今週の注目レース

報知杯弥生賞(GⅡ)

中山競馬場 2000メートル(芝)馬齢 3歳オープン

出走馬情報

ダノンプレミアム

牡3歳

調教師:中内田充正(栗東)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:インディアナギャル
  • 母の父:Intikhab
ここに注目!

前走の朝日杯フューチュリティSで3馬身1/2差の快勝劇を演じ、2017年度のJRA賞最優秀2歳牡馬を受賞した。今回は、クラシック一冠目の皐月賞と同じ舞台でどのようなパフォーマンスを発揮するのか、注目の一戦だ。

昨年6月のメイクデビュー阪神(芝1800メートル)は4馬身差の快勝。約3か月半の休養を挟んだ前々走のサウジアラビアロイヤルCでは、2番手追走から抜け出し、スピードのそがれる稍重の馬場ながらも、1分33秒0の2歳コースレコードで勝利を飾った。1番人気に支持された前走の朝日杯フューチュリティSは、スタートを決めて好位追走のレース運び。残り400メートル付近でスムーズに進路を確保すると鮮やかに抜け出し、1分33秒3の好タイムで無傷の3連勝を飾った。デビュー時に476キログラムだった馬体重が、前走では490キログラムと増えており、成長力を証明済み。今回は芝2000メートルへの距離延長に加えて、初の中山・芝コースと課題はあるが、2歳王者として主役の座は譲れない。

ワグネリアン

牡3歳

調教師:友道康夫(栗東)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:ミスアンコール
  • 母の父:キングカメハメハ
ここに注目!

前走の東京スポーツ杯2歳Sで後続を3馬身突き放す圧巻のパフォーマンスを見せた、クラシック候補の呼び声が高い素質馬。祖母ブロードアピール(重賞6勝)へさかのぼる母系に、父ディープインパクトを配した血統背景も一級品と言える。

昨年7月のメイクデビュー中京(芝2000メートル)は、スローペースでラストの瞬発力比べとなったが、中京競馬場がリニューアルされた2012年以降で最速となる上がり3ハロン32秒6(推定)をマークし、評判馬ヘンリーバローズ(2着)をハナ差捕らえて初陣を飾った。前々走のオープン特別・野路菊S(阪神・芝1800メートル)は、瞬発力のそがれる重馬場だったが、4コーナー6番手から残り100メートル付近で先頭に躍り出て、最後は後続を2馬身1/2突き放し快勝。前走の東京スポーツ杯2歳Sは、5番手で折り合いをつけると直線で豪快に突き抜け、1分46秒6の好タイムで重賞タイトルを獲得した。父譲りの非凡な瞬発力を受け継ぎ、大物感たっぷり。今春のクラシックに向けて、目が離せない存在だ。

オブセッション

牡3歳

調教師:藤沢和雄(美浦)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:パーシステントリー
  • 母の父:Smoke Glacken
ここに注目!

前走の500万下・シクラメン賞(阪神・芝1800メートル)を1分45秒6の2歳JRAレコードで勝利。アルアインが勝った昨年3月の毎日杯の勝ちタイムが1分46秒5だったことを思えば、2歳12月の時点でこの時計をマークした本馬は、クラシック級の逸材と言える。

前々走のメイクデビュー東京(芝2000メートル)は、タフな馬場コンディション(重)をものともしない勝負根性を発揮し、中団追走から力強く抜け出して快勝。前走の500万下・シクラメン賞は、スタートで後手を踏み、先頭と離れた6番手の追走になったが、直線でエンジンがかかると残り200メートル付近で一気に先頭を捕らえ、最後は後続を4馬身突き放す快勝劇を演じた。見栄えのする好馬体に、父をほうふつとさせる弾むようなフットワークは、優れたポテンシャルを証明するもので、将来性は相当に高そうだ。前走後の放牧から帰厩し、本レースに照準を合わせて乗り込み量は十分。2歳王者のダノンプレミアムを筆頭に強敵がそろう今回は、真価が問われる一戦になる。

ジャンダルム

牡3歳

調教師:池江泰寿(栗東)

  • 父:Kitten's Joy
  • 母:Believe
  • 母の父:Sunday Silence
ここに注目!

前走のホープフルSで、勝ち馬タイムフライヤーから0秒2差の2着に好走した能力の持ち主。朝日杯フューチュリティS勝ち馬ダノンプレミアムをはじめとする素質馬たちと対戦する今回の結果で、春の勢力図も見えてきそうだ。

昨年9月のメイクデビュー阪神(芝1600メートル)は、4コーナーで外へ逃避する幼さを見せながらも、直線は楽に抜け出して快勝。前々走のデイリー杯2歳Sはスタートで後手を踏んだが、直線半ばで前の2頭の間を割って鮮やかに差し切り、重賞タイトルを獲得した。前走のホープフルSは、レースの前半1000メートル通過タイム59秒6という速めの流れを3コーナー過ぎから押し上げ、直線の入り口では先頭に並びかける強気の競馬。最後はタイムフライヤー(1着)の瞬発力に屈したが、最後までしぶとく脚を伸ばしており、中身の濃い2着だった。母ビリーヴは芝1200メートルのGⅠ2勝馬だが、本馬は距離の融通が利き、芝2000メートルは守備範囲。今回も有力候補の一頭に挙げられる。

サンリヴァル

牡3歳

調教師:藤岡健一(栗東)

  • 父:ルーラーシップ
  • 母:アンフィルージュ
  • 母の父:アグネスタキオン
ここに注目!

デビュー2戦目のオープン特別・芙蓉S(中山・芝2000メートル)を快勝し、前走のホープフルSでは4着に健闘と、今回の舞台での経験値では他馬を一歩リードしていると言っていいだろう。先行力と瞬発力を兼ね備えており、レースセンスの良さがセールスポイントだ。

昨年9月のメイクデビュー新潟(芝1800メートル)は、ラストの瞬発力比べの展開になったが、直線の競り合いから力強く抜け出して見事に優勝。続くオープン特別・芙蓉Sは、すんなり2番手を確保すると、直線の入り口で並びかけてきたファストアプローチ(2着)をラスト1ハロンでスッと突き放し、無傷の2連勝を飾った。約3か月の休み明けとなった前走のホープフルSは、レースの前半1000メートル通過タイム59秒6の厳しいペースを2番手で追走。上位3頭を差し・追い込み馬が占める中で、4コーナーで先頭に立って直線もしぶとく食い下がり、0秒6差の4着に粘り込んだ。今回も好メンバーがそろったが、立ち回りのうまさを生かせば、遜色のない競馬ができそうだ。

リビーリング

牡3歳

調教師:萩原清(美浦)

  • 父:ヴィクトワールピサ
  • 母:インコグニート
  • 母の父:Gone West
ここに注目!

気性面の幼さは残るが、垢抜けた好馬体や柔軟性に富んだフットワークは高いポテンシャルを示すもの。まだ1勝馬だけに、皐月賞に駒を進めるためには是が非でも優先出走権(3着以内)が欲しいところだろう。

前々走のメイクデビュー東京(芝1800メートル)は、スタート直後に外へ膨れ、直線では内外にフラフラするなど気性面の難しさを見せたが、押し切って勝利。前走の500万下・セントポーリア賞(東京・芝1800メートル)は、優勝馬ハッピーグリンの瞬発力に屈したが、3コーナー手前からジワッとポジションを押し上げ、直線も長くいい脚を使って2着に入った。騎乗した戸崎圭太騎手は「直線でササッたことが痛かったですね」と敗因を挙げていたが、「外枠に加えてペースも遅かったですが、思っていたよりも我慢して追走できましたし、物見も大丈夫でした」と続け、レースを覚えていることは確かだ。今回は相手が一気に強くなるが、秘めた能力を発揮できれば引けを取らないはずだ。

アサクサスポット

牡3歳

調教師:戸田博文(美浦)

  • 父:ワークフォース
  • 母:プライムアクトレス
  • 母の父:エルコンドルパサー
ここに注目!

曽祖母ダイナアクトレスにさかのぼる母系は、スクリーンヒーローなど数々の活躍馬を輩出する優秀な牝系で、父ワークフォースは英ダービー、凱旋門賞(共にG1)の優勝馬。本馬はダートで勝ち上がったが、血統背景から芝もこなせそうだ。

前走のメイクデビュー東京(ダート1600メートル)は、ダッシュがつかずに後方を追走。3コーナー手前で外から他馬に被されるとさらにポジションを下げる厳しい展開だったが、メンバー中最速となる上がり3ハロン36秒3(推定)の末脚を繰り出し、直線で豪快に突き抜ける鮮烈な勝ちっぷりを披露した。騎乗した武藤雅騎手は「能力のある馬ですね。向正面やコーナーリングでは子供っぽさを出して外へ張っていましたし、砂を被ると嫌がっていましたが、直線ではすごい脚を使ってくれました」と、素質の高さに太鼓判を押している。今回はキャリア1戦での重賞挑戦になり、芝適性も未知数だが、前走時520キログラムの大型馬で、レースを1度使われた上積みは十分。どこまで通用するのか、試金石の一戦になりそうだ。

トラストケンシン

牡3歳

調教師:高橋文雅(美浦)

  • 父:ハーツクライ
  • 母:アフェランドラ
  • 母の父:エルコンドルパサー
ここに注目!

ここまで4戦中3戦でメンバー中最速の上がり3ハロンタイム(いずれも推定)をマークしているように、堅実な差し脚が持ち味。未勝利勝ち直後の重賞挑戦で相手は一気に強くなるが、末脚が生きる厳しい展開になれば、上位争いに食い込むシーンもありそうだ。

メイクデビュー東京(芝1800メートル)は7着に敗れたが、2戦目の未勝利(中山・芝2000m)で、スローペースの展開を勝ち馬から0秒3差の3着まで追い上げて能力の片りんを示すと、前々走の未勝利(中山・芝2000m)でも、4コーナー15番手から追い込んで0秒2差の3着。前走の未勝利(東京・芝2400メートル)は、中団で折り合いをつけて、じっくりと脚を温存。スローペースでラスト3ハロンのレースラップが11秒8−11秒8−11秒7という瞬発力勝負になったが、直線で馬群の中から先頭に迫り、ラスト100メートルでスパッと抜け出して待望の初勝利を挙げた。今回は好メンバーが顔をそろえたが、キャリアを積むごとにパフォーマンスを上げていることは確かで、上位進出を目指す。

(京増 真臣)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: