今週の注目レース

京都記念(GⅡ)

京都競馬場 2200メートル(芝・外)別定 4歳以上オープン

データ分析関連動画

国内外のGⅠにつながっていく重賞

昨年大阪杯がGⅠに昇格したことに伴い、京都記念もその前哨戦として注目度が上昇した。また、ここをステップに3月末のドバイ国際競走や4月のクイーンエリザベスⅡ世Cなど、海外のレースへ向かう馬も多い。芝中長距離路線のトップホースたちにとって、京都記念は国内外の春のGⅠに向けた始動戦という位置付けとなっている。その一戦のデータを、過去10年の結果をもとにチェックしていくことにしよう。

4歳と5歳が中心

過去10年の出走馬の年齢別成績をまとめてみると、優勝馬10頭のうち9頭は4、5歳馬。6歳以上の馬で優勝したのは、2014年のデスペラード(6歳)だけ。しかし、2着には6歳馬が5回も入っている点は覚えておいてもいいかもしれない。ただ、3着は10頭中8頭が4、5歳馬となっている。〔表1〕

〔表1〕年齢別成績(過去10年)
年齢 成績 勝率 連対率 3着内率
4歳 4-3-2-24 12.1% 21.2% 27.3%
5歳 5-1-6-20 15.6% 18.8% 37.5%
6歳 1-5-1-24 3.2% 19.4% 22.6%
7歳 0-1-0-14 0% 6.7% 6.7%
8歳以上 0-0-1-9 0% 0% 10.0%

単勝人気別の成績に特徴あり

過去10年の京都記念の優勝馬は、全て単勝6番人気以内だったが、2番人気と4番人気が未勝利となっている点は特徴的だ。また、2着馬は全て5番人気以内で、7番人気以下の馬は3着が2回あるだけとなっている。続いて単勝オッズ別にも成績をチェックしてみると、「7.0〜9.9倍」の成績が良好。「1.9倍以下」の圧倒的な支持を集めた馬は5頭いたが、その支持に応えて勝利したのは2010年のブエナビスタだけだ。〔表2〕〔表3〕

注記:表は横にスクロールすることができます。

〔表2〕単勝人気別成績(過去10年)
単勝人気 成績 勝率 連対率 3着内率
1番人気 3-2-1-4 30.0% 50.0% 60.0%
2番人気 0-1-4-5 0% 10.0% 50.0%
3番人気 3-3-1-3 30.0% 60.0% 70.0%
4番人気 0-2-2-6 0% 20.0% 40.0%
5番人気 1-2-0-7 10.0% 30.0% 30.0%
6番人気 3-0-0-7 30.0% 30.0% 30.0%
7番人気以下 0-0-2-59 0% 0% 3.3%
〔表3〕単勝オッズ別成績(過去10年)
単勝オッズ 成績 勝率 連対率 3着内率
1.9倍以下 1-1-1-2 20.0% 40.0% 60.0%
2.0〜2.9倍 1-1-1-0 33.3% 66.7% 100%
3.0〜6.9倍 2-3-4-10 10.5% 26.3% 47.4%
7.0〜9.9倍 4-2-1-6 30.8% 46.2% 53.8%
10.0〜19.9倍 1-2-1-12 6.3% 18.8% 25.0%
20.0〜49.9倍 1-1-1-18 4.8% 9.5% 14.3%
50倍以上 0-0-1-43 0% 0% 2.3%

前走のレース別成績にも注目

過去10年の前走のレース別成績を調べてみると、京都記念で最も好成績を残しているのは前走が「前年12月のGⅠ」だった馬。「前年11月以前のGⅠ」から臨んだ馬も上々の成績を挙げているが、優勝したのは前年の天皇賞(秋)から臨んだ2016年のサトノクラウンだけだ。一方、前走がGⅡだった馬たちの成績は厳しい傾向。なかでも、1月に行われる日経新春杯、アメリカジョッキークラブCから臨んだ馬が苦戦しており、両レースから臨んだ馬は合計で延べ33頭が出走して3着が2回だけとなっている。〔表4〕

〔表4〕前走のレース別成績(過去10年)
前走のレース 成績 勝率 連対率 3着内率
前年12月のGⅠ 6-3-3-7 31.6% 47.4% 63.2%
前年11月以前のGⅠ 1-3-4-9 5.9% 23.5% 47.1%
GⅡ 0-1-2-39 0% 2.4% 7.1%
GⅢ 3-2-1-18 12.5% 20.8% 25.0%
オープン特別 0-1-0-11 0% 8.3% 8.3%
条件クラスのレース 0-0-0-7 0% 0% 0%

GⅠ、GⅡで好走歴がある馬が好相性

過去10年の京都記念では、「3走前までにGⅠまたはGⅡで3、4着に入っていた」という経歴を持つ馬が毎年連対している。出走馬の臨戦過程はさまざまだが、今年も同様の成績を残してきた馬に注目してみる手はありそうだ。〔表5〕

〔表5〕3走前までに、GⅠまたはGⅡで3、4着に入っていた京都記念連対馬一覧(過去10年)
年度 着順 馬名 該当レース
2008年 1着 アドマイヤオーラ 3走前 日本ダービー 3着
2009年 2着 サクラメガワンダー 3走前 毎日王冠 4着
2010年 1着 ブエナビスタ 2走前 エリザベス女王杯 3着
2着 ジャガーメイル 前走 香港ヴァーズ 4着
2011年 1着 トゥザグローリー 前走 有馬記念 3着
2012年 1着 トレイルブレイザー 2走前 ジャパンカップ 4着
2013年 2着 ベールドインパクト 2走前 菊花賞 4着
2014年 2着 トーセンラー 2走前 京都大賞典 3着
2015年 1着 ラブリーデイ 2走前 金鯱賞 4着
2着 スズカデヴィアス 前走 ステイヤーズS 4着
2016年 1着 サトノクラウン 2走前 日本ダービー 3着
2着 タッチングスピーチ 前走 エリザベス女王杯 3着
2017年 2着 スマートレイアー 2走前 府中牝馬S 3着
  • 注記:該当レースが複数ある場合は直近のものを掲載
ウインファイブ対象レース
勝ち馬を探せ! FOR THE WIN

3、4走前の「6着」がキーワード

過去4年の京都記念では、3走前もしくは4走前に「6着」となっていた馬が連勝中。該当レースはいずれも重賞となっている。今年も近走の重賞で「掲示板」まであと一歩の成績だった馬が出走してきたら要注目だ。〔表6〕

(浅野靖典)

〔表6〕過去4年の優勝馬が3、4走前に「6着」となっていた重賞
年度 馬名 該当レース
2014年 デスペラード 3走前 アルゼンチン共和国杯 6着
2015年 ラブリーデイ 4走前 七夕賞 6着
2016年 サトノクラウン 3走前 皐月賞 6着
2017年 サトノクラウン 3走前 宝塚記念 6着

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: