今週の注目レース

大阪杯(GⅠ)

阪神競馬場 2000メートル(芝)定量 4歳以上オープン

データ分析関連動画

GⅠ昇格2年目の戦いに要注目

GⅠに昇格した昨年は、キタサンブラックが単勝1番人気に応えて快勝。今年もこのレースが春の古馬中長距離GⅠ戦線の幕開けとなる。阪神競馬場の芝・内回りコースは立ち回りの巧さを要求される舞台。予想を組み立てるときには、そのあたりを考慮する必要もあるだろう。今回は、GⅡとして行われていた2016年以前を含む過去10年のデータを見ていくことにしたい。

伏兵馬にも要注意

過去10年の単勝人気別成績と単勝オッズ別成績を調べると、1番人気は3着内率90%。特に、単勝オッズ2.9倍以下だった1番人気馬は、〔3-3-2-0〕(3着内率100%)となっている。それに対し、3〜5番人気はそれぞれ連対率10.0%といまひとつ。6番人気馬が2勝2着1回、7〜9番人気が2着4回となっている点が特徴的だ。〔表1〕〔表2〕

注記:表は横にスクロールすることができます。

〔表1〕単勝人気別成績(過去10年)
単勝人気 成績 勝率 連対率 3着内率
1番人気 4-3-2-1 40.0% 70.0% 90.0%
2番人気 2-1-1-6 20.0% 30.0% 40.0%
3番人気 1-0-1-8 10.0% 10.0% 20.0%
4番人気 1-0-4-5 10.0% 10.0% 50.0%
5番人気 0-1-1-8 0% 10.0% 20.0%
6番人気 2-1-1-6 20.0% 30.0% 40.0%
7〜9番人気 0-4-0-25 0% 13.8% 13.8%
10番人気以下 0-0-0-34 0% 0% 0%
〔表2〕単勝オッズ別成績(過去10年)
単勝オッズ 成績 勝率 連対率 3着内率
2.9倍以下 4-3-2-0 44.4% 77.8% 100%
3.0〜4.9倍 2-0-2-5 22.2% 22.2% 44.4%
5.0〜9.9倍 2-2-1-11 12.5% 25.0% 31.3%
10.0〜19.9倍 1-1-5-16 4.3% 8.7% 30.4%
20.0〜49.9倍 1-2-0-12 6.7% 20.0% 20.0%
50.0〜99.9倍 0-2-0-15 0% 11.8% 11.8%
100倍以上 0-0-0-34 0% 0% 0%

前走1着馬は不振傾向

過去10年の出走馬の前走の着順別成績をまとめてみると、前走が1着だった馬は全て2着以下に敗れている。逆に、前走が2着だった馬が7勝と好成績を残している。前走が3〜5着だった馬もまずまずの成績となっているだけに、前走1着馬の不振は気になるところだ。〔表3〕

〔表3〕前走の着順別成績(過去10年)
前走の着順 成績 勝率 連対率 3着内率
1着 0-2-4-11 0% 11.8% 35.3%
2着 7-1-0-12 35.0% 40.0% 40.0%
3着 1-3-2-9 6.7% 26.7% 40.0%
4、5着 1-2-3-11 5.9% 17.6% 35.3%
6〜9着 1-2-1-22 3.8% 11.5% 15.4%
10着以下 0-0-0-28 0% 0% 0%

前年秋以降の成績に要注目

過去10年の大阪杯では、「前年秋以降のGⅠまたはGⅡで4〜6着」となったことがある馬が、2008年と2013年を除く年で連対している。今年もこれに該当する馬が出走してきたら、注目してみる手があるかもしれない。〔表4〕

注記:表は横にスクロールすることができます。

〔表4〕前年秋以降のGⅠ・GⅡで4〜6着となっていた大阪杯連対馬一覧(過去10年)
年度 着順 馬名 該当レース
2009年 1着 ドリームジャーニー 3走前 有馬記念 4着
2010年 2着 ゴールデンダリア 前走 アメリカJCC 5着
2011年 2着 ダークシャドウ 3走前 セントライト記念 5着
2012年 1着 ショウナンマイティ 4走前 神戸新聞杯 5着
2014年 1着 キズナ 前走 凱旋門賞 4着
2015年 1着 ラキシス 前走 有馬記念 6着
2016年 1着 アンビシャス 2走前 天皇賞(秋) 5着
2017年 2着 ステファノス 前走 金鯱賞 6着
  • 注記:該当レースが複数ある場合は直近のものを掲載

重賞での単勝人気と着順にも注目

近年の大阪杯では、「4走前までに重賞で単勝6、7番人気となり、単勝人気順よりも着順が上位だったことがある」という馬が、2009年以降毎年1頭連対している。出走各馬の過去の成績を見て、この条件に該当している馬がいないかどうか、チェックしておくことをお勧めしたい。〔表5〕

注記:表は横にスクロールすることができます。

〔表5〕4走前までに重賞で単勝6、7番人気となり、単勝人気順よりも着順が上位だった大阪杯連対馬一覧(過去10年)
年度 着順 馬名 該当レース
2009年 1着 ドリームジャーニー 3走前 有馬記念 7番人気 4着
2010年 2着 ゴールデンダリア 前走 アメリカJCC 6番人気 5着
2011年 2着 ダークシャドウ 3走前 セントライト記念 6番人気 5着
2012年 1着 ショウナンマイティ 2走前 鳴尾記念 6番人気 2着
2013年 2着 ショウナンマイティ 2走前 宝塚記念 6番人気 3着
2014年 2着 トウカイパラダイス 4走前 産経大阪杯 6番人気 4着
2015年 1着 ラキシス 3走前 オールカマー 7番人気 2着
2016年 2着 キタサンブラック 3走前 セントライト記念 6番人気 1着
2017年 2着 ステファノス 3走前 天皇賞(秋) 6番人気 3着
  • 注記:海外のレースを除く
  • 注記:該当レースが複数ある場合は直近のものを掲載
ウインファイブ対象レース
勝ち馬を探せ! FOR THE WIN

3走前が前年9、10月のGⅡだった馬が3連勝中!

過去3年の大阪杯では、「3走前が前年9、10月のGⅡだった」という馬が優勝している。前年秋以降の出走回数が少なく、ゆったりとしたローテーションで臨んだことが好結果につながったのかも。ちなみに、昨年の優勝馬キタサンブラックは、3走前が京都大賞典、2走前がジャパンカップ、前走が有馬記念で、年明け初戦がこの大阪杯だった。〔表6〕

(浅野 靖典)

〔表6〕過去3年の優勝馬の3走前のレース
年度 優勝馬 3走前のレース
2015年 ラキシス オールカマー 2着
2016年 アンビシャス 毎日王冠 6着
2017年 キタサンブラック 京都大賞典 1着

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: