今週の注目レース

ローレル競馬場賞中山牝馬ステークス(GⅢ)

中山競馬場 1800メートル(芝)ハンデ (牝) 4歳以上オープン

データ分析関連動画

波乱も多い牝馬限定のハンデキャップ重賞

2008年以降過去10年の中山牝馬Sでは、単勝1番人気馬は2014年のフーラブライドの1勝のみ、その一方で、4番人気以下の馬の優勝が8回を数える。4歳以上・牝馬限定のハンデキャップ重賞であり、毎年一筋縄ではいかない激戦が繰り広げられてきた。5月には春の4歳以上牝馬の女王を決するヴィクトリアマイルが控えており、その前哨戦として目が離せない一戦だ。ここでは阪神競馬場で行われた2011年を含めた過去10年の結果から、好走馬に共通するポイントを探っていこう。

前走の条件をチェック

過去10年の出走馬について、前走の条件別に成績をまとめると、3着内率で上位の数値をマークしているのが「牡馬混合の芝1600万下」と「牝馬限定の芝1600万下」の2組となっている。その2組に続くのが「牡馬混合の芝重賞」組で、「牝馬限定の芝重賞」組は5勝を挙げているものの、好走率はやや見劣っている。ハンデキャップレースでもあり、前走が条件クラスだった馬でも軽視は禁物だろう。〔表1〕

〔表1〕前走の条件別成績(過去10年)
前走の条件 成績 勝率  連対率 3着内率
牡馬混合の芝重賞 2-4-1-26 6.1% 18.2% 21.2%
牡馬混合の芝オープン特別 2-0-1-14 11.8% 11.8% 17.6%
牡馬混合の芝1600万下 0-3-0-8 0% 27.3% 27.3%
牝馬限定の芝重賞 5-2-6-60 6.8% 9.6% 17.8%
牝馬限定の芝1600万下 1-1-1-10 7.7% 15.4% 23.1%
その他のレース 0-1-0-12 0% 7.7% 7.7%
  • 注記:前走が牝馬限定の芝オープン特別だった馬はいなかった
  • 注記:2014年は2着同着

前走の距離に注目

過去10年の出走馬の前走の距離別の成績では、「芝2000メートル」組と「芝2200メートル以上」組が勝率・連対率で上位となっている。また、2013年以降の過去5年では、前走「芝2000メートル」組が3勝、「芝2200メートル以上」組が2勝と、前走で芝2000メートル以上のレースに出走していた馬しか優勝していない。今年もこの傾向が続くのか、前走の距離には注目しておきたい。〔表2〕

〔表2〕前走の距離別成績(過去10年)
前走の距離 成績 勝率  連対率 3着内率
芝1400m以下 0-1-0-8 0% 11.1% 11.1%
芝1600m 3-4-5-41 5.7% 13.2% 22.6%
芝1800m 0-1-0-23 0% 4.2% 4.2%
芝2000m 5-3-3-33 11.4% 18.2% 25.0%
芝2200m以上 2-1-1-17 9.5% 14.3% 19.0%
ダートのレース 0-1-0-8 0% 11.1% 11.1%
  • 注記:2014年は2着同着

近走で上位人気の支持を受けていた馬が優勢

過去10年の出走馬について、過去3走以内におけるオープンクラスの芝のレースでの最高単勝人気別に成績を調べると、勝率で10%を超えているのは「1番人気」「2番人気」「4番人気」の3組で、連対率と3着内率では「1番人気」組と「4番人気」組が1、2番手となっている。「3番人気」組が1頭も3着以内に入っていない点は気になるが、好走率を見る限り、近走で上位人気に支持されていた経験を有する馬が優勢となっている。ただし、3着内率では「6〜9番人気」組も20%を超える3番手の数値をマークしていることは、覚えておいても損はないだろう。〔表3〕

(河野道夫)

〔表3〕過去3走以内におけるオープンクラスの芝のレースでの最高単勝人気別成績(過去10年)
最高単勝人気 成績 勝率 連対率 3着内率
1番人気 2-2-1-13 11.1% 22.2% 27.8%
2番人気 3-0-1-18 13.6% 13.6% 18.2%
3番人気 0-0-0-12 0% 0% 0%
4番人気 2-1-1-12 12.5% 18.8% 25.0%
5番人気 1-1-0-10 8.3% 16.7% 16.7%
6〜9番人気 2-3-4-28 5.4% 13.5% 24.3%
10番人気以下 0-2-1-23 0% 7.7% 11.5%
過去3走でオープンクラスの
芝のレース不出走
0-2-1-14 0% 11.8% 17.6%
  • 注記:2014年は2着同着

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: