今週の注目レース

中山グランドジャンプ(J・GⅠ)

中山競馬場 4250メートル(芝・外)定量 4歳以上障害オープン

データ分析関連動画

春のジャンプ王者を決する戦い

ジャンプレースの最高峰として春の中山開催を彩る中山グランドジャンプ。2013年に優勝したアイルランドのブラックステアマウンテンを除けば、2012年以降に優勝した国内調教馬延べ5頭は、全て同年のJRA賞で最優秀障害馬に選出されている。今回は、7月に行われた2011年を含めた過去10年の結果を中心に、好走馬に共通する傾向を探っていく。

直近の中山・障害レースでの単勝人気に注目

過去10年の出走馬について、過去3走以内で直近に出走していた中山競馬場の障害レースでの単勝人気別に成績をまとめると、「1番人気」組が勝率41.7%、連対率50.0%をマークするなど、該当レースで上位人気に支持されているほど好走率が高くなっている。また、延べ出走頭数は「5番人気以内」が49頭、「6番人気以下」と「過去3走で不出走」の合計が79頭という中で、連対馬20頭中17頭を「5番人気以内」組が占めている。過去3走以内で直近に出走していた中山競馬場の障害レースで、上位人気に支持されていた馬は注目してみたい。〔表1〕

〔表1〕過去3走以内で直近に出走していた中山競馬場の障害レースでの単勝人気別成績(過去10年)
単勝人気 成績 勝率  連対率 3着内率
1番人気 5-1-0-6 41.7% 50.0% 50.0%
2番人気 2-3-2-7 14.3% 35.7% 50.0%
3番人気 1-2-1-5 11.1% 33.3% 44.4%
4番人気 1-1-0-5 14.3% 28.6% 28.6%
5番人気 0-1-0-6 0% 14.3% 14.3%
6〜9番人気 1-0-3-29 3.0% 3.0% 12.1%
10番人気以下 0-0-1-11 0% 0% 8.3%
過去3走で不出走 0-2-3-29 0% 5.9% 14.7%

近走の3900メートル以上の障害レースの着順をチェック

過去10年の出走馬について、過去3走以内で直近に出走していた3900メートル以上の障害レースでの着順別成績を調べると、「1着」「3着」「4着」が連対率で40%以上を記録するなど、上位の着順だった馬が好成績を残している。延べ出走頭数でも「6〜9着」「10着以下」「過去3走で不出走」の合計が83頭なのに対し、「1〜5着」は45頭と少ないながら、連対馬20頭中16頭を占めていることは覚えておいても損はないだろう。〔表2〕

〔表2〕過去3走以内で直近に出走していた3900メートル以上の障害レースでの着順別成績(過去10年)
着順 成績 勝率  連対率 3着内率
1着 3-3-3-6 20.0% 40.0% 60.0%
2着 1-0-1-5 14.3% 14.3% 28.6%
3着 2-2-1-4 22.2% 44.4% 55.6%
4着 1-2-0-4 14.3% 42.9% 42.9%
5着 1-1-0-5 14.3% 28.6% 28.6%
6〜9着 1-0-0-20 4.8% 4.8% 4.8%
10着以下 0-0-0-13 0% 0% 0%
過去3走で不出走 1-2-5-41 2.0% 6.1% 16.3%
  • 注記:競走中止はその競走の最下位として集計

直近の障害レースでの最終コーナー通過順にも注目

過去10年の出走馬が直近で出走していた障害レースでの最終コーナーの通過順別成績をまとめると、「2、3番手」組が好走率でトップに立ち、「先頭」組が2番手に付けている。直近の障害レースで最終コーナーを前めのポジションで通過していた馬は、ノーマークにはできないだろう。〔表3〕

〔表3〕直近の障害レースでの最終コーナーの通過順別成績(過去10年)
通過順 成績 勝率  連対率 3着内率
先頭 1-2-2-11 6.3% 18.8% 31.3%
2、3番手 6-4-3-20 18.2% 30.3% 39.4%
4〜6番手 1-2-4-31 2.6% 7.9% 18.4%
7〜9番手 1-1-1-15 5.6% 11.1% 16.7%
10番手以下 1-0-0-15 6.3% 6.3% 6.3%
競走中止 0-1-0-4 0% 20.0% 20.0%
  • 注記:直近の障害レースが海外のレースだった馬を除く

年明け以降に「1回」だけ出走していた馬が優勢

7月に行われた2011年を除き、2007年以降に中山競馬場で行われた過去10回の出走馬について、年明け以降の出走回数別に成績を調べると、「1回」組が好走率でトップとなっている。「3回以上」組から2頭の優勝馬が出ているが、この2頭は2007年のカラジ、2013年のブラックステアマウンテンと共に外国調教馬だった。国内調教馬に限れば、年明け以降の出走回数が「1回」以外だった馬で優勝したのは、2015年アップトゥデイト(2回)だけだ。〔表4〕

(河野 道夫)

〔表4〕年明け以降の出走回数別成績(2011年を除く2007年以降の過去10回)
出走回数 成績 勝率  連対率 3着内率
3回以上 2-4-3-40 4.1% 12.2% 18.4%
2回 1-1-3-23 3.6% 7.1% 17.9%
1回 7-5-4-36 13.5% 23.1% 30.8%
0回 0-0-0-2 0% 0% 0%
  • 注記:7月に行われた2011年を除く

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: