今週の注目レース

阪神ジュベナイルフィリーズ(GⅠ)

阪神競馬場 1600m(芝・外)馬齢 (牝) 2歳オープン

2016年 ソウルスターリング

2016年 ソウルスターリング

ソウルスターリング、盤石の競馬で2歳女王に輝く!

2015年 メジャーエンブレム

2015年 メジャーエンブレム

堂々と押し切ったメジャーエンブレムが2歳女王に輝く

2014年 ショウナンアデラ

2014年 ショウナンアデラ

激戦を最後に差し切ったのはショウナンアデラ!

レース画像をクリックするとその年の結果および映像のページに遷移します。
なお、印刷時はレース画像は表示されません。

歴史

1949年に関西地区の3歳(現2歳)チャンピオン決定戦として「阪神3歳ステークス」が創設され、当初は阪神競馬場・芝1200mで行われていたが、1960年に芝1400mに延長され、1962年以降は芝1600mで行われている。その後、1991年に3歳(現2歳)牝馬限定に変更され、レース名も「阪神3歳牝馬ステークス」に改称、牝馬の3歳(現2歳)チャンピオン決定戦として生まれ変わった。なお、馬齢表示の国際基準への変更に伴い、2001年に競走名が「阪神ジュベナイルフィリーズ」に改称された。

競走名のジュベナイル(Juvenile)とは、英語で「少年」「少女」という意味。フィリー(Filly)は牝馬、特に4歳までの牝馬のことをいい、この言葉には社交界にデビューする少女(女性)という意味も含まれている。

コースの特徴

阪神・芝1600m(外回り)

スタート後、外回りコースに入ってから3コーナー手前まで上り。4コーナーから緩やかな下りで、直線に向いてからも半ば(残り190m付近)まで下っていく。直線距離は473.6m(Aコース使用時)。ゴール前に急な上り(高低差1.8m)がある。前半に負荷がかかりやすい構造で、道中は脚をため、直線でスピードを発揮する馬が基本的に有利。ただし、極端にスローなペースになれば逃げ馬が有利となる。開催前半で芝の状態が良好なときは、インを回る能力や先行力が重要になりやすい。

(亀谷敬正)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: