今週の注目レース

ローレル競馬場賞中山牝馬ステークス(GⅢ)

中山競馬場 1800メートル(芝)ハンデ (牝) 4歳以上オープン

出走馬情報

カワキタエンカ

牝4歳

調教師:浜田多実雄(栗東)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:カワキタラブポップ
  • 母の父:クロフネ
ここに注目!

昨年のローズSは速いラップで逃げ、掲示板(5着以内)を差し・追い込み馬が占める中、直線で驚異的な粘りを見せて勝ち馬から0秒2差の2着に入った。現4歳牝馬の中ではトップクラスの実力馬で、牝馬限定重賞なら好勝負必至だ。

中1週のローテーションで臨んだ昨年の桜花賞では、道中は後続を引き離して逃げると、直線半ばまで懸命に粘って見せ場十分の7着。約4か月の休養後は、1000万下・三面川特別(新潟・芝1800メートル)2着を経て、秋初戦のローズSで2着に入り秋華賞の優先出走権を獲得。本番の秋華賞は、スピードをそがれる馬場(重)だったが、抜群のダッシュ力で先手を奪うと、最後までしぶとく食い下がって5着に善戦した。約4か月の休み明けで、今年初戦となった前走のオープン特別・洛陽S(京都・芝1600メートル)は10着と不本意な結果になったが、レースを1度使われて状態面の上積みは確か。先行力の生きる中山・芝1800メートルで、本領発揮を期待したい。

エテルナミノル

牝5歳

調教師:本田優(栗東)

  • 父:エンパイアメーカー
  • 母:ダイワジェラート
  • 母の父:フジキセキ
ここに注目!

デビュー当時から20キログラム以上増えた馬体が成長の証しで、キャリアを重ねながら地力をつけ、前走の愛知杯で念願の重賞タイトルを獲得。同じハンデ戦の前走から斤量が2キログラム増えるが、今の充実ぶりは本物で、再度牝馬同士なら連勝が狙える。

昨秋の1600万下・八坂S(京都・芝1800メートル)で、後続を5馬身差突き放す圧勝劇を演じてオープンクラス入りを果たすと、GⅠ初挑戦となったエリザベス女王杯は11着に敗れたが、大外枠で初めての芝2200メートルだったことを踏まえれば、勝ち馬から0秒7というレース内容は悪くなかった。前々走のターコイズSは、スタートで後手を踏み、スローペースの外めを追い上げる展開になったが、直線もしぶとく脚を伸ばして0秒1差の5着に健闘。前走の愛知杯は、正攻法のレース運びから残り200メートル付近で先頭に躍り出ると、後続の追い上げを振り切って重賞初制覇を達成した。これまでの成績を考えれば200メートルの距離短縮は好材料で、今回も目が離せない存在だ。

フロンテアクイーン

牝5歳

調教師:国枝栄(美浦)

  • 父:メイショウサムソン
  • 母:ブルーボックスボウ
  • 母の父:サンデーサイレンス
ここに注目!

昨年12月のターコイズS(2着)以来約3か月の休み明けになるが、2月中旬から時計を出し始め、本レースに照準を合わせて順調な乗り込みを消化している。過去の成績から久々は苦にしないタイプで、念願の重賞初制覇に向けて態勢は整った。

3歳時の一昨年にクイーンC2着、紫苑S3着の成績を残し、4歳時の昨年春は福島牝馬Sで2着に好走するなど、早い時期から重賞で活躍していた一頭。昨夏のクラス再編成後は1600万下クラスで3着、2着、2着と惜敗が続いたが、格上挑戦となった前走のターコイズSは、53キログラムのハンデだったとはいえ、好位追走から直線の狭いスペースを抜け出して、ゴール寸前で一度先頭に立つシーンを作った。最後はミスパンテールの瞬発力に屈したものの、2着に入って収得賞金の加算に成功した。これまで2着が7回あるように勝ち味の遅いタイプだが、中山・芝コース向きの器用さがあり、今回も上位争いが濃厚だ。

マキシマムドパリ

牝6歳

調教師:松元茂樹(栗東)

  • 父:キングカメハメハ
  • 母:マドモアゼルドパリ
  • 母の父:サンデーサイレンス
ここに注目!

3歳時の2015年秋華賞で勝ち馬ミッキークイーンから0秒2差の3着に入り、5歳時の2017年には重賞2勝(愛知杯、マーメイドS)を挙げた実績馬。今回は前走(愛知杯3着)と同じ56キログラムのハンデを背負うが、中山・芝コース向きの自在性を兼ね備えており、有力候補の一頭だ。

昨年1月の愛知杯は、メンバー中最速となる上がり3ハロン35秒0(推定)の末脚で直線鮮やかに差し切り、重賞初制覇を達成。6月のマーメイドSでは、好位追走の競馬から直線入り口で先頭に躍り出ると、後続の追い上げを力強く振り切って重賞2勝目をマークした。昨秋のエリザベス女王杯は、離れた3番手を進み、直線でも見せ場十分の4着に健闘。今年初戦となった前走の愛知杯は、56キログラムのトップハンデを背負いながらも、4コーナー11番手からしぶとく脚を伸ばして勝ち馬から0秒3差の3着に入り、“負けてなお強し”を印象づけた。関東圏への長距離輸送がある今回は馬体の維持が鍵になるが、3つ目の重賞タイトル獲得を目指す。

エンジェルフェイス

牝5歳

調教師:藤原英昭(栗東)

  • 父:キングカメハメハ
  • 母:ワンフォーローズ
  • 母の父:Tejano Run
ここに注目!

全姉レディアルバローザは2012年の本レースを優勝(阪神・芝1800メートルで行われた2011年に続く連覇)し、半姉のキャトルフィーユ(父ディープインパクト)は2014年の本レースで2着(同着)。本馬も2016年フラワーCで重賞初制覇を果たしており、中山・芝1800メートルで要注目の血統だ。

一昨年のフラワーCを鮮やかに逃げ切って重賞タイトルを獲得し、続くオークスでは3番人気に支持された(10着)。昨年1月のオープン特別・ニューイヤーS(中山・芝1600メートル)13着後はトモの不安で長期休養を余儀なくされたが、復帰初戦となった前々走の1600万下・新春S(京都・芝1600メートル)で約1年ぶりの実戦を勝ち切り、あらためて能力の高さをアピール。初の芝1400メートルだった前走の京都牝馬Sは、上位3頭の瞬発力に屈したものの、中団の外め追走からしぶとく脚を伸ばし、勝ち馬から0秒2差の4着に善戦した。これまでの実績を踏まえれば、芝1800メートルへの距離延長は歓迎材料。長期休養明けを使われながら状態面も上向いており、重賞2勝目を挙げても不思議はない。

トーセンビクトリー

牝6歳

調教師:角居勝彦(栗東)

  • 父:キングカメハメハ
  • 母:トゥザヴィクトリー
  • 母の父:サンデーサイレンス
ここに注目!

昨年の本レースで念願の重賞タイトルを獲得。今年で6歳を迎えたが、前走のアメリカジョッキークラブCでは牡馬相手に5着と健闘し、地力健在をアピールしている。芝1800から2000メートルで全6勝を挙げており、距離短縮で前走以上のパフォーマンスが期待できそうだ。

3歳秋のローズSで3着に入り、素質の片りんを見せていた一頭。5歳となった昨年の中山牝馬Sでは、内枠を生かして好位のインに収まり、直線でスムーズに馬場の中ほどへ持ち出されると、鮮やかに抜け出して待望の重賞初勝利を挙げた。夏のクイーンS2着を経て、秋は府中牝馬S(5着)で始動。続くエリザベス女王杯は10着に敗れたが、勝ち馬から0秒6差なら悲観する内容ではないだろう。前々走の有馬記念(14着)は、直線で他馬に寄られるシーンがあっただけに度外視できる結果。前走のアメリカジョッキークラブC5着後は、本レースに照準を合わせて調整は順調のようで、昨年(53キログラム)より重い56キログラムのハンデを背負うが、連覇の期待がかかる。

ワンブレスアウェイ

牝5歳

調教師:古賀慎明(美浦)

  • 父:ステイゴールド
  • 母:ストレイキャット
  • 母の父:Storm Cat
ここに注目!

オープンクラスに昇級後の3戦は結果を出せていないが、叔父に2004年のJRA賞年度代表馬ゼンノロブロイがいる良血馬。本馬も高い能力を秘めており、中山・芝1800メートルで持ち前の先行力を生かせば、遜色のない競馬が可能だろう。

昨年初戦の1600万下・初音S(東京・芝1800メートル)は、フロンテアクイーンの瞬発力に屈して2着に敗れたが、続く1600万下・スピカS(中山・芝1800メートル)で4勝目をマーク。約4か月の休養を挟み、クラス再編成後の1600万下・阿武隈S(福島・芝1800メートル)は、牝馬で55.5キログラムのトップハンデを背負いながらも断然の1番人気に応えて勝利し、オープンクラス復帰を決めた。重賞初挑戦となった3走前の府中牝馬S(10着)と前々走のターコイズS(8着)は、共に出遅れて能力を発揮できなかったが、前走の愛知杯は最後までしぶとく食い下がって勝ち馬から0秒5差の6着(同着)に入った。牝馬限定重賞なら、ここでも引けは取らないはずだ。

レイホーロマンス

牝5歳

調教師:橋田満(栗東)

  • 父:ハービンジャー
  • 母:スズカローラン
  • 母の父:サンデーサイレンス
ここに注目!

JRAへの再転入後は掲示板(5着以内)を外さない安定した成績を挙げ、前走の愛知杯では、51キログラムのハンデだったとはいえ2着に好走しており、地力強化は明らかだ。今回は52キログラムのハンデになるが、目下の充実ぶりを考えれば、引き続きマークが必要だ。

昨夏のクラス再編成を挟み、約6か月の休み明けとなった1000万下・衣笠特別(京都・芝1800メートル)は4着に敗れたが、続く1000万下・尾張特別(中京・芝2200メートル)でJRA3勝目をマーク。前走の愛知杯は1600万クラスからの格上挑戦だったが、メンバー中最速となる上がり3ハロン34秒0(推定)の末脚を駆使して直線で猛然と追い込み、勝ったエテルナミノルに1/2馬身差まで詰め寄って惜敗の2着に入った。小柄な馬だけに、今回は急坂のある中山・芝コースに少し不安はあるが、晩成型らしくめきめきと力をつけており、まとめて差し切るシーンが見られるかもしれない。

(京増 真臣)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: