今週の注目レース

阪神カップ(GⅡ)

阪神競馬場 1400m(芝)定量 3歳以上オープン

データ分析関連動画

人気薄の実績馬が高配当決着を演出してきた注目の一戦

2006年に創設された阪神Cは、波乱の決着が目立つレースである。過去11年の優勝馬延べ11頭中、単勝1番人気の支持を集めていたのは2007年のスズカフェニックスと2009年のキンシャサノキセキだけで、2011年以降の優勝馬延べ6頭はいずれも3番人気以下だった。また、3連単の最低配当は2015年の4万9650円で、他の年はいずれも8万円を超える配当となっており、2007〜2014年には8年連続で10万円を超える配当が飛び出している。古馬短距離戦線のトップクラスが多数参戦してくる一方で、出走各馬の臨戦過程が多岐に渡っていることもあり、前評判が低い馬にもしっかりと注目しておきたい一戦だ。今回は過去10年のレース結果から、好走馬に共通するポイントを分析してみよう。

古馬GⅠで連対経験のある馬と若い馬が中心

過去10年の優勝馬延べ10頭中7頭は「JRAの3歳以上・4歳以上のGⅠ」で連対経験のある馬だった。該当馬は3着内率37.9%と好走率も高い。既に古馬GⅠで優勝を争った経験がある馬は高く評価したいところだ。〔表1〕

〔表1〕JRAの3歳以上・4歳以上のGⅠでの連対経験の有無別成績(過去10年)
連対経験の有無 成績 勝率 連対率 3着内率
あり 7-2-2-18 24.1% 31.0% 37.9%
なし 3-9-7-127 2.1% 8.2% 13.0%
  • 注記:2009年は2着同着

なお、「JRAの3歳以上・4歳以上のGⅠ」で連対経験がなかった馬の年齢別成績を調べると、「7歳以上」の馬は3着以内に入った例がなく、「5、6歳」の馬は優勝例がなかった。古馬GⅠで連対経験がない高齢馬は評価を下げるべきだろう。〔表2〕

〔表2〕JRAの3歳以上・4歳以上のGⅠで連対経験がなかった馬の年齢別成績(過去10年)
年齢 成績 勝率 連対率 3着内率
4歳以下 3-4-5-49 4.9% 11.5% 19.7%
5、6歳 0-5-2-62 0% 7.2% 10.1%
7歳以上 0-0-0-16 0% 0% 0%

“関東馬”が好成績

過去10年の連対馬延べ21頭中14頭は、美浦所属の“関東馬”だった。関東馬は勝率、連対率、3着内率ともに栗東所属の“関西馬”の数字を大きく上回っている。関西圏(阪神競馬場)で行われるレースだが、まずは関東馬に注目すべきかもしれない。〔表3〕

〔表3〕所属別成績(過去10年)
所属 成績 勝率 連対率 3着内率
美浦 7-7-2-43 11.9% 23.7% 27.1%
栗東 3-4-7-102 2.6% 6.0% 12.1%
  • 注記:2009年は2着同着

「1〜6枠」に入った差し馬は不振

過去10年の枠番別成績を調べると、「7、8枠」の馬が3着内率30.4%と優秀な成績を収めている。どちらかと言えば外枠が優勢なレースと言えそうだ。〔表4〕

〔表4〕枠番別成績(過去10年)
枠番 成績 勝率 連対率 3着内率
1枠 2-0-1-17 10.0% 10.0% 15.0%
2枠 1-1-2-16 5.0% 10.0% 20.0%
3枠 0-1-0-19 0% 5.0% 5.0%
4枠 1-0-2-16 5.3% 5.3% 15.8%
5枠 1-1-0-18 5.0% 10.0% 10.0%
6枠 0-0-0-20 0% 0% 0%
7枠 4-4-2-17 14.8% 29.6% 37.0%
8枠 1-4-2-22 3.4% 17.2% 24.1%
1〜6枠 5-3-5-106 4.2% 6.7% 10.9%
7、8枠 5-8-4-39 8.9% 23.2% 30.4%
  • 注記:2009年は2着同着

なお、枠番が「1〜6枠」だった馬のうち、前走の4コーナーの通過順が「6番手以下」だった馬は3着内率5.5%と苦戦している。連対を果たしたのは2008年1着のマルカフェニックスが最後である。先行力がそれほど高くない「1〜6枠」の馬は過信禁物と見るべきだろう。〔表5〕

〔表5〕枠番が「1〜6枠」だった馬の、前走の4コーナーの通過順別成績(過去10年)
前走の4コーナーの通過順 成績 勝率 連対率 3着内率
5番手以内 4-3-2-37 8.7% 15.2% 19.6%
6番手以下 1-0-3-69 1.4% 1.4% 5.5%

前走のグレードと着順に注目

過去10年の3着以内馬延べ30頭中17頭は、前走の条件が「GⅠ・JpnⅠ」だった。該当馬は勝率、連対率、3着内率とも前走がGⅠ・JpnⅠ以外のレースだった馬の数字を大きく上回っている。まずは前走が今回よりもグレードの高いレースだった馬に注目したい。〔表6〕

〔表6〕前走の条件別成績(過去10年)
前走の条件 成績 勝率 連対率 3着内率
GⅠ・JpnⅠ 5-8-4-52 7.2% 18.8% 24.6%
GⅠ・JpnⅠ以外 5-3-5-93 4.7% 7.5% 12.3%
  • 注記:2009年は2着同着

なお、前走がGⅠ・JpnⅠ以外のレースだった馬のうち、そのレースでの着順が「3着以下」だった馬は3着内率7.9%と苦戦しているうえ、2012年以降は〔1・0・1・34〕(3着内率5.6%)とさらに好走率が下がっている。前走がGⅠ・JpnⅠ以外のレースだった馬のうち、そのレースで3着以下に敗れていた馬は評価を下げた方がよさそうだ。〔表7〕

(伊吹雅也)

〔表7〕前走がGⅠ・JpnⅠ以外のレースだった馬の、そのレースでの着順別成績(過去10年)
前走の着順 成績 勝率 連対率 3着内率
2着以内 2-3-2-23 6.7% 16.7% 23.3%
3着以下 3-0-3-70 3.9% 3.9% 7.9%

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: