今週の注目レース

皐月賞(GⅠ)

中山競馬場 2000メートル(芝)定量 牡・牝 3歳オープン

出走馬情報

ワグネリアン

牡3歳

調教師:友道康夫(栗東)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:ミスアンコール
  • 母の父:キングカメハメハ
ここに注目!

昨年はデビューから3連勝を果たし、豊かな将来性をアピール。今年初戦となった前走の弥生賞で2着に敗れ連勝はストップしたが、最後の直線では目を引く末脚を披露していた。同じ舞台で行われる本番で、戴冠に挑む。

「前走の弥生賞は、休養明けの影響なのか、レース前にテンションが高くなっていました。それでも、実戦へいってからは比較的スムーズに走っていましたし、最後の直線ではこの馬らしい末脚を見せてくれました。結果は2着でしたが、次につながる内容を残せたと思います。また、本番と同じ舞台を経験できた点も大きかったです。この中間も順調に乗り込みを消化しています。末脚が生きる流れになれば勝機も出てくるでしょう」と、厩舎スタッフは大一番でのVを狙っている。デビューからの連勝は3でストップしたが、依然として連続連対は継続中。休み明けを1度使われたことによって馬に落ち着きが出ていれば、チャンスも広がりそうだ。

ステルヴィオ

牡3歳

調教師:木村哲也(美浦)

  • 父:ロードカナロア
  • 母:ラルケット
  • 母の父:ファルブラヴ
ここに注目!

前走のスプリングSでは、残り200メートルで見事な切れ味を発揮し、逃げ込みを図るエポカドーロ(2着)をハナ差かわしてゴールイン。重賞初制覇を飾っている。以前は後方一気のスタイルだったが、馬体の緩さが解消した今なら、異なる戦法も可能だろう。

「昨年はまだ馬体に緩さが残っていましたが、3歳を迎えてだいぶしっかりしてきました。前走のスプリングSは、器用さの要求される中山・芝コースでも身上とする末脚を存分に発揮してくれたので、本番につながる内容だったと思います。今回は距離がさらに200メートル延びますが、前走のレースぶりなら対応可能でしょう」と、厩舎サイドは本馬の成長を感じ取っている。重賞タイトル獲得は前走が初だったが、デビューからここまで5戦オール連対(3勝、2着2回)という安定感がセールスポイント。早めに進出を開始して差し切った前走は強い内容で、ここも好勝負ができそうだ。

ジャンダルム

牡3歳

調教師:池江泰寿(栗東)

  • 父:Kitten's Joy
  • 母:Believe
  • 母の父:Sunday Silence
ここに注目!

デビュー2戦目のデイリー杯2歳Sを快勝し、素質の高さを示していた。その後もホープフルS2着、弥生賞3着と安定した走りを続けており、本番でも有力な優勝候補に挙げられるはず。自在性のある脚質にも注目したい。

「前走の弥生賞(3着)後は、栗東の坂路とCWコースを併用して乗り込みを進めています。動きもひと追いごとに良化中ですから、好仕上がりで皐月賞に送り出せると思います。前走は勝ったダノンプレミアムが強過ぎた印象ですが、この馬の内容も良く、次につながる競馬でした。とにかくレースセンスが良く、操縦性も高い馬です。どんな競馬でもできるのは、大きなセールスポイントになるでしょう」と、厩舎スタッフは本馬に信頼を寄せている。デイリー杯2歳S優勝に加え、ホープフルS2着、弥生賞3着の実績を誇る素質馬。武豊騎手との息もぴったり合っているだけに、ここもチャンス十分だろう。

キタノコマンドール

牡3歳

調教師:池江泰寿(栗東)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:ベネンシアドール
  • 母の父:キングカメハメハ
ここに注目!

全姉にデニムアンドルビーがいる厩舎期待の良血馬。前走のオープン特別・すみれS(阪神・芝2200メートル)では、後方待機から大外を進出し、豪快な末脚で無傷の2連勝をマークした。今回は重賞すら初挑戦になるが、未知の魅力を秘めた一頭だ。

「デビュー前は歩様に硬いところがあって、思うように調教を積めませんでしたが、それでも初陣を飾ってくれたように素質の高い馬です。2戦目の前走(オープン特別・すみれS、1着)は上積みが大きく、期待を持っていましたが、素晴らしい末脚で勝ってくれました。この馬のセールスポイントは反応の速さですが、まだ成長の余地を残していると思います。今回は初の長距離輸送、初の中山・芝コースなど、克服しなければならない材料は少なくありませんが、楽しみな素質馬です」と、スタッフは本馬の将来性を高く買っている。キャリア2戦でのGⅠ挑戦になるが、実績上位の馬たちを撃破するシーンは十分にありそうだ。

エポカドーロ

牡3歳

調教師:藤原英昭(栗東)

  • 父:オルフェーヴル
  • 母:ダイワパッション
  • 母の父:フォーティナイナー
ここに注目!

前走のスプリングSは、2番手追走から最後の直線で抜け出し、1度は先頭に立つ内容で勝ち馬とハナ差の2着に好走。高い能力を示している。逃げても好位からでも競馬ができる機動力は、本番の皐月賞でも大きな武器になりそうだ。

「この時期の3歳馬としては精神面の完成度が高く、どっしりした馬です。前走のスプリングS(2着)は惜しいレースでしたが、内容は勝ちに等しいものがありました。また、2番手から競馬ができたことも本番に生きてくるでしょう。この中間も順調に調整を積んでいますから、好調をキープしたまま皐月賞に臨めそうです。前々走の500万下・あすなろ賞(小倉・芝2000メートル、1着)で後続に3馬身1/2差をつけて快勝した内容から、距離延長に不安はありませんし、前走では中山・芝コースを経験できました。不安なくレースに送り出せます」と、陣営は完成度の高さをアピールした。持ち味の先行力を武器に、GⅠ制覇をもくろむ。

タイムフライヤー

牡3歳

調教師:松田国英(栗東)

  • 父:ハーツクライ
  • 母:タイムトラベリング
  • 母の父:ブライアンズタイム
ここに注目!

昨年は、GⅠに昇格したホープフルSを豪快な末脚で優勝。世代トップクラスの能力があることを証明している。圧倒的な1番人気の支持を受けた前走の皐月賞トライアル・若葉S(阪神・芝2000メートル)は5着に敗れたが、1度使われた今回は一変が可能だろう。

「前走の皐月賞トライアル・若葉Sは、スタート直後に他の馬と接触する場面があって、後方からのレースになりました。また、道中のペースも遅かったので、この馬には厳しい形になったと思います。それでも、大外を回ってメンバー中最速タイの上がり3ハロンタイム(34秒9、推定)をマークしていたので、悲観する内容ではありません。休養明け2戦目となる今回は、状態面の上積みが見込めるうえに、GⅠを制した中山・芝2000メートルに舞台が替わりますから、変わり身が期待できるでしょう」と、陣営は巻き返しに向けて懸命だ。前走の敗因は明確なだけに、本番で本領発揮が期待される。

オウケンムーン

牡3歳

調教師:国枝栄(美浦)

  • 父:オウケンブルースリ
  • 母:ムーンフェイズ
  • 母の父:エリシオ
ここに注目!

前走の共同通信杯では、好位を追走して最後の直線では力強い末脚を発揮。2着馬に3/4馬身という着差以上に強い内容で、初の重賞タイトルを獲得した。派手さこそないが、器用さを備えており、目下3連勝の勢いもセールスポイントになるだろう。

「共同通信杯から皐月賞に直行するローテーションは予定通りです。2月以来の実戦になりますが、しっかりと乗り込んでいるので、上々の仕上がりで出走できそうです。前走は東京・芝コースで勝ちましたが、器用さのあるタイプなので、中山・芝コースならさらに持ち味が生きるでしょう。相手は強化されますが、この馬も成長の余地を残した段階で重賞制覇を果たしていますから、ここでどんなレースができるか楽しみです」と、厩舎サイドは本馬の素質を評価している。前々走の500万下では、今回と同じ中山・芝2000メートルで鮮やかな差し切り勝ち。着実に地力を強化しているだけに、大一番でも侮ることはできない。

ジェネラーレウーノ

牡3歳

調教師:矢野英一(美浦)

  • 父:スクリーンヒーロー
  • 母:シャンハイロック
  • 母の父:ロックオブジブラルタル
ここに注目!

前走の京成杯を優勝し、ここまで4戦3勝。今回はそれ以来3か月ぶりのレースとなるので、最終追い切りの動きはしっかりとチェックしたい。中山・芝2000メートルで2戦2勝というコース適性の高さは、大きな魅力だ。

「前走の京成杯を勝った後は、成長を促す目的で放牧へ出しました。3月に美浦トレーニング・センターに戻ってからは、皐月賞を目標に乗り込みを消化しています。馬体の張りや毛づやも良く、体調面に不安はありません。3連勝をマークしていますが、まだ本気を出していない印象ですから、強い相手に対してどのようなパフォーマンスを見せてくれるのか、楽しみにしています」と、陣営は本馬がまだ底を見せていないことを強調した。今回は1月以来のレースになるが、帰厩後の調整は順調。未勝利(東京・芝2000メートル)勝ちが約3か月ぶりのレースだったことから、休み明けでも力を出せるタイプだろう。いきなりの好走が期待される。

(片野 昌一)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: