0% 2.5% 7.5%

近年は前走で先行していた馬が優勢

阪神・ダート1800メートルで行われるようになった2012年以降の3着以内馬延べ18頭中12頭は、前走の4コーナーの通過順が「3番手以内」だった。一方、「4番手以下」だった馬は優勝例がなく、3着内率も10.2%にとどまっている。近年の傾向を重視するならば、前走で先行していた馬に注目したいところだ。〔表7〕

〔表7〕前走の4コーナーの通過順別成績(過去6年)
前走の4コーナーの通過順 成績 勝率 連対率 3着内率
3番手以内 6-4-2-25 16.2% 27.0% 32.4%
4番手以下 0-2-4-53 0% 3.4% 10.2%
ウインファイブ対象レース
勝ち馬を探せ! FOR THE WIN

重賞での実績も重要

過去6年の優勝馬6頭は、いずれも“JRAのダート1800〜2000メートルの重賞”において連対経験のある馬だった。JRAのダート中距離重賞で連対経験のない馬は評価を下げるべきだろう。また、この6頭は通算出走数が29戦以下だった点、前走が“マーチS以外のレース”だった点、前走の4コーナーの通過順が3番手以内だった点も共通している。〔表2〕〔表3〕〔表7〕あたりの傾向も重視したい。〔表8〕

(伊吹 雅也)

〔表8〕優勝馬の「“JRAのダート1800〜2000メートルの重賞”における最高着順」「通算出走数」「前走のレース」「前走の4コーナーの通過順」(過去6年)
年度 優勝馬 JRAのダート1800〜2000メートルの重賞における最高着順 通算出走数 前走のレース 前走の4コーナーの通過順
2012年 ゴルトブリッツ 1着(2011年アンタレスS) 17戦 仁川S 先頭
2013年 ホッコータルマエ 1着(2012年レパードS) 15戦 名古屋大賞典 2番手
2014年 ナムラビクター 2着(2012年レパードS) 14戦 仁川S 2番手
2015年 クリノスターオー 1着(2014年シリウスSほか) 15戦 チャンピオンズC 先頭
2016年 アウォーディー 1着(2015年シリウスS) 29戦 名古屋大賞典 2番手
2017年 モルトベーネ 2着(2017年東海S) 24戦 名古屋大賞典 3番手

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: