今週の注目レース

京成杯(GⅢ)

中山競馬場 2000m(芝)別定 3歳オープン

出走馬情報

ジェネラーレウーノ

牡3歳

調教師:矢野英一(美浦)

  • 父:スクリーンヒーロー
  • 母:シャンハイロック
  • 母の父:ロックオブジブラルタル
ここに注目!

秋の東京で初勝利をマークすると、続く500万下・葉牡丹賞(中山・芝2000m)もV。目下2連勝中の勢いが魅力だ。今回の舞台となる中山・芝2000mをすでに経験し、好結果を残している点もアドバンテージになるはず。3連勝での重賞初制覇も十分に可能だろう。

「前走の500万下・葉牡丹賞(1着)は最後に詰め寄られましたが、バテたわけではなく、物見をして集中力を欠いたためでしょう。スタミナが豊富なタイプですから、芝2000mの距離は合っていると思います。この中間は京成杯を目標に順調な乗り込みを消化しており、動きも悪くありません。これなら好調をキープしたまま出走できるはずです。今回は重賞への挑戦で相手は強化されますが、すでに今回と同じ舞台を経験している点は強みになります。連勝を伸ばしてクラシックロードに乗せたいです」と、陣営は本馬の素質を高く評価している。メイクデビュー函館(芝1800m)はやや距離不足の印象で3着に敗れたが、芝2000mに距離が延びてから2連勝をマーク。ここは重賞Vのチャンスだ。

コズミックフォース

牡3歳

調教師:国枝栄(美浦)

  • 父:キングカメハメハ
  • 母:ミクロコスモス
  • 母の父:ネオユニヴァース
ここに注目!

前走の未勝利(東京・芝2000m)では、ゴール前で楽に抜け出す強い内容の走りで優勝。初戦(3着)でも上がり3ハロン33秒2(推定)の瞬発力を見せており、将来性豊かな一頭である。完成度の高さも備えており、ここは有力なV候補に挙げられそうだ。

「前々走のメイクデビュー東京(芝2000m、3着)は、スタートがひと息で後方からのレースになりましたが、最後の直線では上々の末脚を見せてくれたので、収穫はありました。前走の未勝利ではスムーズに流れに乗って、余裕のある勝ち方ができたと思います。今年のクラシックロードに乗せたい素質馬ですから、重賞でも見劣りしないでしょう。この中間は京成杯を目標にじっくり調整を続けており、動きも上々です」と、厩舎スタッフは今からレースが待ち遠しい様子だ。デビュー戦は直線で鋭い末脚を発揮したが、前走ではインコースを器用にさばいて快勝。学習能力の高さも示しているだけに、2連勝での重賞初制覇へ期待が高まる。

デルタバローズ

牡3歳

調教師:堀宣行(美浦)

  • 父:Into Mischief
  • 母:Sweet Seventeen
  • 母の父:Hard Spun
ここに注目!

10月21日のメイクデビュー東京(芝1600m)を4馬身差で圧勝。鮮烈な印象を残した素質馬だ。今回は距離延長がポイントになるが、センスのある走りからも対応は可能なはず。この中間も熱心に乗り込まれており、新馬→重賞Vも難しくはなさそうだ。

「前走のメイクデビュー東京を勝った後は、リフレッシュのために放牧へ出していましたが、京成杯を視野に美浦トレーニング・センターに帰厩してじっくり乗り込んでいます。調教では軽快なフットワークを見せていますから、上々の出走態勢が整うと思います。前走が芝1600mでしたから、今回は距離延長がポイントになりますが、センスの良さを感じる馬です。ここで内容の濃い競馬ができれば将来の選択肢も増えるので、楽しみにしています」と、厩舎サイドは本馬に大きな期待を寄せている。前走は重馬場で行われたため、芝1600mで1分37秒9という勝ちタイムは平凡だが、2着馬に4馬身差をつけて快勝。今回、2連勝での重賞初制覇を目指す。

ダブルシャープ

牡3歳

調教師:渡辺薫彦(栗東)

  • 父:ベーカバド
  • 母:メジロルーシュバー
  • 母の父:アグネスタキオン
ここに注目!

昨夏のオープン特別・クローバー賞(札幌・芝1500m)で、後の重賞勝ち馬タワーオブロンドン(2着)を退けて優勝。続く札幌2歳Sでは息の長い末脚を披露して3着に食い込み、能力の高さをアピールした。転入初戦となった前走の朝日杯フューチュリティSは9着に敗れたが、距離延長の今回は本領発揮が期待される。

「前走の朝日杯フューチュリティSはJRAへの転入初戦でしたが、馬体に太め感もなく出走できました。ただ、枠順が外(16頭立て7枠14番)だったので前に壁を作ることができず、少しハミを噛んでいました。最後の直線で期待したほどの末脚を使えなかったのは、そのあたりが原因でしょう。レース後は疲れも見られず好調を維持していますから、京成杯へのエントリーを決めました。輸送には慣れていますし、距離延長もプラスに働きそうです。道中スムーズに追走できれば好勝負が可能だと思います」と、厩舎サイドは巻き返しに向けて懸命だ。転入2戦目となる今回は、上積みが見込めるはずだ。

コスモイグナーツ

牡3歳

調教師:高橋祥泰(美浦)

  • 父:エイシンフラッシュ
  • 母:ナパ
  • 母の父:スペシャルウィーク
ここに注目!

不良馬場で行われた前々走のオープン特別・アイビーS(東京・芝1800m)を逃げ切り勝ち。スピードに加えてパワーも備えたタイプだ。前走の東京スポーツ杯2歳Sは6着に敗れたが、時計が速過ぎた印象。中山コースで少しタイムを要する決着になれば、その先行力を軽くは扱えない。

「前走の東京スポーツ杯2歳S(6着)はハイペースの逃げになり、厳しい展開だったと思います。レースのタイムも速くなりましたから、最後の粘りを欠いた印象です。前々走のオープン特別・アイビーS(1着)時のような力の要る馬場コンディションが得意で、その点でも今の中山は合うはずです。少し雨が降ってさらに時計を要す決着になれば、期待もより膨らんできます。この中間も丹念に乗り込んでいますから、好調を維持したまま臨めるでしょう」と、陣営は週末の天候が気になる様子だ。すでに5戦のキャリアを誇り、オープン特別も勝っている実力馬。ここも軽視は禁物だ。

ライトカラカゼ

牡3歳

調教師:相沢郁(美浦)

  • 父:キングヘイロー
  • 母:スマイルコンテスト
  • 母の父:サツカーボーイ
ここに注目!

全兄のクリールカイザーは、2015年のアメリカジョッキークラブCを優勝するなど、中山・芝コースを得意とした。本馬も前走の未勝利(中山・芝2000m)では、機動力と勝負根性を発揮して優勝。兄同様にコース適性の高さを示しただけに、ここは注目度がアップした。

前々走の未勝利(東京・芝2000m、3着)は逃げる競馬で惜敗しましたが、前走の未勝利では、うまく好位を追走して抜け出すことができました。2着馬との着差はハナとわずかでしたが、勝負根性があることがわかりましたし、距離適性も高いことが証明できたので、収穫の大きな一戦だったと思います。血統面からも将来が楽しみな一頭なので、重賞でどんな走りができるか、不安よりも期待の方が大きいです」と、厩舎スタッフは良血馬のケアに懸命だ。今回は一気の相手強化となるが、中山・芝2000mで勝利した実績は見逃せず、粘り強さも目を引く存在。持ち味である機動力と勝負強さを生かせば、V2での重賞初制覇も夢ではない。

エイムアンドエンド

牡3歳

調教師:二ノ宮敬宇(美浦)

  • 父:エイシンフラッシュ
  • 母:ロフティーエイム
  • 母の父:サンデーサイレンス
ここに注目!

前走の未勝利(東京)を芝2000m=2分01秒3のタイムで快勝。翌日に行われた3歳以上1000万下クラスの勝ちタイムが2分03秒台だったことを考えれば、優秀な数字だった。初戦ではスタートに課題を残したが、前走はそれもクリア。学習能力も高い一頭だ。

「前々走のメイクデビュー東京はスタートのタイミングが合わず、後方追走から3着に上がるのが精一杯でしたが、前走の未勝利(共に東京・芝2000m)では、ゲート練習の効果で発馬を互角に出て、流れに乗るレースができました。まだ成長の余地を残した状態でも内容の濃い勝利を挙げてくれたので、将来がとても楽しみです。この中間は疲れを解消させてから乗り込みを開始しました。この京成杯に目標にしていたので、上々の出走態勢が整うでしょう」と、厩舎サイドは本馬の仕上げに懸命だ。まだレースキャリアは2戦だが、素質の高さが目を引く存在。初の中山コースに対応できれば、重賞でも好勝負が可能だろう。

ロジティナ

牡3歳

調教師:新開幸一(美浦)

  • 父:ロジユニヴァース
  • 母:コヴェンティナ
  • 母の父:シンボリクリスエス
ここに注目!

デビュー当初は気性面に幼さを残していたが、一戦ごとに成長を遂げて、3戦目に初勝利をマーク。いよいよ重賞に駒を進めてきた。持ち味である持続力満点の末脚は、ここでも通用する可能性十分。また、馬体面の良化にも注目が必要だろう。

「初戦はまだ周囲に気をつかう感じでレースに集中できない印象でしたが、実戦を重ねながらそれも徐々に解消しています。3戦目となった前走の未勝利(東京・芝2000m)では持続力のある末脚を発揮して勝利を飾ってくれたので、今後が楽しみになりました。また、2戦目の時に他の馬を怖がるそぶりを見せていましたが、前走ではスムーズに追走できましたから、精神面の成長も感じます。緩かった馬体も使いながら締まってきましたし、今回は重賞挑戦で相手は強化されますが楽しみです」と、厩舎スタッフのムードは上々だ。今回は初の中山コースだけに課題も残っているが、追われてから容易にはバテない末脚は魅力たっぷりだ。

(片野 昌一)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: