今週の注目レース

日経新春杯(GⅡ)

京都競馬場 2400m(芝・外)ハンデ 4歳以上オープン

出走馬情報

パフォーマプロミス

牡6歳

調教師:藤原英昭(栗東)

  • 父:ステイゴールド
  • 母:アイルビーバウンド
  • 母の父:タニノギムレット
ここに注目!

3走前までは左回りへ出走することが多かったが、前々走の京都で3着、前走の中山は快勝と、右回りでもパフォーマンスは落ちない。父ステイゴールド同様の小柄な牡馬だが、タフな馬場状態を克服できるパワーもある。時計を要す現在の京都の芝もこなせるはずだ。

3歳9月のデビューから無傷の3連勝をマーク。休みながらの出走を苦にせず結果を出し続けたことで“重賞級の大器”と評判に上がったが、体質の弱さがネックになり、それから先はポンポンと出世できなかった。馬体に芯が入り、軌道に乗ってきたのは5歳になった昨年から。1000万下クラスを勝ち、1600万下クラスでも好走を重ねると、前走の1600万下・グレイトフルS(中山・芝2500m)では、4コーナー4番手からきっちりと抜け出す完勝劇でオープンクラス入りを決めた。母アイルビーバウンドはオークス馬シルクプリマドンナの半妹という血統馬で、母の父タニノギムレットはダービー馬。ここまで2着2回と勝ち鞍はないものの、芝2400mが本馬の適距離という可能性は小さくない。

モンドインテロ

牡6歳

調教師:手塚貴久(美浦)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:シルクユニバーサル
  • 母の父:ブライアンズタイム
ここに注目!

京都・芝コースでは〔2・0・1・0〕と好成績。昨年の本レースは勝ち馬に0秒3差の3着だった。3コーナー過ぎから始まる坂の下りは得手不得手が分かれるが、この馬は巧者と考えていいだろう。上がりの時計がかかる展開になれば、よりいいはずだ。

半弟が、年明けの中山金杯を制したセダブリランテス(父ディープブリランテ)。弟に先に重賞のタイトルを獲得された格好だが、こちらも7勝をマークしている実力馬だ。美浦所属馬ながらC.ルメール騎手との相性が抜群で、7勝のうちの3勝が同騎手の騎乗によるもの。測ったように差し切った3走前のオープン特別・札幌日経オープン(札幌・芝2600m、1着)は、人馬の息がピタリと合っていたレースだった。前走のチャレンジCは勝ち馬から0秒1差の4着に敗れたが、長距離志向が強くなっている現在の本馬には距離が足りなかった印象。出走馬中最速の上がり3ハロン34秒4(推定)をマークした走りを見れば、ここは期待が高まる。

ミッキーロケット

牡5歳

調教師:音無秀孝(栗東)

  • 父:キングカメハメハ
  • 母:マネーキャントバイミーラヴ
  • 母の父:Pivotal
ここに注目!

近2走は左回りの天皇賞・秋(12着)と中日新聞杯(2着)に出走。昨年の宝塚記念(6着)や京都大賞典(4着)の結果を受け、右にモタれる面を見せる本馬の癖を考えてのものだった。コーナーで加速するときにモタれることがあるので、重賞初制覇を果たした昨年のように、ある程度前の位置で競馬がしたい。

昨年の本レースでシャケトラ(2着)との競り合いをハナ差で制し、重賞初制覇を決めてから1年が経過した。前走の中日新聞杯で2着に入っているものの、日経新春杯以降のレースで3着以内となったのはこの1戦だけ。相手の強いGⅠに挑むことが多かったとはいえ、日経新春杯を制した当時の期待を思えば、少しパンチ不足の感は否めないだろう。ただ、スタートの出遅れやコーナーでのモタれ癖など、能力を出し切っていないレースがあったのも確か。昨年よりも2.5kg重い57.5kgのハンデを背負うことになるが、能力を出し切ることさえできれば、連覇の可能性も十分にありそうだ。

ソールインパクト

牡6歳

調教師:戸田博文(美浦)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:クリームオンリー
  • 母の父:Exchange Rate
ここに注目!

決め手に欠ける面があり、前走のアルゼンチン共和国杯(2着)のように早めに動いて持久力を生かす形がベスト。今回も似たような競馬が可能と思われるうえに、坂の下りで加速できる京都・芝コースとの相性も悪くない。6歳になり、遠征で馬体重を減らすこともないはずだ。

芦毛の馬体は母の父Exchange Rateの影響を受けたものと思われ、そのExchange Rateは父がDanzig、母の父がSeeking the Goldというスピード血統。この母系でもクラシックディスタンスに強い馬が登場するのだから、父ディープインパクトの影響力はさすがというほかない。1600万下クラスを勝ちきれなかった馬が、前走のアルゼンチン共和国杯で2着。昨夏の七夕賞でも3着に好走していたが、どちらも53kgのハンデだった。490kg前後の馬格からはイメージしづらいが、軽めの斤量を得意としている可能性が高い。ここも実績上位馬よりも軽い54kgのハンデを生かして、念願の重賞初制覇に挑む。

ロードヴァンドール

牡5歳

調教師:昆貢(栗東)

  • 父:ダイワメジャー
  • 母:ジャズキャット
  • 母の父:Storm Cat
ここに注目!

昨夏の札幌記念(6着)ではマイナス16kg(482kg)と馬体重を大きく減らしていたが、前々走の天皇賞・秋(498kg、14着)で回復。そこからさらに増やしていた前走の中日新聞杯(504kg、3着)時の馬体は、前々走よりも迫力があるように感じた。寒い時季の方が体調が上向きやすいのかもしれない。

昨春の金鯱賞(2着)に続き、前走の中日新聞杯でも3着と好走。共にマイペースの逃げを打ち、上がりもきっちりとまとめたレースだった。先着を許した馬との瞬発力の差は認めなくてはならないが、自分の形に持ち込むことができた時の粘り強さは健在と言える。京都コースではこれまで3勝をマークしているが、そのうちの2勝は先行馬に展開が向きやすい内回りコースでのもの。3歳時に芝2200mの500万下・メルボルンTを勝ったことはあるが、直線の長い外回りコースへの対応が今回の鍵になるだろう。芝2400m自体も一昨年9月の神戸新聞杯(9着)以来2度目のチャレンジ。距離を克服できるかどうかもポイントになってきそうだ。

ベルーフ

牡6歳

調教師:池江泰寿(栗東)

  • 父:ハービンジャー
  • 母:レクレドール
  • 母の父:サンデーサイレンス
ここに注目!

気難しい面はだいぶ解消されてきた印象だが、急がせる競馬はできないタイプなので、どうしても展開に左右されやすくなる。それなりにペースの流れる競馬が理想だが、外回りの芝2400mはスローになりやすい。仕掛けどころがポイントになるだろう。

昨秋の秋華賞をディアドラが勝ち、種牡馬として初のGⅠタイトルを獲得したハービンジャーの産駒。雨の影響を受けた秋開催の馬場状態が同産駒に適していたのか、それ以降もエリザベス女王杯をモズカッチャン、マイルチャンピオンシップをペルシアンナイトが制し、昨秋に京都で行われた4つのGⅠのうち3つを勝利した。この事実は注目に値するだろう。本馬はこれまで京都・芝コースで〔1・0・1・4〕の成績。1勝はデビュー戦でマークしたもので、不良馬場も〔0・0・0・2〕とそこまで好成績を収めているわけではないが、現在の適度に時計のかかる京都の馬場コンディションは合っていそうだ。一変の可能性も十分にあるだろう。

ヒットザターゲット

牡10歳

調教師:加藤敬二(栗東)

  • 父:キングカメハメハ
  • 母:ラティール
  • 母の父:タマモクロス
ここに注目!

今年で10歳という年齢にしてはパドックでの周回に活気を感じるが、これ以上の上積みを期待するのは難しいのかもしれない。内枠でこそというイメージは現在も生きているので、今回もできるだけ内が欲しい。適度に時計のかかる現在の馬場コンディションも合いそうだ。

ここまでGⅡを2勝し、GⅢも2勝。芝の中・長距離路線で長く活躍してきた馬だが、さすがに年齢の影響を感じるレースが続くようになってきた。3着以内に入った最後のレースが一昨年5月の目黒記念(3着)で、それ以降は10戦を消化し、うち8戦が2桁着順の大敗だった。ただ、1桁着順だった2つのレースには共通点があり、それは今回と同じ京都・外回りの芝2400mが舞台だったこと。一昨年の京都大賞典が勝ち馬と0秒4差の5着、昨年の京都大賞典は同0秒6差の7着と、このコースだけはレースに参加できている印象がある。今回、久々の好走が見られるかもしれない。

カラビナ

牡5歳

調教師:藤岡健一(栗東)

  • 父:ステイゴールド
  • 母:レリッシュザソート
  • 母の父:Sadler’s Wells
ここに注目!

5歳となった栗東所属馬だが、京都コースを走るのは今回が初めて。適性の有無が重要なコースなので、上手に走れるかどうかが鍵になる。前走時の馬体重が530kgという大型の馬体で、かなりのパワーを持っている一頭だ。

3走前の1000万下・精進湖特別(東京・芝2000m)を4馬身差で快勝。雨の影響を強く受けた天皇賞(秋)と同じ日に行われたレースで、重馬場適性の高さがあればこその勝利。父ステイゴールド、母の父Sadler's Wellsという血統を持つ本馬のスタミナが生きたレースだったのかもしれない。道中の位置が後方になった前々走の1600万下・オリオンS(阪神・芝2400m)は8着に敗れたが、勝ち馬とのタイム差は0秒3。パフォーマプロミスの2着だった前走の1600万下・グレイトフルS(中山・芝2500m)は、積極的に動いたことが結果につながったレースだった。今回、実績上位馬とのハンデ差を生かせば、重賞でも十分に戦えそうだ。

(松浪 大樹)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: