今週の注目レース

中山大障害(J・GⅠ)

中山競馬場 4100m(芝)定量 障害3歳以上オープン

データ分析関連動画

ハードル界の頂上決戦は年末の風物詩

中山大障害は、その翌日に行われる有馬記念よりも長い歴史を持つ、ハードル界のグランプリ。4000mを超える長いコースには数々の難関が待ち構えており、かなりのスタミナが要求されることは間違いない。だからこそゴールに到達した各馬には、観客から自然に拍手が湧き上がるのだろう。過去10年の結果からデータを見ていくことにしよう。

上位人気馬が優勢

過去10年の単勝人気別成績と単勝オッズ別成績を調べると、2010年に12頭立て10番人気のバシケーンが優勝しているが、基本的には上位人気馬が優勢。連対馬20頭のうち18頭は、単勝5番人気以内の馬となっており、単勝オッズでは10倍未満の支持を受けた馬が優勢だ。ただ、2001年の優勝馬ユウフヨウホウ、2002年2着のメイショウワカシオ、2005年2着のメルシーエイタイム、2010年の優勝馬バシケーンと、近年は「10番人気馬」が好走したケースもあるだけに、伏兵馬にも注意を払いたいところだ。〔表1〕〔表2〕

備考:表は横にスクロールすることができます。

〔表1〕単勝人気別成績(過去10年)
単勝人気 成績 勝率 連対率 3着内率
1番人気 3-1-2-4 30.0% 40.0% 60.0%
2番人気 2-3-2-3 20.0% 50.0% 70.0%
3番人気 2-2-2-4 20.0% 40.0% 60.0%
4、5番人気 2-3-2-13 10.0% 25.0% 35.0%
6〜10番人気 1-1-1-47 2.0% 4.0% 6.0%
11番人気以下 0-0-1-36 0% 0% 2.7%
〔表2〕単勝オッズ別成績(過去10年)
単勝オッズ 成績 勝率 連対率 3着内率
2.9倍以下 3-1-2-3 33.3% 44.4% 66.7%
3.0〜4.9倍 1-3-2-4 10.0% 40.0% 60.0%
5.0〜9.9倍 4-3-1-4 33.3% 58.3% 66.7%
10.0〜14.9倍 1-1-2-8 8.3% 16.7% 33.3%
15.0〜19.9倍 0-0-1-9 0% 0% 10.0%
20.0〜49.9倍 0-2-1-24 0% 7.4% 11.1%
50倍以上 1-0-1-55 1.8% 1.8% 3.5%

6歳以下の馬が好成績

過去10年の年齢別成績を調べてみると、優勝馬10頭のうち9頭は6歳以下だった。しかし、2着には4歳馬が1頭も入っておらず、5歳馬と6歳馬で計9頭となっている点は興味深い。ちなみに、7歳馬で優勝したのは、前年も優勝していたキングジョイ(2009年)。過去10年で8歳以上の馬は、3着以内に1回も入っていない。〔表3〕

〔表3〕年齢別成績(過去10年)
年齢 成績 勝率 連対率 3着内率
4歳 3-0-1-15 15.8% 15.8% 21.1%
5歳 5-4-4-25 13.2% 23.7% 34.2%
6歳 1-5-3-24 3.0% 18.2% 27.3%
7歳 1-1-2-20 4.2% 8.3% 16.7%
8歳以上 0-0-0-23 0% 0% 0%

前走のレース別成績もチェック

過去10年の出走馬の成績を前走のレース別にまとめてみると、好相性を示しているのが「東京ハイジャンプ」組。続いて、「関西の障害重賞」となっている。前哨戦として中山競馬場で行われている「イルミネーションジャンプS」組は2頭が優勝しているものの、勝率はいまひとつ。しかし、3着以内には延べ10頭が入っている。また、同じオープン特別であり東京競馬場で行われる「秋陽ジャンプS」組も、2頭が優勝を飾っている。また、前走が障害競走だった馬を対象に、そのレースでの着順別成績をまとめてみると、連対馬16頭中15頭は前走で4着以内に入っていた。〔表4〕〔表5〕

備考:表は横にスクロールすることができます。

〔表4〕前走のレース別成績(過去10年)
前走のレース 成績 勝率 連対率 3着内率
東京ハイジャンプ 2-0-1-5 25.0% 25.0% 37.5%
関西の障害重賞 1-2-2-15 5.0% 15.0% 25.0%
その他の障害重賞 1-0-0-1 50.0% 50.0% 50.0%
イルミネーションJS 2-3-5-36 4.3% 10.9% 21.7%
秋陽ジャンプS 2-0-1-14 11.8% 11.8% 17.6%
その他の障害競走 1-2-0-24 3.7% 11.1% 11.1%
平地競走 1-3-1-12 5.9% 23.5% 29.4%
〔表5〕前走が障害競走だった馬の、そのレースでの着順別成績(過去10年)
前走の着順 成績 勝率 連対率 3着内率
1着 4-3-4-16 14.8% 25.9% 40.7%
2着 2-2-2-7 15.4% 30.8% 46.2%
3着 1-2-0-3 16.7% 50.0% 50.0%
4着 1-0-0-13 7.1% 7.1% 7.1%
5着以下 1-0-3-56 1.7% 1.7% 6.7%
  • 注記:競走中止は最下位として集計

近走の競馬場にも要注目!?

過去10年の中山大障害では、「3走前までに中山・東京・京都・阪神以外のレースに出走していた馬」が2012年を除いて連対している。今年も出走馬の中にこの経歴を持っている馬がいないかどうか、チェックしておくことをおすすめしたい。〔表6〕

(浅野靖典)

注記:表は横にスクロールすることができます。

〔表6〕3走前までに中山・東京・京都・阪神以外のレースに出走していた、中山大障害連対馬一覧(過去10年)
年度 着順 馬名 該当レース
2007年 2着 キングジョイ 2走前 小倉 小倉サマージャンプ 2着
2008年 2着 メルシーエイタイム 前走 福島 霊山特別 11着
2009年 2着 メルシーエイタイム 前走 福島 500万下 9着
2010年 2着 タマモグレアー 3走前 小倉 障害未勝利 1着
2011年 1着 マジェスティバイオ 3走前 新潟 新潟ジャンプS 3着
2013年 2着 ハッピーティア 3走前 新潟 新潟ジャンプS 6着
2014年 1着 レッドキングダム 3走前 小倉 障害オープン 1着
2015年 1着 アップトゥデイト 前走 小倉 小倉サマージャンプ 1着
2着 エイコーンパス 2走前 小倉 KBC杯 14着
2016年 2着 アップトゥデイト 2走前 新潟 新潟ジャンプS 8着
  • 注記:該当レースが複数ある場合は直近のものを掲載

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: