今週の注目レース

東海テレビ杯東海ステークス(GⅡ)

中京競馬場 1800m(ダート)別定 4歳以上オープン

データ分析関連動画

春のダート王者へのステップレース

東海Sは春のダート王決定戦となるフェブラリーSの前哨戦に位置付けられており、近年の優勝馬には2014年のニホンピロアワーズや2015年のコパノリッキーといった既にGⅠタイトルを獲得していた馬のほか、このレースの次走でフェブラリーSを制したグレープブランデー(2013年)などが名を連ねている。今回は、中京競馬場・ダート1800mで行われた過去5年の結果から、好走馬に共通するポイントを探ってみたい。

1番人気の信頼度は高い!?

過去5年の単勝人気別成績を調べると、優勝馬は「1番人気」と「4番人気」からしか出ていない。しかも、「1番人気」は3着内率100%と安定感もある。その一方で、2016年を除く年では「8番人気以下」の馬が3着以内に入っており、伏兵馬も軽視できない。今年も「1番人気」が3着内率100%を維持するのか、あるいは伏兵馬が上位争いに加わるのか、興味は尽きない。〔表1〕

〔表1〕単勝人気別成績(過去5年)
単勝人気 成績 勝率  連対率 3着内率
1番人気 3-0-2-0 60.0% 60.0% 100%
2番人気 0-1-0-4 0% 20.0% 20.0%
3番人気 0-1-1-3 0% 20.0% 40.0%
4番人気 2-0-0-3 40.0% 40.0% 40.0%
5番人気 0-0-0-5 0% 0% 0%
6〜9番人気 0-2-1-17 0% 10.0% 15.0%
10番人気以下 0-1-1-27 0% 3.4% 6.9%

前走5着以内馬が優勢

過去5年の出走馬の前走の着順別に成績をまとめると、優勝馬は全て前走で5着以内に入っていた。また、3着内率でも前走5着以内組が上位になっており、前走で6着以下に敗れていた馬は率の面でも苦戦傾向が見て取れる。前走の成績を比較する際は、5着以内に好走していた馬に注目すべきだろう。〔表2〕

〔表2〕前走の着順別成績(過去5年)
前走の着順 成績 勝率  連対率 3着内率
1着 1-0-1-7 11.1% 11.1% 22.2%
2着 2-0-1-7 20.0% 20.0% 30.0%
3着 1-0-0-3 25.0% 25.0% 25.0%
4着 0-2-2-2 0% 33.3% 66.7%
5着 1-0-0-1 50.0% 50.0% 50.0%
6〜9着 0-3-0-16 0% 15.8% 15.8%
10着以下 0-0-1-23 0% 0% 4.2%

近走のダート重賞実績が重要

過去5年の出走馬について、3走前までに出走していたダート重賞での最高着順別に成績を調べると、優勝馬5頭は3走前までにダート重賞で4着以内に入った実績を有していた。その一方で、「5着」・「6〜9着」組が連対率で20%を超えているように、最高着順が5着以下だった馬を軽視するのも得策ではなさそうだ。フォーメーションを組む場合には、参考になりそうなデータかもしれない。〔表3〕

〔表3〕3走前までに出走していたダート重賞での最高着順別成績(過去5年)
最高着順 成績 勝率  連対率 3着内率
1着 2-0-2-6 20.0% 20.0% 40.0%
2着 1-0-0-7 12.5% 12.5% 12.5%
3着 1-1-1-7 10.0% 20.0% 30.0%
4着 1-1-0-4 16.7% 33.3% 33.3%
5着 0-1-0-3 0% 25.0% 25.0%
6〜9着 0-2-0-7 0% 22.2% 22.2%
10着以下 0-0-1-8 0% 0% 11.1%
ダート重賞不出走 0-0-1-17 0% 0% 5.6%
WIN5
勝ち馬を探せ! FOR THE WIN

前走で3番人気以内だった馬が連勝中

過去4年の出走馬について、前走の単勝人気別に成績をまとめると、優勝馬4頭は全て前走で3番人気以内に支持されていた。過去4年の出走馬58頭の中で、前走で3番人気以内だった馬は13頭だけだった。そういった中での結果でもあり、今年も前走で3番人気以内に支持されていた馬には注目しておきたい。〔表4〕

(河野道夫)

〔表4〕前走の単勝人気別成績(過去4年)
前走の単勝人気 優勝馬 2着以下
3番人気以内 4頭 9頭
4番人気以下 0頭 45頭

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: