今週の注目レース

報知杯フィリーズレビュー(GⅡ)

阪神競馬場 1400メートル(芝)馬齢 (牝) 3歳オープン

出走馬情報

モルトアレグロ

牝3歳

調教師:武井亮(美浦)

  • 父:Speightstown
  • 母:Mo Chuisle
  • 母の父:Free House
ここに注目!

パドックの周回で気負う面を出すなど、短距離血統らしいテンションの高さが感じられるが、レースでは意外と折り合いがつく。阪神・内回りの芝1400メートルなら、センスの良さでクリアできるはずだ。

前走のオープン特別・紅梅S(京都・芝1400メートル)を制し、3勝目をマーク。内ラチ沿いを上手に走らせたM.デムーロ騎手の手腕が光ったが、それに応えて走った本馬の能力の高さも認めるべきところ。特に、時計のかかる芝コンディションを苦にしないパワーや、楽な手応えで3番手を進んだスピードは、今年の3歳牝馬の中でもトップクラスと言っていいだろう。この勝利で収得賞金は1900万円となり、桜花賞の出走ラインもほぼクリアしたと言える状況。ゆえに今回は、本番をにらんだレースとなりそうだ。前走では早めに京都競馬場へ移動し、環境に慣れさせる工夫をしていた。2度目の阪神競馬場となる今回、中間の成長がどこまであるのかを見定めたい。

デルニエオール

牝3歳

調教師:池江泰寿(栗東)

  • 父:ステイゴールド
  • 母:オリエンタルアート
  • 母の父:メジロマックイーン
ここに注目!

燃えやすい気性で、コントロールが難しいタイプ。全兄のオルフェーヴルはレース後の短期放牧をルーティンにしていたが、兄と似た性格の本馬は今回、中2週という短い間隔で挑む。我慢の利いた走りができるかどうかが鍵になりそうだ。

名馬ドリームジャーニー、オルフェーヴルの全妹として、デビュー前から注目されていた馬だ。前々走の500万下・白菊賞(京都・芝1600メートル)は4着に敗れたものの、3か月弱の休養明けで挑んだ前走の500万下(京都・芝1400メートル)で2勝目をマーク。勝負どころで一気に加速し、あっという間に前をかわし去った瞬発力もさることながら、どこへ行くのかわからないような返し馬や、抜け出してフワッとするシーンを見せた仕草は、オルフェーヴルの若い頃にそっくり。本馬の持つ能力も相当なものがありそうだ。自身の能力をフルに発揮することができれば、重賞のここでも引けを取ることはないだろう。

アマルフィコースト

牝3歳

調教師:牧田和弥(栗東)

  • 父:ダイワメジャー
  • 母:ジプシーハイウェイ
  • 母の父:High Chaparral
ここに注目!

前走のファンタジーS(3着)は栗東トレーニング・センターからの輸送距離が最も短い京都競馬場が舞台だったが、それでもテンションが上がっていた。阪神コースはデビュー戦(1着)で経験しているとはいえ、当日の精神面はしっかりと確認する必要があるだろう。

昨年はデビューから2連勝でオープン特別・中京2歳S(中京・芝1600メートル)を制し、阪神ジュベナイルフィリーズを最大目標に設定。ファンタジーSで勢いをつけ、GⅠ挑戦に向かうはずだったのだが、そのファンタジーSで危惧していた課題が表面化した。パドックで周回しているときから発汗が目立ち、テンションはかなり高め。レースでも我慢ができず、相手うんぬんではなく、自分自身に負けてしまったような結果の3着となり、目標のレースを断念することになった。精神面のリフレッシュを優先させる判断は簡単なことではなかっただろうが、それもクラシック第一弾の桜花賞を見据えてのこと。ここで次走にめどの立つ競馬を見せ、陣営の決断が正しかったことを示したいところだ。

アルモニカ

牝3歳

調教師:西村真幸(栗東)

  • 父:ロードカナロア
  • 母:アフリカンピアノ
  • 母の父:ディープインパクト
ここに注目!

阪神・芝コースはデビュー戦(1着)で経験済み。420キログラム台の小柄な牝馬だが、坂のあるコースでもパフォーマンスが落ちることはない。過去3戦は全て芝1400メートルを走って2勝と距離適性の高さも証明しており、今回の条件は合うはずだ。

父がロードカナロアで母の父がディープインパクト。どちらの血が強く出るかで特徴は大きく変わってくるのだろうが、これから多く見ることになる配合パターンと言えるだろう。本馬の場合は、道中の折り合いをつけられるかどうかがポイントで、折り合いを欠いて失速した前々走のファンタジーSの7着は、タイム差こそ0秒5でも不安を残す内容だった。しかし、3か月ぶりの一戦となった前走の500万下・春菜賞(東京・芝1400メートル)は、2番手でしっかりとためが利き、これなら距離延長にも対応できるのではないかと思わせる勝利だった。精神面の成長が本物かどうかは、今回のレースぶりでわかるはずだ。

アンヴァル

牝3歳

調教師:藤岡健一(栗東)

  • 父:ロードカナロア
  • 母:アルーリングボイス
  • 母の父:フレンチデピュティ
ここに注目!

昨年は一戦ごとに馬体重を減らし、前走のオープン特別・福島2歳S(福島・芝1200メートル、1着)時の446キログラムは、デビュー時からの比較で16キログラムの体重減となっていた。4か月ぶりの今回は、ふっくらした馬体で出てくることが望ましいだろう。

祖母のアルーリングアクト、母のアルーリングボイスは共に小倉2歳S(祖母が勝った当時は小倉3歳S)を制した重賞勝ち馬。母は芝1400メートルのファンタジーSも勝ってはいるが、距離に限界のあるタイプだった。半兄のアーマークラッド(父アグネスタキオン)はダート1800メートル、同じく半兄のオールザゴー(父ステイゴールド)は芝1800メートルに勝ち鞍があるが、父がロードカナロアに替わった本馬は3勝全てが芝1200メートル。そのレースぶりから、祖母や母と同じスプリンターの雰囲気があるのは否めない。すでに桜花賞への出走ラインをクリアできそうなだけの収得賞金を持っている馬。芝1400メートルの今回は、その先を見据えるためにも重要な一戦となるだろう。

アンコールプリュ

牝3歳

調教師:友道康夫(栗東)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:オイスターチケット
  • 母の父:ウイニングチケット
ここに注目!

今回が約3か月ぶりの実戦。馬体が大きく変わった印象はないが、十分に調教を積まれており、力を出せる仕上がりと判断していいだろう。普段はテンションが高めでも、レースでは気性の難しさを出さず、センスあふれる走りをするタイプだ。

馬群を割って出てきたメイクデビュー阪神(阪神・芝1600メートル)もかなり強い勝ち方だったが、レース前半がスローペースで、ラスト2ハロンのレースラップが11秒2―11秒2と追い込みが利きづらい展開にも関わらず、大外から一気に突き抜けた前走の500万下・つわぶき賞(中京・芝1400メートル)の衝撃度は、それ以上と言っていいのかもしれない。父がディープインパクトで、半兄にNHKマイルカップ2着、日本ダービー3着のブラックシェル(父クロフネ)がいる良血馬。前走の馬体重が426キログラムという小柄な牝馬ながら大物感漂うレースぶりを見せているのは、彼女の血統背景によるものかもしれない。3戦無敗での重賞制覇を果たせば、本番の桜花賞でも有力視されることになるはずだ。

コーディエライト

牝3歳

調教師:佐々木晶三(栗東)

  • 父:ダイワメジャー
  • 母:ダークサファイア
  • 母の父:Out of Place
ここに注目!

それまでのレースと違い、前走の阪神ジュベナイルフィリーズ(13着)では道中の走りに力みがあったように感じられた。3か月の休み明けとなる今回、リラックスして走れるかどうかがポイントになるだろう。

父ダイワメジャーと同じ栗毛の馬体。レーススタイルも、スピードの持続力を生かして粘り込むという父譲りのものだ。ただ、ゴール前で二枚腰を使った父のようなしぶとさはまだ身に付いておらず、ゆえに現状は、同型馬の有無や道中のペースに結果が左右されやすいタイプと考えていいだろう。マイペースの逃げを打てた3走前の新潟2歳Sの2着は、この馬の理想とするパターン。短距離戦にしては競り込まれなかった前々走のファンタジーSも、同様の形で2着を確保している。ハナにこだわる必要はないのかもしれないが、いずれにしろマイペースの形で進めることが好走の条件になりそうだ。

ラブカンプー

牝3歳

調教師:森田直行(栗東)

  • 父:ショウナンカンプ
  • 母:ラブハート
  • 母の父:マイネルラヴ
ここに注目!

レース数は使っているが、馬体重の変動がほとんどない。小倉に輸送した前走の500万下・かささぎ賞(芝1200メートル、1着)では、馬体重が減るどころかプラスでの出走だったのだから、環境に左右されることの少ない馬と考えられる。今回も自分の力を出せるはずだ。

すでにデビューから6戦を消化し、未勝利を勝ち上がるまでに4戦を要したが、その成績は〔2・4・0・0〕と連対を外したことがない安定株。どんな相手でもそれなりに走れる対応力もさることながら、6戦のうちの5戦でハナを切っているスピードにも注目したいところだ。父のショウナンカンプは高松宮記念の優勝馬で、祖父サクラバクシンオーもスプリンターズSを連覇したチャンピオンスプリンター。母の父のマイネルラヴもスプリンターズS勝ち馬とあれば、本馬の持っているスピードは血統的な要素が大きいのかもしれない。芝1400メートルは2戦して勝ち星はないが、前々走のオープン特別・紅梅S(京都)で2着の実績があり、十分にこなせる距離だ。

(松浪 大樹)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: